2013-02-28

日本史から探る脱市場の経済原理(11)〜鎌倉時代にみる武士の成り立ち〜

西洋で中世といえば、奴隷制から貴族(騎士)が支配する農奴制への移行をもって始まるとされています。日本でも武士が支配する封建制(農奴制)があったとみて西欧型中世としているようですがその成り立ちは大きく違うようです。
%E9%8E%8C%E5%80%89%E6%AD%A6%E5%A3%AB%EF%BC%88%E7%94%B7%E8%A1%BE%E4%B8%89%E9%83%8E%E7%B5%B5%E5%B7%BB%E3%82%88%E3%82%8A%EF%BC%89.jpg
(男衾三郎絵巻より)
今回は鎌倉時代の武士、特に武士の多数を占める御家人層の成り立ちに注目してみたいと思います。まずは古代末期の農民形態から見ていきたいと思います。

(さらに…)

  投稿者 mago | 2013-02-28 | Posted in 10.経済NEWS・その他No Comments » 

大恐慌の足音・企業は生き残れるか? 第8回 〜イオンホールディングス〜

167678693.jpg

 政権交代後、安倍政権下で緩和政策、いわゆるアベノミクスが行われています。アベノミクスで円安が進めば、輸入商品を多く扱う小売業は確実に影響を受けるでしょう。安倍政権の狙い通り、これで景気がよくなれば後に回復することも考えられますが、長期的に見てそううまくいくとも思えません。
 今回は、前回に引き続き多角化する小売業のイオングループを見ていきたいと思います。

(さらに…)

  投稿者 banba | 2013-02-27 | Posted in 01.世界恐慌、日本は?No Comments » 

『お金はどこから生まれてきたのか?』〜第3回 中国、殷の時代に宝貝はどのように用いられたか?

%E6%94%BF%E5%BA%9C%E7%92%B0%E5%A2%83%E5%B1%80%E3%82%88%E3%82%8A.jpg
パプアニューギニア政府観光局より) 
 
前回は「パプアニューギニアでの貝貨の使われ方」を紹介し、大変ご好評いただきました。
ここに登場する宝貝は、暖かい海に生息する巻貝で、古くから装飾品や贈与品、あるいは呪物として用いられてきました。古代中国においても同様で、とくに殷代(紀元前1,600年〜1,046年)の墳墓からたくさん出土しています。また、甲骨や青銅器には宝貝を意味する文字が見られることから、その時代にとても珍重されていたことが窺えます。 
 
殷の時代に、 
「なぜ宝貝は貴重なものとされたのでしょうか?」 
「どのような機能を果たしていたのでしょうか?」
 
このあたりに注目することで貨幣の原型が見えてきそうです。 
 
そこでまず時代背景から押さえようと思ったのですが・・・ 
 
実は、中国の歴史書「史記」にも登場する殷王朝。20世紀初頭までは伝説上の王朝とされていました。その後、遺跡の発掘や甲骨文の解読作業の進展によって実在は確認されましたが、今なお謎だらけです。 
%E6%AE%B7%E5%A2%9F.jpg
奈津子の徒然雑記帳より) 
 
ついつい歴史について疑い深くなってしまうのは、情報の出所も明らかにされないまま、あまりにも多くのことが周知の事実として語られているからです。これは史記も同様です。歴史記述は後の権力者の妄想や陰謀で歴史が書き換えられているケースが多く、そこに現代人の偏った解釈が加わるので、当たり前と思われていることでも事実の信憑性はほとんどありません。 
 
こうした実情を踏まえて、今回は“金文”を頼りに貨幣誕生に至る歴史の歩みを辿ってみたいと思います。ちなみに金文とは、青銅器などの表面に刻まれた文字のこと。なぜその青銅器が作られたのか、誰がその青銅器を祭ったのかが記されているため、その当時の客観的事実(記録)として信憑性が高いのです。 
 
※金文とは? ⇒ウィキペディアへ) 
 
前置きが少し長くなってしまいましたが、それでは貨幣の起源、殷の時代に栄えた宝貝文化を見ていきたいと思います。 
 
今日も応援よろしくお願いします↓

(さらに…)

  投稿者 bibibi | 2013-02-25 | Posted in 未分類 | No Comments » 

【続新春企画】新政権で日本の外交どうなる?(4)今後、米中はどうなる?日本の動きは?

