2017-09-01

世界を動かす11の原理-10~世界の「出来事」は、国の戦略によって「仕組まれる」①~

 

靖国参拝 反日

今回から第9の原理:『世界の「出来事」は、国の戦略によって「仕組まれる」』を紹介します。

2013年12月の安倍首相の靖国神社参拝を契機に、14年2月に掛けて、短期間ですが、日本は世界でとても孤立させられていた。ちょうど反日感情が高まった時期です。

日本のマスコミは、中韓の日本バッシングしか報道しませんが、実は、アメリカ、イギリス、EU、オーストラリア、ロシア、親日の台湾までが日本を批判していたというのです。

靖国参拝を過去6回も行った小泉元首相のときは、中韓が騒いだだけで、その他の国々は我関せずのスタンス。安倍首相のときに限って、なぜこのような状況になったのでしょうか。

これはある国の戦略によって「仕組まれた」ものだったとのこと。ある国とは、中国だという。(その内容については、次回に回します。)しかし、当ブログがこれまで追求してきたように、金貸し支配の世界で、ある一国だけでおこす「出来事」まずあり得ない。今回の記事では、そこまで書いていないので、以下の記事を参考に、背後の金貸しの思惑も推測しながら、読んでいただければ面白いと思います。

参考記事:

反日が煽られ、中韓の脅威が煽られる本質とその先にあるもの①

反日が煽られ、中韓の脅威が煽られる本質とその先にあるもの②

以下、「クレムリン・メソッド」~世界を動かす11の原理~(北野幸伯著)

からの紹介です。

****************************

■■9の原理:世界の「出来事」は、国の戦略によって「仕組まれる」

「戦略(企み)」が咲きにあり、歴史的「事件」や「現象」はその後に起こる(その結果として起こる)ということ。

■私はなぜ「日本の孤立」を予測できたか?

世界情勢にあまり興味のない人は、驚かれたかもしれません。

短期間ですが、2013年末から14年2月に掛けて、日本は世界でとても孤立していた。

きっかけは、安倍総理が2013年12月26日、靖国神社に参拝したことです(実をいうと、これは表層的な理由です。真因については後述します。)

「え?全然孤立してないでしょ?だって、靖国参拝に反対してたのは、中国と韓国だけですよ」

おそらく、日本人のほとんどがこんな反応だと思います。

しかし、「反対したのは、中国、韓国だけ」というのは「事実」ではありません。

(さらに…)

  投稿者 tasog | 2017-09-01 | Posted in 未分類 | No Comments »