- 金貸しは、国家を相手に金を貸す - http://www.kanekashi.com/blog -

【シリーズ:新しい認識だけが、現実を変えていく】(10)〜残る観念は頭で塗り替えたら終い〜

Posted By shijimi On 2010年12月22日 @ 12:52 AM In 07.新・世界秩序とは? | 5 Comments

%E5%A4%A9%E5%8B%95%E8%AA%AC%E3%81%8B%E3%82%89%E5%9C%B0%E5%8B%95%E8%AA%AC%E3%81%B8.jpg [1]
●天動説から地動説への転換は大きなパラダイム転換だった!!
【シリーズ:新しい認識だけが、現実を変えていく】で扱ってきた内容です↓
(1)〜必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!〜 [2]
(2)〜不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換〜 [3]
(3)〜社会運動の総括1 現実否定の自己欺瞞〜 [4]
(4)〜社会運動の自己欺瞞〜 [5]
(5)〜現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ〜 [6]
(6)〜現実否定の倒錯思考〜 [7]
(7)〜現実とは、人々の意識である〜 [8]
(8)〜実現基盤を摘出できない、現実否定の「構造認識」〜 [9]
(9)〜現実、その下部意識と上部意識〜 [10]
今回扱う「〜残る観念は頭で塗り替えたら終い〜」 [11]を読んでみると、まず文中の「パラダイムって」言葉って何だろう?!って疑問が浮かんできました。
一般に「思考の枠組み」という風に解説されている言葉ですが、茫洋としていてわかったようでよくわからない :roll: 言葉です。
でも、それを、
「パラダイム=潜在思念の統合様式」と考えてみたら、思いの他スッキリ :D とつなげて考えられるようになりました。
その時代の外圧に適応すべく、潜在思念がとらえた新たな可能性に導かれて思考し、その時代にあった観念が生み出されていく。だから外圧が転換すればパラダイムも転換するし、常に可能性に向かって行くから、不可逆的になるんですね!!
外圧は既に私権から次の圧力へ変わってます。それに見合った観念を生み出すにはどうしたらいいのか?今の時代の状況はどうなっているのか?がわかる『観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い』 [11]を紹介します☆
続きを読まれる前にクリックお願いします


******************************************
既に、最も重要な下部意識は、私権収束から本源収束へと転換した。従って、今後(30年間)は、上部意識=観念に焦点が移る。社会の最先端では、旧来の私権闘争に代わって、観念闘争が、最もホットな場となるだろう。
既に述べた様に、旧パラダイムと既成観念は、本源収束の出口を塞ぎ、社会を八方塞がりの状態に陥らせている。もしこのまま、旧パラダイムから脱却できなければ、人類は滅亡する。しかし我々は、遂に、生存圧力に基づく現実否定→倒錯思考の観念パラダイムを全的に逆転させる新パラダイムを見出した。それは、同類圧力に基づく現実肯定→実現思考の観念パラダイムである。それは、とことん現実に立脚し、現実を直視し続ける思考パラダイムであり、旧パラダイムの生み出した倒錯観念(古代宗教)や欺瞞観念(近代思想)を全否定して、本源収束を導く全く新たな状況認識(誰もが認めることのできる事実認識の体系)を構築してゆくだろう。
この新パラダイムの登場をもって、共認闘争=観念闘争の幕が切って落とされる。現実否定(or捨象)の既成観念を、全的に爆破せよ。旧観念は、現実を否定(or捨象)することによって、自己欺瞞(上部意識と下部意識の断絶)に陥った。それに対して、本源収束の下部意識に立脚する新観念が、旧観念を全的に爆破しても、何ひとつ困ることはない。数億年・数百万年の塗り重ねによって形成された下部意識を、頭で都合良く変えることなど出来ないが、観念は頭で塗り替えたら終いだからである。
とは云え、単なる思想なら一つの時代に何種類か存在し得るが、思考パラダイムは一つの時代に一つしか成立し得ない。しかも、旧パラダイムから新パラダイムへの移行は、不可逆的である。つまり、旧パラダイムはどうあがいても、新パラダイムにその座を明け渡すしかない。ならば、学者や文化人や報道人etcの知識階級は、一日も早くその座を明け渡すのが世の為であり、身の為でもある。彼らは、その私権に塗(まみ)れた特権的な身分を、なかなか手放そうとしないだろうが、あがいても無駄である。どうあがいても、特権的知識階級は消滅する運命にある。おそらく、万人(素人)による認識の創出と共認形成の場(=統合サイト)が、いずれ新たな社会統合機構となって、彼らに最終宣告を下すことになるだろう。
******************************************
外圧に適応すべく、潜在思念が捉えている可能性を素直に言葉にしてゆくと、旧パラダイムでは表し切れない、新パラダイムの言葉が必要になる。言い換えれば、今の圧力に適応した言葉は私権時代の言葉ではずれてしまうって事。
最近良くある事例としては、同じ事象を体感したおじさんと若者がいた時
・おじさんは否定的に捉え発信
・若者は肯定的に捉え発信
って事があります。すでにその時点で新・旧の思考パラダイムのズレが出ている。とはいえ、生物の適応原理からしても、より新しい外圧に適応した新パラダイムへ移行していくことを考えれば、現実の圧力に即した思考に、もしくは、新パラダイムで思考できる層に社会の主軸が変わっていくのを感じます☆
旧観念を垂れ流すマスコミにうんざりしている人が増えていることは、マスコミの広告宣伝費が如実に下がっている ことから分かります!!↓
%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%BA%83%E5%91%8A%E8%B2%BB%E3%81%AE%E6%8E%A8%E7%A7%BB.gif [12]
●日本の広告費の推移


Article printed from 金貸しは、国家を相手に金を貸す: http://www.kanekashi.com/blog

URL to article: http://www.kanekashi.com/blog/2010/12/1474.html

URLs in this post:

[1] Image: http://www.kanekashi.com/blog/%E5%A4%A9%E5%8B%95%E8%AA%AC%E3%81%8B%E3%82%89%E5%9C%B0%E5%8B%95%E8%AA%AC%E3%81%B8.jpg

[2] (1)〜必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!〜: http://www.kanekashi.com/blog/2010/10/001409.html

[3] (2)〜不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換〜: http://www.kanekashi.com/blog/2010/10/001413.html

[4] (3)〜社会運動の総括1 現実否定の自己欺瞞〜: http://www.kanekashi.com/blog/2010/10/001423.html

[5] (4)〜社会運動の自己欺瞞〜: http://www.kanekashi.com/blog/2010/10/001426.html

[6] (5)〜現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ〜: http://www.kanekashi.com/blog/2010/11/001441.html

[7] (6)〜現実否定の倒錯思考〜: http://www.kanekashi.com/blog/2010/11/001445.html

[8] (7)〜現実とは、人々の意識である〜: http://www.kanekashi.com/blog/2010/11/001452.html

[9] (8)〜実現基盤を摘出できない、現実否定の「構造認識」〜: http://www.kanekashi.com/blog/2010/12/001462.html

[10] (9)〜現実、その下部意識と上部意識〜: http://www.kanekashi.com/blog/2010/12/001468.html

[11] 「〜残る観念は頭で塗り替えたら終い〜」: http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=21495

[12] Image: http://www.kanekashi.com/blog/%E6%97%A5%E6%9C%AC%E3%81%AE%E5%BA%83%E5%91%8A%E8%B2%BB%E3%81%AE%E6%8E%A8%E7%A7%BB.gif

Copyright © 2014 金貸しは、国家を相手に金を貸す. All rights reserved.