2010-12-22

【シリーズ:新しい認識だけが、現実を変えていく】(10)〜残る観念は頭で塗り替えたら終い〜

%E5%A4%A9%E5%8B%95%E8%AA%AC%E3%81%8B%E3%82%89%E5%9C%B0%E5%8B%95%E8%AA%AC%E3%81%B8.jpg
●天動説から地動説への転換は大きなパラダイム転換だった!!
【シリーズ:新しい認識だけが、現実を変えていく】で扱ってきた内容です↓
(1)〜必要意識⇒課題意識には、不全発と可能性発の二通りある!〜
(2)〜不全発の『変革の必要』から、実現発の『認識の必要』への大転換〜
(3)〜社会運動の総括1 現実否定の自己欺瞞〜
(4)〜社会運動の自己欺瞞〜
(5)〜現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ〜
(6)〜現実否定の倒錯思考〜
(7)〜現実とは、人々の意識である〜
(8)〜実現基盤を摘出できない、現実否定の「構造認識」〜
(9)〜現実、その下部意識と上部意識〜
今回扱う「〜残る観念は頭で塗り替えたら終い〜」を読んでみると、まず文中の「パラダイムって」言葉って何だろう?!って疑問が浮かんできました。
一般に「思考の枠組み」という風に解説されている言葉ですが、茫洋としていてわかったようでよくわからない :roll: 言葉です。
でも、それを、
「パラダイム=潜在思念の統合様式」と考えてみたら、思いの他スッキリ :D とつなげて考えられるようになりました。
その時代の外圧に適応すべく、潜在思念がとらえた新たな可能性に導かれて思考し、その時代にあった観念が生み出されていく。だから外圧が転換すればパラダイムも転換するし、常に可能性に向かって行くから、不可逆的になるんですね!!
外圧は既に私権から次の圧力へ変わってます。それに見合った観念を生み出すにはどうしたらいいのか?今の時代の状況はどうなっているのか?がわかる『観念パラダイムの逆転6 残る観念は、頭で塗り替えたら終い』を紹介します☆
続きを読まれる前にクリックお願いします

(さらに…)

  投稿者 shijimi | 2010-12-22 | Posted in 07.新・世界秩序とは?5 Comments »