2007-10-08

郵政の次は、上下水道民営化!?

%E5%B7%9D.jpg
 
 
日本では’02年4月に水道法が改正され、水道事業を民間企業に業務委託することが可能となっています。
遡ること約2年、’00年3 月にオランダのハーグで「第2 回世界水のフォーラム」が開催され、そこで「世界水ビジョン」として「上下水道の民営化を促進すること」がうたわれており、日本の水道法改正はこの国際的潮流に従っているのです。
電電公社(’84)、専売公社(’85)、国鉄(’86)、そして今月から郵政が民営化されましたが、さらに上下水道の民営化に向けて着々と準備が進められています。
ところで、上下水事業の民営化についてはいくつかの疑問(懸念点)があります。
1.体の約60%を構成する水は、生命にとって必要不可欠なものであって、一私企業が供給を独占してしまっては危険である。
2.文字通り「水は天下のまわりもの」であって、水を私有物にしてはいけない!
3.さらに、上下水事業は地味な事業であり、利益は決して多くはない。つまり利潤追求を目的とする民間企業にはふさわしい事業ではない。

にもかかわらず、なぜ民営化なのでしょう :roll:
続きはポチッと押してから

(さらに…)

  投稿者 watami | 2007-10-08 | Posted in 06.現物市場の舞台裏2 Comments »