日本での安倍新政権、米国でのオバマ2期目政権、中国での習近平新政権と、日米中でほぼ同時期に新体制が発足しました。【続新春企画】として、各々の新政権の動きを見てきましたが、今回はそのまとめとして情勢を整理し、今後、米中はどうなるか?その中で、日本の動きはどうなるか?を見て行きます。
plc13022307230004-n1%5B1%5D.jpg
2/22日米首脳会談:ホワイトハウスの大統領執務室で握手を交わす安倍首相とオバマ大統領
過去記事は以下をごらんください。
【続新春企画】新政権で日本の外交どうなる?(1)安倍政権就任後の動き
【続新春企画】(2)米国大統領選挙後のアメリカの動きはどうなっているか?
【続新春企画】(3)中国・習近平後の中国はどうなっているか?
応援よろしくお願いします↓

(さらに…)

  投稿者 yukitake | 2013-02-23 | Posted in 10.経済NEWS・その他No Comments » 

大恐慌の足音・企業は生き残れるか? 第7回 〜セブン&アイ・ホールディングス〜

昨年の春以降、パナソニック・シャープ・ソニーの三大家電企業の経営危機、日本通販の民事再生法申請、スズキ米国法人の連邦破産法申請など、日本企業経営 不振や倒産のニュースが再び目立ち始めています。リーマン・ショック以来進んできた急激な市場縮小が、実体経済を遂に崩壊させ始めたと考えられます。
一方、経済政策「アベノミクス」で、一時的に景気回復へと向かうでしょうが、その後は再び悪化することが予想されます。
このような状況下で本当に企業は生き残れるのでしょうか?今回のシリーズではこれまで、
家電製造業(パナソニックシャープ その1/その2ソニー
自動車・化学・機械製造業(三菱自動車トヨタ自動車 その1/その2東レ・オムロン・ファナック
を見てきました。
今回からは、小売業を見ていきたいと思います。小売業の第1回目は、街でよく見かけるセブン&アイ・ホールディングスです。

130115%E3%80%80%E3%82%BB%E3%83%96%E3%83%B3%26%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B9photo.jpg

いつも応援ありがとうございます :D

(さらに…)

  投稿者 MITA | 2013-02-20 | Posted in 未分類 | No Comments » 

【続新春企画】(3)中国・習近平後の中国はどうなっているか?

%E6%A0%B8%E5%85%B5%E5%99%A8.gif
胡錦濤・共青団 vs 江沢民・上海閥 + 習近平・太子党の権力闘争の末、今年3月に中国国家主席に就任する習近平は、今後中国をどのように導こうとしているのか?現在の中国の状況を把握した上で調査分析を行います。
『続新春企画』シリーズ過去記事は以下をご覧ください。
【第1回】新政権で日本の外交どうなる?(1)安倍政権就任後の動き
【第2回】(2)米国大統領選挙後のアメリカの動きはどうなっているか?
その前に応援宜しくお願いします。
  ↓

(さらに…)

  投稿者 orisay3 | 2013-02-18 | Posted in 01.世界恐慌、日本は?No Comments » 

■日本史から探る脱市場の経済原理(10)〜日本で宋銭が流通したのはなぜか〜

7世紀後半から富本銭や和同開珎〜そして皇朝十二銭など国内で貨幣は鋳造されましたが、500年もの間なかなか浸透しませんでした。(4)〜日本で貨幣が浸透しなかったのは〜
それは、そもそも余剰生産物が乏しく、したがって流通も納税中心で市場が発達せず貨幣を必要としなかったからです。
しかし、平安後期に中国から宋銭が大量に流入し、急速に浸透していきました。
今回のテーマはなぜ、宋銭が日本で初めて本格的に流通した貨幣となったのかです。


%E5%8C%97%E5%AE%8B%E9%8A%AD.jpg

(さらに…)

  投稿者 tsuji1 | 2013-02-14 | Posted in 02.日本の金貸したちNo Comments » 

大恐慌の足音・企業は生き残れるか? 第6回〜大不況の中、躍進する製造業3社〜

アベノミクスが束の間の景気回復を演出しているが、いつものミニバブルであり、長続きはしないだろう。本格的に始まった市場縮小の流れは変わらない。一方、アベノミクスに頼らずとも、リーマン・ショック以降、製造業が軒並み苦境に陥る中、好調に業績を上げ続けている企業もある。
 
今回は、そのような企業の中から東レ、ファナック、オムロンの3社を取り上げ、その強さの理由を考察してみる。

TORAY.jpg fanuc_logo_j.gif omron.gif

 
いつも応援ありがとうございます。

(さらに…)

  投稿者 s.tanaka | 2013-02-13 | Posted in 01.世界恐慌、日本は?No Comments » 

【続新春企画】(2)米国大統領選挙後のアメリカの動きはどうなっているか?

