2009-04-02

何故AIGは幹部に高額ボーナスを払わざるを得なかったのか?

AIGは2.6兆ドルの不良債権=爆弾解体のために、爆弾犯=幹部社員に頼らざるを得なかった。 
 
昨年からのアメリカ政府のAIG救済。
 9月に850億ドルの支援策、それが1230億ドルに。
 11月には1500億ドル規模に修正。
 今年3月に新たに300億ドルの追加資金。
実に1800億ドル(約18兆円)もの公的資金が投じられた。 
 
一方、産経新聞によると、AIGが幹部社員に支払ったボーナス総額は、2億1800万ドル(約209億円)にも達している。 
 
アメリカ国民の怒りは大きく、本拠ビルや幹部社員宅に地域活動団体がバスツアーを組んで報道陣と共に押しかけ抗議デモを繰り広げるまでの騒ぎになった。 
 
  aigb01.jpg
  <公聴会に出席するリディAIG会長を非難する人々> 
 
下院では3月19日、ボーナスに90%課税を課す法案が可決された。 
 
日本では、これほど損失を出し、公的な資金がつぎ込まれて企業の延命が図られようとした場合、少なくとも企業倫理として幹部はボーナスに留まらず賃金カットなど進んで行い、社員も給料やボーナスのダウンも甘んじて受け入れて対処するだろう。 
 
AIGは何故そうしなかったのだろうか?何故できなかったのだろうか? 
 
本文を読む前に協力を! 
 
   
 

(さらに…)

  投稿者 shigeo | 2009-04-02 | Posted in 未分類 | 2 Comments »