- 金貸しは、国家を相手に金を貸す - http://www.kanekashi.com/blog -

炭素税をめぐる議論1 〜エネルギー関係の主な税金の対象と使途〜

Posted By shijimi On 2007年11月13日 @ 10:51 PM In 08.金融資本家の戦略 | 1 Comment

11月8日のh100pさんの『炭素税が成立するという事は、エネルギー利権の制覇者(社)の奴属化を意味する?』 [1]のコメント欄で、このブログ応援団!さんが定義された①
>①既存の石油燃料税は、何に使われているのか?CO2排出を相殺するために使うべきでは?そうできれば、使途を変えるだけで、単純に既存の税を炭素税に置き換えることができる。(byこのブログ応援団!さん)
での、【エネルギー関係の主な税金の対象と使途】がわかりましたので投稿します。

続きを読む前にクリックをお願いします♪



********************************************************
■税の公平性  『科学の回廊>炭素税導入の是非(2005/08/21)』 より引用 [2]
既存のエネルギー課税と整理・統合を進めなければ不公平になる。揮発油税など既存税目の一部を環境税に振り分ける案もあるが、自民党道路族などが反対している。
ka_fig43.gif ※石油石炭税は、輸入段階で税金を課す方式で、税額は炭素量に比例しないが、石炭の場合、炭素1トン当たりおよそ1070円の課税に相当。使途の40%は省エネや天然ガスの利用促進に使われる。
※ガソリンは、小売価格の56%が揮発油税などの税金で占められる。炭素1トン当たり7万円相当。
 炭素の量に応じた一律課税は、特定の産業に不利になる。電力は非課税ないし低税率とする国も多い。オランダは、品目ごとに細かく税率を変えている。ドイツでは、国内の石炭産業に配慮して石炭を非課税にした。
********************************************************

 
日本における、エネルギーの税金は省エネ対策のみに使われているわけではなく、道路整備や空港整備に使われていて、CO2が削減する方向ではなく拡大する方向に使われているようです。
 このブログ応援団!さんも「CO2排出を相殺するために使うべきでは?」と仰っているように環境税とその使途がリンクしていないのが実態です。


Article printed from 金貸しは、国家を相手に金を貸す: http://www.kanekashi.com/blog

URL to article: http://www.kanekashi.com/blog/2007/11/387.html

URLs in this post:

[1] 『炭素税が成立するという事は、エネルギー利権の制覇者(社)の奴属化を意味する?』: http://www.kanekashi.com/blog/2007/11/000383.html

[2] 『科学の回廊>炭素税導入の是非(2005/08/21)』 より引用: http://www005.upp.so-net.ne.jp/yoshida_n/kairo37.htm

Copyright © 2014 金貸しは、国家を相手に金を貸す. All rights reserved.