%E3%82%AA%E3%83%90%E3%83%9E%E5%A4%A7%E7%B5%B1%E9%A0%98.jpg

画像はリンクよりお借りしました。

オバマ政権2期目となり、1月21日に就任式に臨んだオバマ大統領が演説した内容は「経済政策運営の焦点は、この4年で悪化した財政問題だ」ということだった。与野党は財政改革で対立し、膨張した連邦債務をめぐるデフォルト(債務不履行)危機、回復ペースが鈍い景気や雇用問題等、財政再建への課題が盛りだくさんである。
今回は、大統領選挙後のアメリカの動き、状況を掘り下げてみたいと思います。

『続新春企画』シリーズ過去記事は以下をご覧ください。
【第1回】新政権で日本の外交どうなる?(1)安倍政権就任後の動き

(さらに…)

  投稿者 seya | 2013-02-09 | Posted in 未分類 | Comments Closed 

【幕末維新の代理人】代理人認定#1 伊藤博文〜日本最初の総理大臣は、金貸しによって作られた〜

%E4%BC%8A%E8%97%A4%E5%8D%9A%E6%96%87%E8%AA%8D%E5%AE%9A%20%281%29.jpg
 
バックナンバー
【第一回】プロローグ
【第二回】黒船前夜〜アヘン戦争と英国による間接統治〜
【第三回】黒船来航〜ロスチャイルドのエージェントだったペリー〜
【第四回】幕末の下級武士たちを突き動かした役割不全と私権不全
【第五回】「攘夷を旗印に暴れた下級武士」と「倒幕に突き進んだ西国雄藩の本音」 
   
このシリーズは「幕末維新の代理人」をテーマに近代以降における金貸しの日本支配の構築過程に着目、実際に金貸しの代理人=エージェントとして動いていたであろう人物達に焦点を当て、これまで語られなかった幕末維新の背景を明らかにしていくものです。

「日本において、体制の変化が起きているとすれば、それは日本人だけから端を発しているように見えなければならない」
「事実、その変化はわれわれの考え方と異なる仕方でおきるかもしれないがそれが真に恒久的なものであり、且つ有益なものであるためには、徹頭徹尾、日本的性格という特徴を帯びていなければならない。」

 
(1866年4月26日、ハモンド外務次官からパークス在日公使館宛文書・・・遠い崖−アーネスト・サトウ日記抄3『英国策論』 より転記)

幕末。実に多くの志士達が海外へ渡航(密航)しました。
欧米の文明に触れた彼らは帰国後、維新を成功へ導きます。
そして明治新政府が発足すると、彼らはその要職に就き国政を担っていきます。
そんな維新の志士達は、歴史の上では日本を近代化へ導いた英雄として語り継がれていますが、実はその経歴などは概略のみで、詳細の経緯は鮮明さに欠くものばかりです。
おそらく彼らの中には、密航の過程で金貸し達に取り込まれ、金貸しの代理人として日本の近代化=市場化という財を収奪するシステムの構築に手を貸した者達が多く存在しているのではないか
そんな仮説のもと、今回からしばらくは、幕末の英雄達ひとり一人にスポットを当て、彼らの足跡を辿りつつ、金貸しの代理人となった背景を探っていきます。
そんな第一回目は、日本で最初の内閣総理大臣となった 伊藤博文 です。
   
伊藤博文
(1841年10月16日〜1909年10月26日)
 
昭和38年から昭和61年まで発行された千円札に描かれていた人物としてご存知の方も多いと思います。
幕末は尊皇攘夷の志士として活動するもイギリスへ密航。維新後は初代内閣総理大臣(計4回を務める)、初代貴族院議長、初代兵庫県知事、宮内大臣、枢密院議員など数々の要職に就き、また大日本帝国憲法も発布した明治初期の重要人物の一人です。
 
1863年に長州ファイブとしてイギリスへ密航していますが、ここでの体験が伊藤を開国派へ転身する契機となります。
その後も数回イギリスや諸国へ赴いており、英語に明るく、それが決めてとなって三条実美(藤原北家の嫡流)との一騎打ちで初代総理大臣の座を勝ち取ったと言われています。
 
では、そんな伊藤の生い立ちを見ていきます。
  
いつも応援ありがとうございます。
 

(さらに…)

  投稿者 heineken | 2013-02-07 | Posted in 未分類 | No Comments »