2010-12-13

連載!『中国は誰が動かしているのか?』 7 中国に設立された銀行の歴史から英米金融資本家と華僑・客家及び中国政府との関係を見る

410px-2007-10-11-BoB-CL.jpg

                   <ここからお借りしました>
前回の投稿「19C中国に進出する英金融資本、中国の闇勢力が結託して倒清」で、巨大帝国中国には、その帝国支配を良しとしないor金儲けを狙う古来からの勢力が存在し、彼らが英米国際金融資本と同調して、内部から扉をこじ開け、そして中国は市場化され侵食されて来た構造を見て来ました。
■次回は中国に設立されてきた金融資本の銀行から、彼らの動きを見ていきます。
と提起されています。
 今回は「中国の歴史」と「英米金融資本家と華僑・客家及び中国政府の動き」及び「中国の銀行の動き」を【年表】(←今回の売り!?)を追いながら見て行きます。
以下の銀行株の時価総額ランキング上位10社を見てください。2009年のトップ3は中国国有商業銀行が独占し、その次が英国国政金融資本のHSBCです。2008年のトップ5も順位は入れ替わるものの、ほぼ同じ銀行が入っています。これは何を意味するのでしょうか?

<ここからお借りしました、画像をクリックすると大きくなります>
今までの記事はこちらです
連載開始!『中国は誰が動かしているのか?』 1 — プロローグ—
連載!『中国は誰が動かしているのか?』2.中国ってどんな国1
連載!『中国は誰が動かしているのか?』3.中国ってどんな国2
連載!『中国は誰が動かしているのか?』4 欧米の闇勢力による対中国シナリオは?
連載!『中国は誰が動かしているのか?』5 欧米の闇勢力と中国内部派閥の関係は?
連載!『中国は誰が動かしているのか?』 6 19C中国に進出する英金融資本、中国の闇勢力が結託して倒清へ
いつものお願いします :D
ありがとうございます :wink:

(さらに…)

  投稿者 sakashun | 2010-12-13 | Posted in 07.新・世界秩序とは?4 Comments »