2010-11-30

止まらない円高=世界通貨安戦争どうなる?2 〜『通貨クライシス・・・世界が落ちた罠』より疑問抽出〜

>現在の円高、そして世界通貨戦争とはどのような構造で起きているのか?そして、日本にとって円高は本当に問題なのか?
>そこでまず、通貨が高くなる(低くなる)とはどういうことなのか?通貨が高くなる(低くなる)とどうなるのか?どのような場合に通貨が高くなる(低くなる)のか?など、外国為替の基礎の基礎をまずはしっかり勉強し、その上で、現在の円高や世界通貨戦争の構造を明らかにしていきたいと思います。

 
止まらない円高=世界通貨安戦争どうなる? プロローグ 引用
 
を追求していく為にまずは、為替の基礎の基礎を学ぶべく「外国為替市場」って何?にはいる前に今週は、るいネットより「通貨クライシス・・・世界が落ちた罠 3−3」toraga氏の記事を参考に見ていきます。
 
 
 
%E4%B8%96%E7%95%8C%E9%80%9A%E8%B2%A8%E6%88%A6%E4%BA%89.jpg
 
 
今後、基礎を学びどの様な構造を解き明かしていくのか?問題を追求していくのかを少し具体的に触れ、素朴な疑問を含めて、本質的な疑問を抽出していきたいと思う
 
続きを見る前に応援よろしく!!

(さらに…)

  投稿者 yhonda | 2010-11-30 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨4 Comments » 

ゴールドの真相に迫る14 今後の金(ゴールド)の動向

これまで、“ゴールドの歴史”シリーズと題して、8回にわたって、”金がどのように人類と関わり、その役割をどのように変えてきたのか?”を押えてきた。
 
%E9%87%91%E3%82%92%E9%80%9A%E3%81%97%E3%81%A6%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80.jpgゴールドの真相に迫る12 ゴールドの歴史(8)まとめ
(この記事から全ての歴史シリーズの記事に飛べます♪)
 
 
前回に引き続き、豊島逸夫「金を通して世界を読む」を用いて、時間を現在に引き戻し、“各国がどのような目論見を持っており、金市場が今どのように動いていくのか?”を紐解いていきたい。
 
前回の記事「第5章 金を動かす各国の思惑」の要約から、世界各国が金(ゴールド)と何らかの立場で関わり、金を操作、あるいは集めようとする意向があることがうかがえた。
 
 
今回は、各国の動向を踏まえた上で、「第6章 これからの金を見るポイント」の要約より、世界へと視点を拡げ、金(ゴールド)が今後、どのような動きをしていていくか?について探っていく。
 
 
続きを読む前に、ポチリとお願いします。

(さらに…)

  投稿者 hasihir | 2010-11-28 | Posted in 06.現物市場の舞台裏, 08.金融資本家の戦略1 Comment » 

TPPからみる世界の貿易情勢〜TPPの位置づけ〜

           JA%20TPP%E5%8F%8D%E5%AF%BE.jpg
<画像はこちらからお借りしました>
前回はTPPについて、ニュースのおさらいをしました。まだの方は是非ご覧ください。
最近のニュースを見ていると、JA政府との対立が深まっている様子
それは当然で、日本の主食である「コメ」に対する関税が撤廃されれば、海外の安いコメが国内に流通し、日本のコメ農家が大打撃 を受けることになり、JAとしてはそれを阻止したいからです。
コメと同様に、TPP参加が決まれば多くの農家がダメージを受けることになり、食料自給率はますます低下していくことが予想されます。食料というのは、人が生きていくうえで欠かせないものです。そんな大事な食料を他国に依存するようなことでいいのか?さて、今回も引き続きTPPについて、説明していきたいと思います。
その前に応援よろしくお願いしますm(__)m

(さらに…)

  投稿者 kagano | 2010-11-26 | Posted in 01.世界恐慌、日本は?3 Comments » 

連載!『中国は誰が動かしているのか?』5 欧米の闇勢力と中国内部派閥の関係は?

