- 金貸しは、国家を相手に金を貸す - http://www.kanekashi.com/blog -

食料自立への道を探る1.プロローグ、視点とテーマ展開

Posted By katuko On 2009年4月15日 @ 5:24 AM In 01.世界恐慌、日本は? | 10 Comments

 2008年秋から始まった、世界大不況の中で、農業部門への注目が格段に高まりました。
 また、先進国の金貸しが強引な資金引き上げを行うことで、外貨準備の枯渇、食糧輸入の途絶により、飢餓に直面する貧困国が拡大しています。 
 
 一方、以下に見るように、日本では、食料国産への意識が極限まで高まっています。 
 
 内閣府の世論調査では、昨年9月段階で、食料国産志向の比率は、94%まで上昇しています。昨年前半には、小麦、とうもろこし、コメの国際価格が数倍にも値上がりしました。そして、パン・麺類の値上がりを経験した結果、輸入穀物への依存に対する危機意識が高まり、国産志向が9割を超えたのです。 
 
jikyuuisiki.bmp 
 
視点とテーマ展開を読む前にクリックを! 
 
 
 


視点1:国家対市場、食料・農業はどこまで国家原理で運営されているか 
 
 日本では、食料国産意識は9割まで高まっていますが、一方で、カロリー自給率40%、穀物の輸入依存度7割という厳然たる事実があります。これは、国家意識(国家の有り様として考える意識)と市場原理による現実という対比とも読めます。 
 
 世界の諸国では、農業・食料部門に対し、保護・育成政策をとっています。つまり、農業・食料部門は、市場原理と国家意志との攻め合いの中で運営されています。日本もコメ政策を中心に、市場原理と国家意志との攻め合いが今も続いています。 
 
 主要国、主要地域の農業・食料部門を、「国家対市場」という軸で、分析を進めていきます。 
 
視点2:日本の農業・食料、市場原理はどこまで組み込まれているのか 
 
 日本の食料自立への道を探る上で、「市場原理」がどのように組み込まれているのかを歴史的に分析していきます。
 鎖国下の江戸時代はどうだったか?三大飢饉も発生しているが、どのように食料自給を達成していたのか?
 開国明治以降はどうだったか。食料自給を維持しながら富国強兵を進めたのか。
 米国の過剰農産物の影響下に置かれた、戦後から現在までをどのように見るのか。 
 
視点3:食糧自立への展望 
 
 国家意識(国産志向9割)によって、市場原理(自給率40%)をどうのように制御していけるのか。その具体策は何か。その可能性を探って行きます。 
 
 
次は、大まかなテーマ展開の予定です。 
 
国家対市場、世界編 
 
 ・世界の飢餓地図を、市場原理から読み解く
 ・国家資本主義のもと、食糧輸出力まで復興させたロシア
 ・国家安定の要、農村・農業政策を重視しだした中国
 ・新エネルギー・バイオエタノールが混迷しだした米国
 ・工業国と農業国の矛盾を止揚できないEU農業政策
 ・国家が市場原理を全面的に制御しだした南米諸国
 ・深刻な水問題を抱え、どこへ行き着くのかインド
 
国家対市場、日本編
 
 ・飢餓時に顕在化した、社会秩序意識(藩政努力)、江戸期の基本構造
 ・開国明治、富国強兵と食糧自給は両立していたか
 ・外米で米自給達成、しかし、荒々しい市場原理の時代、大正米騒動
 ・戦時下の国家統制、米穀管理制度の導入
 ・まずは食糧確保、戦後のコメ、農産物の大増産運動
 ・あり余る米が倉庫にあふれる、減反政策への転換
 ・コメ離れ、肉賞賛、グルメ志向の陰で、進行した市場原理・輸入依存
 ・食糧危機、価格高騰が突きつけた市場原理の限界 
 
食糧自立への展望 
 
 ・食糧自給意識の現在はどうなっているのか
 ・食糧危機意識が見出す、暫定的な行動指針
 ・食糧自立へ向けた道程を考える 
 
途中で、合体したり、枝分かれしたりするとは思いますが、スタートしていきたいと思います。 
 


Article printed from 金貸しは、国家を相手に金を貸す: http://www.kanekashi.com/blog

URL to article: http://www.kanekashi.com/blog/2009/04/877.html

Copyright © 2014 金貸しは、国家を相手に金を貸す. All rights reserved.