2010-11-24

【シリーズ:新しい認識だけが、現実を変えていく】(7)〜現実とは、人々の意識である〜

%E5%A3%81%E7%94%BB%EF%BC%92.jpg
こんにちは〜
いきなりですが、みなさん“現実”って聞いて何を思い浮かべますか :roll:
「仕事」 「課題」 「社会」 などなど私は自分の周りのことをまず思い浮かべました :roll:
“現実”は人によって違うのでしょうか
例えば、原始人にとっての現実はこうだったようです・・・
足の指が先祖返りして、それ以前の獣たちと同様、足で枝を掴むことが出来なくなったカタワのサル=人類は、樹上に棲めるという本能上の武器を失った結果、想像を絶する様な過酷な自然圧力・外敵圧力に直面した。
実現論より)
現代では考えられないぐらい、飢えや外敵の怯えにさらされていた原始人類
原始人類にとって、まさに生存の危機を脅かす自然外圧そのものが“現実”だったんですね〜
ではでは、現代人にとってこのシリーズの目的でもある“変えていく現実”とは何のことなんでしょうか?
今回はそこら辺を探ってみたいと思います
応援よろしくお願いします

(さらに…)

  投稿者 manaty | 2010-11-24 | Posted in 07.新・世界秩序とは?1 Comment »