%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%9C%89%E5%8A%9B%E8%80%85.jpg

%E4%B8%AD%E5%9B%BD%E6%9C%89%E5%8A%9B%E8%80%85%EF%BC%91.jpg

前回までは、中国国内の共産党体制・軍事体制・国家体制と、国際金融資本が描く中国のシナリオを見てきました。
今回は、中国国内の派閥の現状を押さえ、その派閥と国際金融資本がどう繋がっているのか?図解をもとに、追求していきます。
写真は、
上段(北京閥・団派系)左から、鄧小平、胡錦涛、温家宝、李克強。
下段(上海閥・太子党系)左から、江沢民、曽慶紅、習金平。
今までの記事はこちらです
連載開始!『中国は誰が動かしているのか?』 1 — プロローグ—
連載!『中国は誰が動かしているのか?』2.中国ってどんな国1
連載!『中国は誰が動かしているのか?』3.中国ってどんな国2
連載!『中国は誰が動かしているのか?』4 欧米の闇勢力による対中国シナリオは?
いつものブログランキング応援もよろしくお願いします。

(さらに…)

  投稿者 yooten | 2010-11-25 | Posted in 07.新・世界秩序とは?39 Comments » 

【シリーズ:新しい認識だけが、現実を変えていく】(7)〜現実とは、人々の意識である〜

%E5%A3%81%E7%94%BB%EF%BC%92.jpg
こんにちは〜
いきなりですが、みなさん“現実”って聞いて何を思い浮かべますか :roll:
「仕事」 「課題」 「社会」 などなど私は自分の周りのことをまず思い浮かべました :roll:
“現実”は人によって違うのでしょうか
例えば、原始人にとっての現実はこうだったようです・・・
足の指が先祖返りして、それ以前の獣たちと同様、足で枝を掴むことが出来なくなったカタワのサル=人類は、樹上に棲めるという本能上の武器を失った結果、想像を絶する様な過酷な自然圧力・外敵圧力に直面した。
実現論より)
現代では考えられないぐらい、飢えや外敵の怯えにさらされていた原始人類
原始人類にとって、まさに生存の危機を脅かす自然外圧そのものが“現実”だったんですね〜
ではでは、現代人にとってこのシリーズの目的でもある“変えていく現実”とは何のことなんでしょうか?
今回はそこら辺を探ってみたいと思います
応援よろしくお願いします

(さらに…)

  投稿者 manaty | 2010-11-24 | Posted in 07.新・世界秩序とは?1 Comment » 

止まらない円高=世界通貨安戦争どうなる? プロローグ

日本円が、戦後の史上最高値(79円75銭)を更新しそうな勢いで上昇しています。11月22日現在では1ドル83円35銭と、80円を切るかと思われたここ数週間の中ではやや小康状態を保っていますが、大局的には円高基調が続くと見られています。これは、世界金融危機によるドルの下落に加え、他の国も貿易競争力獲得etcのための通貨安競争に入っているからで、「世界通貨戦争」という過激な表現も登場しています。

currency.jpg

今回のシリーズでは、現在の円高、そして世界通貨戦争とはどのような構造で起きているのか?そして、日本にとって円高は本当に問題なのか?を追求します。
応援クリックをお願いします。

(さらに…)

  投稿者 s.tanaka | 2010-11-23 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨4 Comments » 

ゴールドの真相に迫る13 金を動かす各国の思惑

bookhon.jpg

これまで、“ゴールドの歴史”シリーズと題して、8回にわたって、“金がどのように人類と関わり、その役割をどのように変えてきたのか?”を押えてきました。
ゴールドの真相に迫る12 ゴールドの歴史(8)まとめ
(この記事から全ての歴史シリーズの記事に飛べます♪)
今回から2回で、豊島逸夫「金を通して世界を読む」を用いて、時間を現在に引き戻し、“金市場が今どのように動き、各国がどのような目論見を持っているのか?”を紐解いていきます♪
今回は、「第5章 金を動かす各国の思惑」の要約から、ロンドン、スイス、南アフリカ、中国、インド、中東、ロシアが金に対してどのような目論見を持っているのかを見ていきます
今日もポチット応援よろしくお願いします

