2011-03-09

シリーズ「食糧危機は来るのか?」5〜食糧高騰は脱市場をもたらす契機となりうるか〜

農林水産政策研究所(農林水産省)が、先月18日に公表した「2020年における世界の食料需給見通し」によれば、価格高騰した2006年当時に比べて高い水準で食糧価格は上昇基調に推移すると見込まれている。
実際、私たちの生活にも徐々にその影響が出ている。例えば「東京のくらしWEB」にあるように、生鮮食品であるレタス、たまねぎ、卵のほか、小麦(パンやパスタ)、食用油などの価格も上がっており、これら日常的な食糧品の価格上昇をスーパーで実感される方も多いのではないだろうか?
今後この食糧価格はどの程度高騰するのか?
先のレポートでは2020年までに世界の穀物が、なんと2008年に比べ名目で24〜35%、実質で3〜14%上昇するという予測結果となっている。(以下)

主な要因として、
・アジアを中心とした新興国・途上国の人口の増加
・同地域における食用・飼料用需要の拡大
・バイオ燃料の原料用
が挙げられている。
現在の日本はデフレ真っ只中。当ブログでは、開設当初から「1970年以降(日本の)市場は縮小した」と述べ続けてきたが、もはやこの現象事実は、誰もが認めるところだろう。
そのデフレ日本社会における食糧価格の高騰、これはやはり食糧危機の前兆なのか?
(否、その危機にこそ日本社会や農業が変わる契機が隠されているはず!)
いつもありがとうございます。
るいネット
メルマガ

(さらに…)

  投稿者 pipi38 | 2011-03-09 | Posted in 01.世界恐慌、日本は?No Comments »