2011-01-07

【オススメ冊子】グランドセオリー最新刊☆「金貸しが支配する世界経済の行方」

top_gt10.jpg

こんにちは
突然ですが、昨年の末から当ブログの右フレームの『☆オススメ冊子☆』が変わったのをお気づきになった方はいらっしゃるでしょうか?
今日は『金貸しは、国家を相手に金を貸す』ブログメンバーが自信を持ってオススメする冊子の最新刊のご紹介です :D
続きはポチッと押してから(*^^*)
ありがとうございます

にほんブログ村 経済ブログへ


2008年リーマンショック・2010年ギリシャ危機といった「世界経済」を大きく揺るがすような出来事が次々と起こり、誰もが秩序崩壊を予感し始めています。このような世界経済の混乱を受けて、今後「世界経済はどうなるのか?」というテーマへの関心は一層高まり続けていく中で、満を持して出版されたのがこの冊子です :D
top_gt10.jpg
 
グランドセオリーの最新刊「金貸しが支配する世界経済の行方」
経済のテーマでは2冊目となります
学生や若手社会人はもちろん、仕事や会社の経営を通して日々世界経済を対象化している方々まで、経済を基礎から知りたいという方から、経済のことは詳しいけれど断片的な情報で繋がっていかないという方まで幅広い皆さんにオススメです
 
教科書や巷の経済書には書いてない、本当の経済の仕組み・構造が分かります! 
 
○構成
第1章 〜2008年 金融破綻と10年後〜銀行国有化から国家紙幣を経て管理市場へ
第2章 1.邦人が運んだ13兆円の正体は?/2.ドル・米債はいつ暴落する?
第3章 闇の支配勢力史
第4章 世界経済は、どうなる?(ドル・米債は、暴落するのか?)
第5章 金貸しとその手先(特権階級)の思惑は?
 
購入はこちらから☆ リンク
 
 
さらに、オススメするのは、上記を含めたこの3冊
「これを読めば今後の経済が分かる!」と一押しの経済セットです
guraseo3.jpg
GT10「金貸しが支配する世界経済の行方」 詳しくは、こちら
直近2年間の経済にスポットをあてて、「世界経済の実態」を明らかにしています。経済を考える上で必要なデータや、分かり易いQ&A方式で展開されている部分などもあるので、非常に勉強になります。「先ずは経済を捉える」という人にオススメの1冊です!!
GT4「経済破局は来るのか?」 詳しくは、こちら
⇒GT10で登場してくる国際金融資本家の事がよく分かるのがこのGT4。経済を深めるなら読んでおいてほしい1冊です!!
GT8「戦争はなくせるのか?」 詳しくは、こちら
⇒ここでは人類史を遡り、近代市場につながる「私有意識発生」の経緯から歴史構造をまとめています。実は戦争にも国際金融資本家が出てきます。経済に留まらず戦争すらもビジネスとして関わってきているので、更に詳しくなれる1冊です!!
 
 
 
グランドセオリーで語られる「新しい事実の体系」があれば、今起こっている問題がどのような構造で生じているのかを解明でき、それを突破する方法も見えてきます
ここでご紹介した以外にも、グランドセオリーはあらゆる分野のものを出版していますので、興味のある方は是非こちらものぞいてみてください リンク

List    投稿者 mihori | 2011-01-07 | Posted in 未分類 | 2 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2011/01/1487.html/trackback


コメント2件

 hermes | 2014.02.01 22:05

hermes sunglasses wholesale 金貸しは、国家を相手に金を貸す | エネルギー市場はどうなっている?(11)〜経済破局を見据えた日本のエネルギー戦略は?〜

 wholesale bags | 2014.02.10 8:56

金貸しは、国家を相手に金を貸す | エネルギー市場はどうなっている?(11)〜経済破局を見据えた日本のエネルギー戦略は?〜

Comment



Comment


*