2010-09-07

シリーズ「活力再生需要を事業化する」14〜【書籍紹介】伊賀の里 新農業ビジネスただいま大奮闘(モクモクファーム)(1/3)〜

monodukuri_top_new.jpg
「活力再生需要を事業化する」シリーズの第14回!
過去のエントリーは以下を参照ください。
新シリーズ「活力再生需要を事業化する」〜活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること〜
シリーズ「活力再生需要を事業化する」2〜ワクワク活力再生!
シリーズ「活力再生需要を事業化する」3〜老人ホームと保育園が同居する施設『江東園』〜
シリーズ「活力再生需要を事業化する」4〜企業活力再生コンサル〜
シリーズ「活力再生需要を事業化する」5〜企業活力再生需要の核心は「次代を読む」〜
シリーズ「活力再生需要を事業化する」6〜金融、ITビジネスはもはや古い?!新しいビジネス“社会的企業”〜
シリーズ「活力再生需要を事業化する」7〜社会起業家の歴史・各国の状況
シリーズ「活力再生需要を事業化する」8 〜社会的企業を支える「アショカ財団」〜
シリーズ「活力再生需要を事業化する」9〜『生産の場として、儲かる農業』が、みんな期待に応えるのでは?〜
シリーズ「活力再生需要を事業化する」10〜就農定住の成功事例 山形県高畠町〜
シリーズ「活力再生需要を事業化する」11〜農業参入が企業の社会的使命となる〜
シリーズ「活力再生需要を事業化する」12〜農業は医療や教育と同じく人類(集団)にとって不可欠の事業であり、脱市場原理の最先端可能性といえるのでは?〜
シリーズ「活力再生需要を事業化する」13〜コンセプトは、『私、気付いたら就農してたみたいです♪』かな?

 前回は、農業に対する期待感にスポットを当て、その人々の期待にどう応えていくのかという方向性について扱い、就農を思考する若者の意識と農業従事者の意識の違いを見ていきました。その中で、活力再生需要を事業化する可能性の一つとして「農業」を考えた場合、「需要発ではなく供給発」で考える必要性があるということが見えてきました。
つまり、「農」に関心を寄せる人々に対して、農業がどんな充足・可能性を彼らに与えられるのか?供給発で考えていくという意識転換こそ、今の農業従事者に一番求められているわけです。
そこで今回は、需要発から供給発へと転換した新農業ビジネスの成功事例を全3回に分けて紹介していきたいと思います。
続きを読む前に応援よろしくお願いします!

(さらに…)

  投稿者 d0020627 | 2010-09-07 | Posted in 未分類 | 1 Comment »