- 金貸しは、国家を相手に金を貸す - http://www.kanekashi.com/blog -

日本の技術力・米国の支配力

Posted By kato On 2006年10月14日 @ 10:10 PM In 01.世界恐慌、日本は? | 3 Comments

 日本の世界における技術的地位はどのあたりにあるのだろうか?

 総務省『世界の統計』 [1]によると、日本は技術貿易で輸出入とも米国がトップであり、それぞれ43.8%、72.2%を占めている。

 技術貿易とは研究・開発により得られた技術等(特許権,商標権,意匠権,ノウハウ,技術指導等)の提供・受入れに係る国際商取引。

 ということで、技術貿易のうち輸出額が大きいということは技術力で優位な立場にあり、輸入割合が大きい国があればその国の技術に対して依存をしているということだ。
 
 日本は技術輸入の3/4を米国に依存してる。

大丈夫か日本っ!! ヽ(゜Д゜(゜Д゜,,)ノオォォォ→☆☆


 だが、よくよく調べると日本は全体の輸出額が輸入額を大きく上回っている。米国においても収支は黒字のようだ。これはなんかチョット意外だっ! (つд⊂)ゴシゴシ(;゜ Д゜)

 

先端技術は米国がほとんど牛耳っているようなイメージがあったのだが…。

調べてみると、どうやら日本は黒字の多くを自動車産業によって稼ぎ出しているようだ。いわゆる「枯れた技術」の分野でいまのところ順調に稼いでいるということなのだろう。一方で、技術貿易額全体を見てみると米国の 独り勝ち状態。下のグラフを見てもダントツだ。それも、近年の伸びが著しい。なんかこんなところでも「米国支配」が着々と進んでいるのか…∑∑∑∑Σ(゜д゜lll)


 


 内訳を調べてみると、枯れた技術で稼ぐ日本に対し、航空宇宙や電子通信関連では米国が断然優勢だ。要は軍需産業とそれに類する技術を牛耳っているってことだ。 特に航空宇宙分野では全体の42%の技術をアメリカが握っている。日本が依存している技術もおそらくそのあたりのコア技術なのではないだろうか(イージススステムやミサイル誘導技術等←なんかウマイこと言いくるめられて買わされてるような気もするが…orz)。

 そして、 軍事力に頼る国際秩序維持を、世界が望んでいるウチはこの構図は決して変わらない。

 …φ(..)  kato


ブログランキングに参加しています!!ぽちっとヨロシク↓↓
◆おまけ◆



本当に大丈夫なのか日本っ!(血涙)

参考:文部科学省「研究成果関連の動向」http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa200201/hpaa200201_2_053.html [2]


Article printed from 金貸しは、国家を相手に金を貸す: http://www.kanekashi.com/blog

URL to article: http://www.kanekashi.com/blog/2006/10/19.html

URLs in this post:

[1] 総務省『世界の統計』: http://www.stat.go.jp/data/sekai/pdf/07.pdf 

[2] http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa200201/hpaa200201_2_053.html: http://www.mext.go.jp/b_menu/hakusho/html/hpaa200201/hpaa200201_2_053.html

Copyright © 2014 金貸しは、国家を相手に金を貸す. All rights reserved.