(さらに…)

  投稿者 mihori | 2010-11-21 | Posted in 06.現物市場の舞台裏, 08.金融資本家の戦略5 Comments » 

「国の借金が800兆円になったのは何で?」最終回〜国の借金どうする?〜

900%E5%85%86%E5%86%86%E3%80%80%E3%82%A4%E3%83%A1%E3%83%BC%E3%82%B8%E7%94%BB%E5%83%8F.jpg

国の借金シリーズも今日でいよいよ最終回です。・・・みなさん、楽しんで読みすすめてもらえましたか?
さて、このシリーズ執筆中の先日、国の借金がついに900兆円を超えた!との財務省発表がありましたが、この膨れ上がった国の借金問題に我々はどう立ち向かっていけばよいのでしょうか?
最終回の今日は、これまで本シリーズでお伝えした内容を3つの視点で整理し、最後に可能性を追求してみたいと思います。
【1】「国の借金とは何か?」「何が問題なのか?」という問題性
【2】「なぜ借金が増えたのか?」という原因構造
【3】「借金問題の背後にある悪しき社会制度」という背景構造
最終回の記事を読まれる前に、下のバナーのクリックを、お願いします
いつも応援ありがとうございます

(さらに…)

  投稿者 saken | 2010-11-20 | Posted in 03.国の借金どうなる?6 Comments » 

TPPから見る世界の貿易情勢〜第1回ニュースのおさらい

22年11月13・14日、横浜市でアジア太平洋経済協力会議(APEC)が開催されました。その中で管直人首相は、日本のTPPに参加するかどうかの協議開始を表明しました。
TPP・・・・・11月になってマスコミ等でよく取り上げられるようになりました。
tpp2211131.jpg
どうやら日本経済にとって大きな岐路に立たされているようですが、急遽動き出した感じで、十分な議論もなされないまま不安感だけが煽られている感じがします。
このシリーズではそのTPPとは何なのか?日本にとって、世界にとってどういう意味があるのかを可能なかぎり解明したいと思います。

改めてTPPとは一体なんなのでしょうか?

TPPとは「環太平洋戦略的経済連携協定(Trans Pacific Partnership)」のことで、太平洋周辺の国々によって自由貿易圏を作ろうという構想なのです。
この場合の「自由貿易」とは例外品目がない、まさに関税完全撤廃(10年以内という期限付)を行うことで、これまで幾度となく自由化の波を回避してきた「コメ」も当然その対象品目になるのです。TPPに参加すること=「コメの自由化」を認めること、ということで大きな話題になっているようです。

では続きに行く前にランキング応援ポチっとよろしくね


(さらに…)

  投稿者 goqu | 2010-11-19 | Posted in 07.新・世界秩序とは?3 Comments » 

連載!『中国は誰が動かしているのか?』4 欧米の闇勢力による対中国シナリオは?

200808%252F10%252F75%252Fc0139575_74019.jpg
(画像はこちらからお借りしました)
前回までの記事では、中国の基本情報についてまとめました。
今回は少し視点を変えて、「欧米の闇勢力による対中国シナリオは?」を見ていきたいと思います。
1.世界(闇勢力)シナリオ
2.闇勢力による中国シナリオ
3.今後中国の行方は?

これまでの記事はこちらです。
— プロローグ—
連載!『中国は誰が動かしているのか?』2.中国ってどんな国1
連載!『中国は誰が動かしているのか?』3.中国ってどんな国2
本文を読む前に、応援お願いします。

(さらに…)

  投稿者 kyohei | 2010-11-18 | Posted in 07.新・世界秩序とは?2 Comments »