2010-06-11

『ユーロ発国家財政危機の行方』2.小国ギリシャの危機がなぜユーロ危機につながったか?

ギリシャ危機がPIIGSのスペインに波及し始めています。
mai_20100609k0000e030018001c.jpg
スペインの貯蓄銀行カハスールを中央銀行の管理下に置くと発表。(5月22日)
これを受け翌週の24日、ユーロが急落するなど金融市場は混乱しました。
また、英米格付け会社フィッチレーティングスがスペイン国債を格下げ(5月28日)
を発表し、更に混迷を深めて行きます。
そして最近のハンガリーからは、
>2年前の金融危機で国際通貨基金(IMF)の経済支援を仰いだハンガリーの
政府与党幹部の「わが国の財政にもギリシャ同様の粉飾があった」との不用意な
発言が世界市場を激しく揺さぶっている。欧州連合(EU)加盟国の同国は
欧州単一通貨ユーロには未参加だが、欧州の信用不安が再燃して外国為替市場で
ユーロが再び急落した。
「ハンガリー不用意発言 世界市場に衝撃広げる」から引用
小国ギリシャ発の「ユーロの信用不安」が止まらない。この構造は
一体どのようなものなのでしょうか?
:roll: :roll:
いつものブログ応援よろしくお願いします。

(さらに…)

  投稿者 sakashun | 2010-06-11 | Posted in 未分類 | 3 Comments »