2017-09-22

世界を操るグローバリズム-2~アメリカが裏で糸を引いたソ連の南下と中国の共産化~

 

張作霖事件の真相は、満州にユダヤ人の自治区を作ろうとする金貸しによるシオニズム運動の一環で仕掛けられたとのこと。また、アメリカが中国の共産化を企図して、蒋介石を利用したことなど、とても興味ある内容です。

 

さらには、大正デモクラシー運動は、キリスト教の宣教師による日本の国体の破壊工作であったという点も初耳でした。

 

それらの背景があって、日本が大東亜戦争に巻き込まれていったとのこと。この戦争はソ連や中国からの自衛の戦争で、それに誘い込んだのが、金貸しに操られていたルーズベルトとのこと。

 

米ソが手を組んだ理由もロシア革命を主導したのが金貸しであったことの証し。また、共産主義も社会主義も国際主義者である金貸しの支配形態であるということ。

 

ヒトラーを支援した金貸しの件も出されていますが、これに関しては以前の記事『金貸し勢力のスパイの証言(13)~ナチ・ドイツとローマ教皇庁は密接な協調・協力関係にあった~』が参考になると思われるので、是非ご一読を!

 

 

以下、『世界を操るグローバリズムの洗脳を解く(馬渕睦夫著)

からの紹介です。

****************************

 

■反共の同志だった張作霖を日本が爆殺するはずがない

 

満州事変に関しても誤解されている面があります。日露戦争には李鴻章とロシアの密約によって、満州はロシアの領土となっていましたから、戦争に勝利した時点で日本の領土とできたはずでした。それを知らずに日本は満州を経営するようになりました。

 

ロシア革命によって誕生した共産主義ソ連は、満州を共産化しようとしていました。それに対して、張作霖がソ連に反発して、ソ連を満州から追い出した形になっています。満州の共産化を防ぐという点で、日本と張作霖は利害が一致していました。

 

ところが、張作霖爆殺事件というものが起こり、関東軍の河本大作大佐が首謀者であるかのように伝えられました。現在では資料が出てきており、ソ連の情報部が仕掛けたことが明らかになっています。

 

張作霖と日本は、満州の赤化を防ぐという点で利害が一致していましたから、日本が張作霖を爆殺する理由は何もありません。

 

しかし、日本が張作霖を爆殺したという誤った情報が世界に流されることになってしまったのです。日本が支那で残虐なことをしているという捏造された情報が1920年代からアメリカのメディアによって流され続けていましたので、日本が張作霖を爆殺したという情報を信じる人たちが欧米諸国に大勢いました。日本は情報戦で負けていました。

(さらに…)

  投稿者 tasog | 2017-09-22 | Posted in 07.新・世界秩序とは?, 08.金融資本家の戦略No Comments » 

トランプ大統領、ロシア疑惑のその後

0170921at09_pトランプ大統領のロシアゲート疑惑、一時期は日米のマスコミをにぎわしていましたが、最近は北朝鮮問題もあって、すっかり影をひそめています。実際に報道も少なくなっていますが、調べてみると捜査は続いていました。捜査はどこまで進んだのでしょうか。

(さらに…)

  投稿者 dairinin | 2017-09-21 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 

世界を操るグローバリズム-1~アメリカが周到に仕掛けた大東亜戦争~

 

真珠湾攻撃ハルノート

今回から新シリーズ『世界を操るグローバリズム』を展開します。

これは、元ウクライナ大使の馬渕睦夫著の『世界を操るグローバリズムの洗脳を解く~日本人が知るべき「世界史の真実」~』の内容を紹介するものです。

 

第1回目は第二次世界大戦と大東亜戦争についてです。

両者は一体で同じものと思われていますが、「実は全く違ったものである」ということを論じたものです。

それはアメリカにより、日露戦争直後から用意周到に準備されてきたもので、日本はまんまとアメリカの策略に乗せられた戦争だったとのことです。真珠湾攻撃以前に事実上アメリカは日本に宣戦布告(行為)を行ったことが述べられていますが、その情報は操作され「日本の奇襲攻撃」とされています。それもアメリカの策略だったのです。

 

これについては、以前に掲載した記事

天皇という力の正体とは?(8)~仕組まれた太平洋戦争

にも掲載しているので、是非お読み下さい。

 

以下、『世界を操るグローバリズムの洗脳を解く(馬渕睦夫著)

