2011-10-11

世界の闇の支配勢力から日本の支配史を読み解く 【歴史No.6 江戸時代に拡大した性市場】

 江戸時代では、町人の分業化で生産力が向上し、貨幣経済も発達、格差も拡大していきます。また戦(いくさ)という外圧がなくなり、解脱欠乏(遊びたいというような気持ちなど)が大きくなっていきます。おおらかな性の田舎とは異なり、江戸では男女比率が1対4ということも相まって、性市場が発達していきます。
 そこで江戸時代は「吉原」という超高級風俗街(風俗料金の異常高騰)が誕生しました。かたや、川縁で格安で性が売られていたり、銭湯でもサービスがあったり、茶店でもあったりと一般向けの性風俗も発達します。
 江戸時代は、戦国時代と変わって、セックス産業が花開いた時代といっても過言ではないと思います。
 
 ちなみに戦国時代にもセックス産業はありました、都や賑わっている城下が主であったし、また戦で敵地にて、”人さらい”や強姦は当たり前のように行われ、上杉謙信や織田信長、武田信玄にいたるまで、足軽、雑兵にそういった行為を認めていたのでした。豊臣家が崩壊し、江戸時代が完全に始まってから(だいたい1615年以降)、大規模な戦はなくなり、現在の風俗店に相当するものが多く現れ始め、幕府も公認していく(吉原から税を取る)ようになっていき、吉原のような大規模風俗街が登場したのです。
 格式と見栄を第一とする吉原は、大名や豪商の接待などに使われる社交場でもあり、また服飾や流行の先端を切っていた芸能界としての面も持っていました。
 江戸時代になって風俗店が発達した事例と、江戸時代の風俗店の特徴を調べ、なぜ風俗店が発達したのかを考えてみたいと思います。
前回までの記事はこちら
NO.1 幕府の独占交易〜本当は鎖国ではなかった江戸時代〜
NO.2 金貸し(カトリック)の狙い〜時の為政者の思惑〜
NO.3 鎖国の狙い〜貿易を独占し大名の経済基盤を奪った幕府〜
NO.4 幕藩体制の確立〜諸大名の「武力」+「資力」を削ぎ落した江戸初期の政策〜
 応援よろしくお願いいたします。  yosiwara4.jpg
江戸時代の新吉原(江戸名所図絵より)  画像はこちらからお借りしました。

(さらに…)

  投稿者 norio | 2011-10-11 | Posted in 06.現物市場の舞台裏No Comments »