- 金貸しは、国家を相手に金を貸す - http://www.kanekashi.com/blog -

ドバイ??

Posted By genkin On 2008年9月19日 @ 9:20 PM In 08.金融資本家の戦略 | 7 Comments

シンガポール、香港と国際金融都市の記事が続いていますが
東のシンガポールとも呼ばれるドバイ
華やかなニュースにあふれるドバイ その実態は? 
%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4250px-Dubai_night_skyline.jpg
  ウィキペディアより [1]
ドバイはロス、ロック2大金貸しの拠点なのか?
それとも 最近よく聞く イスラム金融の存在は? ドバイとどういう関係なのか
その前に↓クリックを!


世界中に金融都市と呼ばれる都市がありますが、ドバイ自体は非常に新しい金融都市です。
21世紀に入ってから名前を聞くようになったと思います。なぜドバイは金融都市化したのか?
その前に、簡単にドバイの紹介をしておきます。
ドバイはペルシャ湾に面した、アラブ首長国連邦(UAE)の7首長国のひとつ。
面積は埼玉県と同じ程度で、ご存知の通り砂漠の国です。
首長国というのは
首長国(しゅちょうこく)とはイスラム世界の君主の称号の一つである首長(アミール、amīr)が君臨する国家のことを指し、君主制の一形態である。英語ではアミールの英語表記”Emir”から「Emirate」と表記される。かつては土侯国と訳されたこともあるが、侮蔑的だとして現在は使われない。首長が絶対的な権力を持つ絶対君主制を基本としているが、湾岸戦争後、立憲君主制を採用する国も現れ始めた。
ウィキペディアより   [2]
そして アラブ首長国連邦というのは
7世紀にイスラム帝国の支配を受けイスラム教が広がり、その後オスマン帝国、ポルトガル、オランダの支配を受けた。現在のアラブ首長国連邦の基礎となる首長国は17世紀から18世紀頃にアラビア半島南部から移住してきたアラブの部族によってそれぞれ形成され、18世紀から19世紀にかけてはこの地域の人々は海上勢力としてアラビア湾を航行するヨーロッパ勢力と対立し、「アラブ海賊」としておそれられたといわれる。 
1853年にイギリスはこの地域の海上勢力と休戦協定を結び、休戦海岸(Trucial Coast)と呼ばれるようになる。その後、1892年までに全ての首長国がイギリスの保護下に置かれた。
1968年のイギリスのスエズ以東撤退宣言以来、連邦結成の機運が高まり、1971年、イギリスの撤退に伴い、アブダビ、ドバイ、シャールジャ、アジュマーン、ウンム・アル=カイワイン、フジャイラの各首長国が集合して連邦を建国。翌1972年、ラアス・アル=ハイマが加入して現在の7首長国による連邦の体制を確立した。
 
ウィキペディア  [3] 
このドバイが他の金融都市とはどう違うのか?または実は同じなのか?そこに集まるマネーは一体どこから来るのか?
この点を探って見ます
現在ドバイに2つの証券市場があります
2000年にDFM(ドバイ・ファイナンシャル・マーケット/ドバイ証券取引所  
2005年DIFX(ドバイ・インターナショナル・ファイナンシャル・エクスチェンジ/ドバイ国際証券取引所 がオープンしています。つまりわずか10年に満たない歴史です。この新しさが今までの金融都市と大きく違います。
そしてこのわずかな時間で、西のシンガポールと称されるほどの金融都市に成長しています。
この背後には何があるのか?( 『オイルマネーの力』 石田和靖を参考にしました)
大きな要因として
1:原油高によるイスラム諸国の資産拡大
2:イスラム金融市場整備により運用拡大
3:同時多発テロ以来、米国からの資金回帰
4:イスラム金融市場の透明性による安定認識
があげられています。
簡単に言うと、原油高でさらに膨れ上がったオイルマネーが、その投資先をアメリカ中心ではなく、自国内のインフラ等の投資に変えてきている。それを新しく整備された、金融市場が運用しているということでしょうか
ただその中でイスラム金融の透明性による安定認識が気にかかります。
そこで イスラム金融って何?
イスラム金融の概要 より    [4]
(1) 2つの大きな特徴
① イスラム金融とは、イスラム法(=シャリア)に適った金融取引の総称です。取引構造簿面では金利という概念を用いない点が大きな特徴です。利子の受け取りが経典「コーラン」で禁じられているからです
② 取引相手等の当事者が協議に反する事業(豚肉、アルコール武器、賭博、ポルノ等)にかかわっていないことも、イスラム金融取引の大きな特徴です。
イスラム金融の各取引が提供される際には、各金融機関等に設置さいるイスラム学者委員会(シャリア・ボード)が取引の詳細を調べ、シャリアに適っている(シャリア・コンプライアンスである)ことを事前に認定していることが前提となります

このように、アメリカ、EU、日本などの金融とは違った特徴があります。世界中から投資目的でドバイに集まってきていますが、4500億ドルともいわれるオイルマネーが中心となった金融都市と言えそうです。
いまやアメリカの破綻が見えてきた状況で、ますますアメリカから資金が引き上げられ、その金がどこに向かうか?
今までの、世界の金融を牛耳る金貸したちとは違った、イスラム金融の動きも別の意味で注意が必要なのだ思いました。


Article printed from 金貸しは、国家を相手に金を貸す: http://www.kanekashi.com/blog

URL to article: http://www.kanekashi.com/blog/2008/09/656.html

URLs in this post:

[1] ウィキペディアより: http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4

[2] ウィキペディアより  : http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%A6%96%E9%95%B7%E5%9B%BD

[3] ウィキペディア : http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%A9%E3%83%96%E9%A6%96%E9%95%B7%E5%9B%BD%E9%80%A3%E9%82%A6

[4] イスラム金融の概要 より   : http://www.jcif.or.jp/docs/20060908m.pdf

Copyright © 2014 金貸しは、国家を相手に金を貸す. All rights reserved.