からの紹介です。

****************************

第4章 大東亜戦争と第二次世界大戦はまったく別の戦争

 ■アメリカは真珠湾以前に日本に宣戦布告していた

ほとんどの日本人は「大東亜戦争」と「第二次世界大戦」を同じものだと思っていますが、両者は全く別物です。

第二次世界大戦は、1939年にヒトラーがポーランドに侵入したときにヨーロッパ戦線が始まりました。ニュースは世界に流れましたが、この時点で「大きな戦争が始まった」と思っていたかどうかは疑問です。アジアにまで広がると思っていた人はまずいなかったでしょう。

 

1939年から1945年の間に起こった戦争を総称して「第二次世界大戦」と言う呼び方がされていますが、ヒトラーのポーランド侵攻、独ソ開戦から始まるヨーロッパ戦線と、アジアでの大東亜戦争は全くの別のものです。

 

日本はABCD包囲網で追い詰められたため、自営のためにアメリカ、イギリス、中国、オランダと戦いました。ヨーロッパ戦線でドイツが戦った国と重なっているため区別されずに「大二次世界大戦」と一括りにされてしまっているだけです。後にソ連も対日戦に加わり、ソ連も双方の地域で重なっています。

 

しかし、大東亜戦争はABCD包囲網から自国を守るという大儀が存在しており、ヨーロッパ戦線とは目的が異なります。

大東亜戦争は、日本が真珠湾を奇襲攻撃したことで始まったことになっています。宣戦布告の通告が一時間遅れたことが、「騙し討ち」として大々的に非難されていますが、果たして本当なのでしょうか。

(さらに…)

  投稿者 tasog | 2017-09-15 | Posted in 04.狙われる国の資産, 08.金融資本家の戦略No Comments » 

反グローバリズムの潮流(ノルウェーの進歩党)

20170914-00075740-roupeiro-004-2-view前回は、反グローバリズム勢力(いわゆる右翼ポピュリスト政党)が第1党となっている国としてスイスを紹介しました「反グローバリズムの潮流(スイスの国民党)」 。今回、紹介するのはノルウェーです。ノルウェーの第1党の保守党は反グローバリズム勢力ではありませんが、この保守党と連立政権を組む第3党の進歩党がいわゆる右翼ポピュリスト政党=反グローバリズム勢力です。

9月11日にノルウェーでは総選挙が行われましたが、保守党と進歩党の連立政権が勝利し、政権を維持することとなりました。2013年に政権を取った時には、短期政権に終わると思われていましたが、4年の任期を終えた総選挙で勝利したことで、国民の信任が証明されたと言えます。

以前は、異端政党と思われていた進歩党が2期連続して政権を担う事となり、進歩党も普通の政党として認められたという事でしょう。ノルウェーではなぜ反グローバリズム勢力が支持を受けているのでしょうか。

(さらに…)

  投稿者 dairinin | 2017-09-14 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 

北朝鮮問題の動向、ロシアは経済制裁に反対し経済支援を提案、中国は制裁に合意

0401-660x400全く解決の兆しが見えない、北朝鮮問題。北朝鮮は日本の上空を超えて太平洋にミサイルを撃ち込み、核実験を行うなど、その行動をエスカレートさせています。この状況は危機と捉えるべきなのか、それとも茶番に過ぎないのか、米、中、露の動きを追ってみました。 (さらに…)

  投稿者 dairinin | 2017-09-07 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 

世界を動かす11の原理-10~世界の「出来事」は、国の戦略によって「仕組まれる」①~

 

靖国参拝 反日

今回から第9の原理:『世界の「出来事」は、国の戦略によって「仕組まれる」』を紹介します。

2013年12月の安倍首相の靖国神社参拝を契機に、14年2月に掛けて、短期間ですが、日本は世界でとても孤立させられていた。ちょうど反日感情が高まった時期です。

日本のマスコミは、中韓の日本バッシングしか報道しませんが、実は、アメリカ、イギリス、EU、オーストラリア、ロシア、親日の台湾までが日本を批判していたというのです。

靖国参拝を過去6回も行った小泉元首相のときは、中韓が騒いだだけで、その他の国々は我関せずのスタンス。安倍首相のときに限って、なぜこのような状況になったのでしょうか。

これはある国の戦略によって「仕組まれた」ものだったとのこと。ある国とは、中国だという。(その内容については、次回に回します。)しかし、当ブログがこれまで追求してきたように、金貸し支配の世界で、ある一国だけでおこす「出来事」まずあり得ない。今回の記事では、そこまで書いていないので、以下の記事を参考に、背後の金貸しの思惑も推測しながら、読んでいただければ面白いと思います。

