- 金貸しは、国家を相手に金を貸す - http://www.kanekashi.com/blog -

米国は、住宅差し押さえで、既に地方崩壊の状態

Posted By leonrosa On 2008年5月22日 @ 10:40 PM In 05.瓦解する基軸通貨 | 5 Comments

サブプライムローン発の米国の金融不安は、FRB(連邦準備銀行)の緊急出動により、一旦は小康状態を保っていますね。 
 
あなたは、このまま事態は収まると思いますか?
『収まりっこない!』と感じるでしょ! 
 
この小康状態は、危険な銀行に、ザブザブと資金供給しているだけで、不良化した住宅ローンはそのものは放置されてままなんです。 
 
住宅ローンの破綻が、どの程度の規模で起こっているか。 
 
今回は、そのデータを紹介してみましょう。 
 
住宅の差し押さえ件数(軒数)を、毎月調査・発表しているのが、RealtyTrac Inc.です。 
 
リンク [1] 
 
本文に行く前に、応援クリックを! 
 
 


月別の差し押さえ件数の推移です。図の棒がそれです。(折れ線は無視しましょう :D ) 
 
foreclosure2.jpg 
 
2005年から2006年の前半位までは、7万件〜12万件の水準ですね。
それが、2006年後半から急増し出し、2008年8月に20万件の水準となり、その水準が現在も続いています。 
 
2008年1月〜4月の差し押さえ件数を少し詳しく見ると、以下の通りです。 
 
1月 : 233,001件 前年比57%増 住宅535軒に1軒
2月 : 223,651件 前年比60%増 住宅557軒に1軒
3月 : 233,089件 前年比57%増、住宅542軒に1軒
4月 : 243,353件 前年比65%増、住宅519軒に1軒 
 
この月間23万件という数字は、500軒に1軒の比率です。
2年間だと21軒に1軒という、とんでもない数字になります。 
 
この数字は、全米平均です。 
 
州別に、住宅何軒に1軒かを見てみます。(2008年4月です) 
 
FORECLOSURE ACTIVITY INCREASES 4 PERCENT IN APRIL [2] 
 
第1位ネバダ州 146軒に1軒 
第2位カリフォルニア州 204軒に1軒
第3位アリゾナ州、224軒に1軒
第4位フロリダ州 242軒に1軒 
 
この状況が、2年続くと、ネバダ州は、6軒に1軒が差し押さえ物件となります。
カリフォルニアとアリゾナは9軒に1軒、フロリダは10軒に1軒 
 
ある地区一体が全滅ということが想像されますね。  
 
上記は、住宅ブームに沸いていた州ですが、その他の州も程度は違い、大きな痛手を負っています。 
 
米国の地方、地方が既に崩壊過程に入っているといっても過言ではありませーん。 
 


Article printed from 金貸しは、国家を相手に金を貸す: http://www.kanekashi.com/blog

URL to article: http://www.kanekashi.com/blog/2008/05/551.html

URLs in this post:

[1] リンク: http://www.foreclosurepulse.com/archive/2008/05/12/23428.aspx

[2] FORECLOSURE ACTIVITY INCREASES 4 PERCENT IN APRIL: http://www.realtytrac.com/ContentManagement/pressrelease.aspx?ChannelID=9&ItemID=4586&accnt=64847

Copyright © 2014 金貸しは、国家を相手に金を貸す. All rights reserved.