2011-11-02

『実現論:序』米国債デフォルト:金融勢力の狙いは旧紙幣の廃棄

前回の投稿では、大衆が私権追求から共認収束へと向かう中で、未だ旧制度上で暴走し続ける統合階級の意識構造と彼らを取り巻く支配者構造を解明してきました。
『実現論:序』大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
今回は、現在世界的に注目されている経済危機に見え隠れする、追い詰められた金貸しの目論見を明らかにしていきます。
%E7%B4%99%E5%B9%A3%E7%84%BC%E5%8D%B4%28%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%29.jpg
(画像はコチラからお借りしました)
いつも応援ありがとうございます :D

にほんブログ村 経済ブログへ


【目前に迫ってきた国債暴落の危機】

東北大震災と原発事故によって日本は大打撃を受け、GDPは急落し、2ヶ月連続貿易赤字が続いている。当然、円安になるはずである。にもかかわらず、円高が進んでいる。

「実現論:序5(上) 米国債デフォルト:金融勢力の狙いは旧紙幣の廃棄」は、9月初旬の投稿ですが、現在も、円最高値を更新、貿易収支の赤字額が過去2番目を記録するといった奇妙な状況は続いています。
「円最高値を更新」
「貿易収支の赤字額が過去2番目を記録」

いったい、円高=円買いを仕掛けている金貸しの狙いは何なのか?
実は、過去にも今回と似たような、おかしな円高状況があった。
それは、’90年バブル崩壊後の円高状況である。バブル崩壊で日本経済は大打撃を受け株価が暴落していったが、その暴落の間5年半に亘って株価下落と反比例するように円高が進んでいった。これは、金貸し勢が日本の銀行や優良企業の底値に落ちた株式を買い占めるために、強力な円買いに入った結果であると見てまちがいない。
「日本の国債はその95%を日本が保有しているので暴落しない」という話をよく聞くが、その話は重大なポイントを見落としている。日本国債を保有している日本のメガバンクは、既に外資(金貸し)に支配されている可能性が高い。とすれば、日本の国債も米欧の国債と同様に、いつでも暴落させることができる。

%E5%9B%BD%E5%82%B5%E4%BF%9D%E6%9C%89%E6%AF%94%E7%8E%872.jpg

(画像はコチラからお借りしました)

’95年阪神大震災の後の円高も同様である。震災で打撃を受けて日本の株価が急落してゆくのをチャンスと見た金貸しは、円買いを進めて日本の銀行株・優良企業株を買い占めていった。(なお、阪神大震災もオウムサリン事件も、金貸しの仕業であるという説が、一部には出回っている。大災害を起こして大量の円売りを誘っておいて、買い進めるという寸法である。)

%E4%B8%8A%E5%A0%B4%E4%BC%81%E6%A5%AD%E5%A4%96%E5%9B%BD%E4%BA%BA%E6%A0%AA%E4%B8%BB%E6%AF%94%E7%8E%87.jpg
(画像はコチラからお借りしました)

上図から、プラザ合意以降、外国人持ち株比率が急上昇しているのに対して、金融機関・証券会社の持ち株比率が下がっていることが読み取れます。
%E5%86%86%E9%AB%98%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%951.jpg

また、90年代のバブル崩壊後には日本長期信用銀行、山一證券が倒産。日本を代表する大手金融が外資に株を買い占められていきました。上図からもわかるように、急激な円高は‘90年のバブル崩壊、’95年の阪神大震災といった日本経済を脅かす事件の後に起こっています。

とすれば、東北大震災と原発災害にもかかわらず、円高が進んでいる今回の状況も、同様の構図だと考えられる。
では、今回の金貸し勢のターゲットは何か?
国債の暴落は貨幣価値の暴落と同義である。従って、米国債デフォルトの刻限が迫っているのだとしたら、その前に金貸しは全ての準備を整える必要がある。だから、当然、資源や金(ゴールド)や他の安全な通貨の買いに入るはずであるが、今の所、金貸しが円以外にこれらの買いに入っている兆候は見られない。金や豪ドルは上がっているが、金貸し勢が出動するには市場規模が小さすぎる。原油や鉱石の価格は横ばいで、食糧価格は天候の影響で1〜2割程度上昇しているにすぎない。
ここで、「現物価格が上がっていないので、当分デフォルトは無い」と見るのは、決定的な誤りである。むしろ逆で、資源価格が上がらないのは、金貸しが米国債デフォルトに向けて、既に数年前に石油・鉱石・食糧を牛耳る企業群の支配を終えているからである。

%E5%8E%9F%E6%B2%B9%E4%BE%A1%E6%A0%BC%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95.jpg
’08年〜’11年の原油価格グラフ(画像はコチラからお借りしました)

%E5%8E%9F%E6%B2%B9%E7%99%BA%E6%8E%98%E3%81%AE%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
(画像はコチラからお借りしました)

したがって、今回の原発事故以降の円買いは、米国債デフォルト→米国債暴落→世界中の国債暴落という経済破局にむけた最終局面の動きであると考えられる。
その狙いは何か?
どうやら金貸しにとっては、日本の国債だけが暴落しないという状況は都合が悪いらしい。とすれば、金貸し勢は、世界中の国債暴落=旧紙幣価値の崩壊を計画していることになる。したがって日本国債も同時に暴落させる必要がある。
そのための日本国債買い、それこそが金貸しの狙いであり、不自然な円高の理由であろう。

国債とは、国が必要資金を調達するときに、借り入れ証書として発行する債券を言い、金利と償還期限が異なる短期国債と長期国債があります。これら国債は他の債券同様に発行された後でも市場で売買できるため、国債新規発行時には市場に出回る金利に水準を合わせます。つまり、市場の国債の値段が下がると金利が上がるしくみになっています。従って、
国債新規発行時に大量の国債が市場に出回れば、買い手がつかなくなり、国は金利を上げざるを得ず、国家財政は破綻の一途を辿ります。金貸しは、それを狙い日本国債買いを行っているということです。

実際、短期国債市場では、数ヶ月続けて外資による毎月50兆円の買い越しが続いている。それだけの短期国債を買い占めていれば、短期国債を暴落させることで、(もともと彼らが支配しているメガバンクが所有する)長期国債をも暴落させることは可能である。
米国債暴落を皮切りとする、世界中の国債暴落→貨幣価値の崩壊という形での経済破局の時期が迫っていると見て、まちがいないだろう。
そして、日本国債をも暴落させようとする今回の仕掛けから見えてくるのは、世界中の国債を暴落させた上で、全世界一斉に新紙幣に切り替えるという金貸し勢の計画である。

%E5%9B%B3%E8%A7%A3.jpg

金貸しの思惑通り、経済破局し、新紙幣に切り替わった場合、世界経済はどうなっていくのでしょうか。次回は、国債暴落後の世界経済を予測していきます

List    投稿者 MITA | 2011-11-02 | Posted in 未分類 | No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2011/11/1748.html/trackback


Comment



Comment


*