参考記事:

反日が煽られ、中韓の脅威が煽られる本質とその先にあるもの①

反日が煽られ、中韓の脅威が煽られる本質とその先にあるもの②

以下、「クレムリン・メソッド」~世界を動かす11の原理~(北野幸伯著)

からの紹介です。

****************************

■■9の原理:世界の「出来事」は、国の戦略によって「仕組まれる」

「戦略(企み)」が咲きにあり、歴史的「事件」や「現象」はその後に起こる(その結果として起こる)ということ。

■私はなぜ「日本の孤立」を予測できたか?

世界情勢にあまり興味のない人は、驚かれたかもしれません。

短期間ですが、2013年末から14年2月に掛けて、日本は世界でとても孤立していた。

きっかけは、安倍総理が2013年12月26日、靖国神社に参拝したことです(実をいうと、これは表層的な理由です。真因については後述します。)

「え?全然孤立してないでしょ?だって、靖国参拝に反対してたのは、中国と韓国だけですよ」

おそらく、日本人のほとんどがこんな反応だと思います。

しかし、「反対したのは、中国、韓国だけ」というのは「事実」ではありません。

(さらに…)

  投稿者 tasog | 2017-09-01 | Posted in 07.新・世界秩序とは?, 08.金融資本家の戦略No Comments » 

反グローバリズムの潮流(スイスの国民党)

 

asteion_mizushima170628-thumb-720xautoこれまで、ヨーロッパで反グローバリズムの潮流が勢いを増してきている事を紹介してきましたが、その先頭を走っているのがスイスです。スイスでは右派で移民反対を唱える「国民党」が2003年以来、第1党を維持しています。

もともと、スイスは独立の気風が強く、永世中立国でもありEUとは距離を置いているイメージがありますが、実はグローバリズム勢力が強い国でもあります。 なぜ、国民党が第1党になれたのでしょうか。 (さらに…)

  投稿者 dairinin | 2017-08-31 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 

世界を動かす11の原理-9~世界のすべての情報は操作されている~

マレーシア航空1 マレーシア航空事故

世界にはさまざまな情報ピラミッドがあり、常に作為的に情報操作されているとのこと。

「米英」「欧州」「中共」「クレムリン」「イスラム」等。

これは世界の報道を牛耳っているロスチャ系、ロック系、それに加えて、それと一線と画するロシア、中国等、世界の勢力地図と整合する。

 

記事では、対抗する陣営による報道を、いくつか紹介しています。いずれもアメリカの仕掛けに対して、ロシアが反論するという流れ。

 

その中のマレーシア機撃墜についても同様で、以前当ブログでも以前紹介した下記の記事内容とも繋がる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ウクライナ上空で新ロシア派に「撃墜」されたマレーシア航空17便の事件は、実はアメリカが用意周到に計画した自作自演の事件であったとのこと。

(興味深い真相が分かるので、是非ご一読を!)

2016年世界情勢はこうなる!8~ウクライナ版「ノースウッズ作戦」:打倒カストロ政権~)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本の場合は、「米英情報ピラミッド」傘下に幽閉され、他の情報が遮断されている。

この状況を打破するためには、他の情報ピラミッドの「米英情報ピラミッド」批判を見れば、概ねその真相が分かるとのこと。実は、公開情報だけで、真相の98%が分かるという。

 

その意味で、当ブログも「米英情報ピラミッド」に洗脳されないような、他ピラミッド情報を積極的にご紹介していく所存です。

以下、「クレムリン・メソッド」~世界を動かす11の原理~(北野幸伯著)

からの紹介です。

****************************

世界にはさまざまな「情報ピラミッド」があり、常に「作為的な情報」が流されている

(内容をまとめて表記しています)

代表的なものは、

「米英」「欧州」「中共」「クレムリン」「イスラム」などなど。

ちなみに、「日本」情報ピラミッドは存在しません。

 

後に例をあげますが、「情報ピラミッド」が違えば、「報道内容」は全然異なります。

なぜそんなことが起こるかというと、その国の政府が国民、あるいは世界に対して「プロパガンダ」を行っている。

 

プロパガンダとは、「特定の思想、世論、意識、行動に誘導する意図を持った宣伝行為」のこと。

 

「米英情報ピラミッド」と「クレムリン情報ピラミッド」の情報はここまで違う

 

