2017-10-24

世界を操るグローバリズム-7~独立戦争も南北戦争も金融支配を巡る争いだった~

 

 

ジャクソン大統領 リンカーン大統領

アメリカ独立戦争から南北戦争につながる英米戦争は、通貨発給権を巡る金融支配戦争だったとのことです。

その間には、アメリカにも中央銀行が登場したり、廃止になったりと、国際金融資本家とそれを阻止する愛国派との攻防が繰り返されてきました。

 

その中でも特筆すべきは、第七代大統領のアンドリュー・ジャクソンと第16代大統領のリンカーンです。

ジャクソン大統領は、アメリカ2回目の中央銀行である合衆国第二銀行の期限満了に伴う更新を行わず、中央銀行存続を阻止しました。そのため、金融筋により暗殺されそうになりましたが、運よく逃れることができました。これがアメリカ大統領の最初の暗殺未遂事件とのことです。

 

リンカーン大統領は、ご存知の通り財務省発行のドルを発給し、経済政策を実行しました。当時のドル紙幣の裏側がみどり色をしていたことから、以来、ドル紙幣はグリーンバックと呼ばれているとのことです。(参考:アメリカの政府紙幣の歴史〜グリーンバック紙幣

 

しかし、人気4年余りで暗殺されてしまい、ここから国際金融資本勢力が力を増していきます。ちなみに、リンカーンの暗殺が大統領初の暗殺事件です。

 

暗殺の首謀者はイギリスのロスチャイルドであることはほぼ明白で、南軍に資金を貸して、南北戦争に持ち込んだのも彼。それに対し、北軍を支援し対抗したのが、なんとロシアであったとのこと。

この頃も、ロシアは反金貸しであったとのことです。

 

以下、『世界を操るグローバリズムの洗脳を解く(馬渕睦夫著)からの紹介です。

****************************

 ■英米戦争は金融支配を巡る争いだった

アメリカに渡ったピューリタンたちは、アメリカに新しいエルサレムを作ろうとしましたが、イギリスはアメリカの独立を認めず戦争状態が続きました。

しかし、もはや独立は避けられないと考えたイギリスは、政治的には独立させても、金融的には支配することを狙いました。

 

イギリスといっても、イギリス政府ではなく、イギリス政府を動かしているロスチャイルドなどシティの銀行家たちのことです。

シティがアメリカを金融的に支配するには、アメリカにイングランド銀行のような、政府に借金させて通貨を波及発給するシステムをつくる必要がありました。

(さらに…)