2009-06-16

ブロック経済前夜8 〜ドイツ編1・ドイツの「ハイパーインフレ」が起きたのなんで〜 

%E3%83%8F%E3%82%A4%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%95%E3%83%AC%E7%8A%B6%E6%B3%81%EF%BC%94.jpg
           (そんなに持って何買うの?) 
※写真はコチラからお借りしました
ブロック経済前夜シリーズも8回目になりました!
(そろそろ明けませんか?という声はあると思いますが・・・
以下バックナンバーです
・ブロック経済前夜1 〜イギリスによる国際金本位体制の成立〜
・ブロック経済前夜2 〜第一次世界大戦、そして英国・ポンドの凋落〜
・ブロック経済前夜3 〜アメリカ大戦景気から世界恐慌へ〜
・ブロック経済前夜4 〜ファシズムは金貸し支配に抵抗するための国家収束〜
・ブロック経済前夜5 〜アメリカ編1・フーバー大統領と保護貿易〜
・ブロック経済前夜6 〜イタリア編〜
・ブロック経済前夜7 〜アメリカ編2・ルーズベルト大統領と金貸しとのつながり〜
現在の金融破綻によってハイパーインフレへの懸念が沸き始めていますが、日本においても起きてしまうのでしょうか?
分析する上で、過去史上最悪のハイパーインフレとして引きあいに出されるのが
第一次大戦後のドイツでの例です。
第一次世界大戦は、1914年から18年に掛けて、ヨーロッパを主戦場として戦われました。
敗戦したドイツでのインフレ率の上昇が激しくなったのは、第一次大戦終結から5年たった、1923年の事です。前年からドイツを襲っていたインフレが其の年の10月に入って一段と激しさを増すことになります。
一体どんな状況だったのでしょうか?
気になる方はクリックしてからお願いします :-)

(さらに…)

  投稿者 tutinori | 2009-06-16 | Posted in 07.新・世界秩序とは?2 Comments »