1.ウクライナ革命(2014年2月)について

日本と欧米では、「独裁者ヤヌコビッチ(大統領)に反対し、大規模なデモが起こった。ヤヌコビッチはロシアに逃亡し、平和裏に革命が行われた」と報じられていました。

 

一方ロシアでは、「欧米(特にアメリカ)の支援を受けた『右派セクター』などの『過激な民族主義者』が、武力で政権を強奪した」と報じています。

 

2.クリミア併合(同年3月)について

日欧米では、「ウクライナ領クリミア自治共和国とセヴァストポリ市を、ロシアが武力を背景に併合した」とされています。そして、これは「国際法違反」であると。

 

ところが、ロシアは、「クリミアはそもそもロシア固有の領土」としています(クリミアは1783年から1954年までロシアに属していた)。

さらにロシア国内の報道では、「強制的に併合した」という欧米の報道に対し、「クリミアで住民投票が実施され、97%がロシアへの編入を支持したから」と一蹴します。

「国際法違反」ではなく、クリミアのロシア系住民は「国連憲章にある『民族自決権』を行使したまでだ!」と強弁するのです。

そして、「欧米は2008年、コソボ自治州がセルビアから一方的に独立するのを支持しだではないか?コソボが合法なら、なぜクリミアは違法なのか?」と至極真っ当な反論もしています。

 

3.同年4月にウクライナから独立宣言した、東部「親ロシア派」について

欧米では、「ウクライナからの独立を目指す『親ロシア派』の背景にロシアがいる。ロシアが支援しているから、彼らは抵抗を続けられる」と報じられています。

 

一方ロシアの公式的立場は、「ロシア政府と新ロシアはは何の関係もない」というもの。

(8月末、「親ロシア派」は、「ロシアから来たロシア人が戦闘に参加している」ことを認めました)

 

もう一つ、ロシアメディアは、(当たり前ですが)「親ロシア派=悪」という欧米側の報道を否定します。

一方ロシアメディアは毎日、「ウクライナ軍が、同国東部の民間人を大虐殺している!」と報じています。

 

4.マレーシア機撃墜について

日本及び欧米では、「親ロシア派による誤爆」が「定説」になっています。

 

しかし、ロシアでは、「ウクライナ軍による撃墜」が「定説」になっています。

なんのために?

ウクライナ軍が撃墜し、それを新ロシア派のせいにすることで、新ロシア派とロシアを孤立させるため

これは、日本的に言えば、「陰謀論」ですね。

 

では、どのくらいのロシア人が、「ウクライナ撃墜説」を信じているのか??

2014年7月の世論調査によると、ロシア人の実に82%(!)「ウクライナ軍撃墜説」を支持しています。そして、「新ロシア派による誤爆」と考える人は、わずか3%(!)しかいない。

 

「政治的ウソ」は「事実」より優先され、情報として流される

 

ロシアと中国は、何を根拠に「ウクライナ軍説」を主張しているのか?

 

1.なぜウクライナ政府は、戦闘地域への民間機の飛行を許可していたのか?

ドネツクでは、新ロシアはがしばしばウクライナ軍の軍用機を撃墜していました。

それなのに、ウクライナ政府は、マレーシア航空機やほかの民間機がこの地域を飛ぶことを許可していた。

これは、いずれ新ロシア派が民間機を誤爆することを期待していたからではないか?というのです。この場合、撃墜したのは親ロシア派ですが、そこに誘導したのが、ウクライナ政府ということになります。

 

ロシアではもっと進んで、「新ロシア派の犯行に見せかけるためにウクライナ軍が撃墜した」と報道されています。

 

2.事件で得をしたのは誰か?

 

次に、誰が得をしたのか?

何か事件が起こった。

掲示は「真犯人」を探すために、「この事件で誰が得をしたのかな?」と考える。「マレーシア機撃墜」で得をしたのは、もちろん、アメリカをウクライナです

 

アメリカは、ロシアを孤立させることに成功した。ウクライナは、戦争相手の「親ロシア派」を「民間機を撃墜し、民間人を殺す悪の権化」にすることができた。

 

逆にこの事件で「大損」したのは、「親ロシア派」。

そして、ますます世界から孤立し、日本・欧米から追加制裁されることになったロシア。

 

3.「親ロシア派」がやった「強力な証拠」はどこ?

