2010-06-02

BRICs徹底分析〜中国編その3.経済挫折は政変(指導交代)により起こる?

前回は、中国経済の弱点、3つの格差問題を分析しました。 
 
現在の胡錦濤・温家宝政権の内陸部重視政策、或いは農村重視政策により、地域格差と都市/農村格差は、一定の改善が図られつつあります。しかし、所得格差は、中国の社会体制(共産党主導体制)と密接に絡んでいる為に、いまだ、改善見通しがついていないのです。 
 
今回は、中国の社会体制・共産党指導のあり方が、いかに、経済挫折とつながっているのか、みてみます。中国共産党が、中華人民共和国を建国して以来の経済状況と政変(指導者交代)の推移を歴史的にみていきます。 
 
1.過去5回の経済挫折は、政変が原因で起こった
2.90年代末の成長率鈍化は、どうして起こったのか?
3.2008年の世界金融恐慌に対処する財政出動の陰にある路線対立 
 
そして、次回には今後の政治体制の安定度、しいては、経済の挫折が起こるのかどうか、中国バブルの崩壊はあるのかを分析します。 
 
ところで、5月31日〜6月1日の3日間、温家宝首相が日本訪問を行いました。 
 
この温家宝氏は、今回登場する3代の共産党指導者(総書記)、胡耀邦、趙紫陽、江沢民の秘書長(共産党中央弁公庁主任)を務め、政治的混乱が如何に経済成長を挫折させるかを身をもって知っている人物です。 
 
  china301.bmp 
  代々木公園で太極拳の練習を行う温家宝首相
  (写真は、人民網日本語版の配信、温家宝総理が東京で市民と一緒に太極拳リンクから) 
 
いつも応援ありがとうございます。クリックを! 
 
     
 

(さらに…)

  投稿者 leonrosa | 2010-06-02 | Posted in 07.新・世界秩序とは?2 Comments »