2008-09-10

戦後日本の高度経済成長を検証する NO.7〜国際石油資本の傘下で成し遂げた復活劇

戦後の日本は、アメリカによって、戦後復興援助を与えられつつ、財閥解体や産業施設の占領、撤廃などにより、産業基盤を弱体化させられた。
その後、1949年のアメリカ軍による占領政策の転換によって、それまでの様々な規制が撤廃され、弱体化した産業の復興が推し進められた。
そして1950年からはじまる高度経済成長期を迎える。
この高度経済成長期を支えた、工業地帯復活の流れを、石油産業を中心にまとめてみた。
DSC_3996.jpg
↓続きを見る前に押してください :o

(さらに…)

  投稿者 minezo | 2008-09-10 | Posted in 02.日本の金貸したち7 Comments »