オバマ大統領は、事件が起きるとすぐ、「新ロシア派がやった『強力な証拠』がある!」と宣言しました。

しかし、いまだに万人が納得できる「強力な」証拠は公開されていません。

ロシア国防省は逆に、「証拠があるなら出してみろ!」とアメリカに噛み付いています。

 

 

■日本にいながら「情報ピラミッド」を超越する方法

 

「洗脳」を成功させるには、二つの条件が必要です。

 

一つ目の条件は、同じ情報を繰り返し繰り返し与え続けること。

「ウソも100回いえばホントになる」といいます。これは本当です。

 

二つ目の条件は、「ほかの情報を遮断する」こと。

 

この二つの条件を踏まえたうえで、どうやって「自分で自分の洗脳から解放するか?」感単です。

 

日本国民は「米英」情報ピラミッドの中に閉じ込められているのですから、「他の」ピラミッドを見てみればいい。

そうすると、「他の情報を遮断する」という洗脳の条件2が崩れ、あなたは洗脳から解放されてしまうのです。

 

では、「クレムリン」情報ピラミッドと「中共」情報ピラミッドを見る意義は何か?

もちろん、この二つから、「クレムリン」と「中国共産党」のダークサイドを知ることはできないでしょう。しかし、彼らは、「米英」や「欧州」のダークサイドについては、遠慮なく報道する。

 

たとえば、ロシアの国営テレビ「1(ペルヴィー)かなる」では、「9.11は、アメリカ政府の自作自演である!」といった、日本で言えば「陰謀論」を堂々と放送したりする。

あるいは中国では、「マレーシア機撃墜は、プーチン暗殺未遂だ!」と。

 

反グローバリズムの潮流(9月24日ドイツの総選挙どうなる)

20170823ax01今年はヨーロッパの選挙イヤーで、2月のオランダ総選挙、5月のフランス大統領選挙、6月のイギリス解散総選挙、フランス総選挙に続き、9月24日にドイツの総選挙が行われます。今年のヨーロッパの選挙では、反グローバリズム勢力が台頭しながらも、トランプ大統領の勝利に危機感を覚えたマスコミの強力な右傾化批判報道の結果、グローバリズム勢力が優位な状況です。

ドイツでも、反EUを掲げるドイツのための選択肢が支持を伸ばしていましたが、9月の総選挙に向けて、現状がどうなっているか調べてみました。

(さらに…)

  投稿者 dairinin | 2017-08-24 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 

世界を動かす11の原理-8~アメリカのイラン、シリア攻撃に関する「大ウソ」~

 

 

イラン攻撃オバマ悩みシリア攻撃

「国家のウソ」とそこから見える「本音」と「建前」の続きです。

今回は、イラン戦争とシリア攻撃についてです。

 

イラン戦争は以前も扱ったことや、「本音」についてもかなり世間一般に周知されていることもあり、端的にまとめました。

シリア攻撃については、中身がやや複雑で「本音」の背景が、非常に興味深い内容です。アメリカによるマッチポンプの様相があったり、また、結果的には自分で自分の首を絞めることになったりと、それまで通用していた「本音」の部分が、ネットによる暴露→拡散の影響もあって、通用しなくなっています。

化学兵器に関しては、以前当ブログでも紹介したクライシス・アクター(アクトレス)等を使った捏造等も絡んで、これまでの「建前」では、世論の共認形成がし難くなっていることが伺えます。

 

以下、「クレムリン・メソッド」~世界を動かす11の原理~(北野幸伯著)

からの紹介です。

****************************

アメリカがイランを叩く理由は「核兵器開発」であるという「大ウソ」

(ここでは本文から抽出した「本音」と「建前」をまとめました)

 

アメリカのイラン攻撃の「建前」の理由は、イランが「核兵器を開発しているから

 

基本的な事実は以下

①イランは核兵器を開発する意向を一度も示したことがない。

②アメリカも数年前まで、イランには「核兵器を開発する意図がない」ことを認めていた

③核兵器開発が「戦争」の理由であるならば、真っ先に攻撃されるべきはイランではない。

 

①について

・「核開発」は「原発用」だとしています。

 

②について

・「国家情報評価」(NIE)は、「イランは2003年秋に核兵器開発計画を停止させた」と分析していた。

・「国際原子力機関」(IAEA)のトップ、日本人・天野之弥氏は、2009年12月就任直前に「イランは核兵器開発を目指していない」と断言している。

 

③について

・イラン攻撃の可能性を何百回も公言しているアメリカは「北朝鮮は攻撃しない」と断言している。

(さらに…)