2011-04-07

経済破局を超えて、新しい政治経済への仕組みへ 第13回 当事者意識が噴出した、名古屋のどえりぇあ革命!

前回は、膨大な米軍基地とその基地に依存する経済という厳しい現実に直面している沖縄が、米軍基地の軛を脱し、自立して行こうとする動きをみてみました。 
 
今回は、河村たかし市長が率いる「名古屋市民」が成し遂げつつある『庶民革命』を扱います。 
 
人々の意識は、既に、『既存の特権階級(政治家、官僚、学者、マスコミ)には、物事を任せておけない。自分達のことは自分達で動かさないと可能性は開けない』というところまで達しています。すなわち、当事者意識の顕在化です。 
 
参考 るいネット超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリはいらない 
 
この当事者意識を思い切って浮上させたのが、河村たかしの名古屋市長への転戦です。 
 
河村たかし氏は、5期務めた衆議院議員を敢えて辞職し、市長選に撃ってでました。 
市長選の主張は、「名古屋でどえりぇあ革命をおこそう!」、「市民税を10%減税する」、「地域委員会を市の全地域につくる」、「議員の報酬を大幅に引き下げ、職業化した議員を放逐する」という勇ましさでした。 
 
河村たかし氏の名古屋ことばで発する言葉は、顕在化しつつあった当事者意識に火をつけ、「名古屋が変わる」、「名古屋を変えることができそう」となって、河村たかし氏を圧倒的多数で、市長に選出しました。 
 
  1.jpg 
 
  写真はリンクからお借りしました 
 
河村たかし氏が構想する「どえりぇあ革命」の仕掛けが、典型的に出てきている「地域委員会」とはどんなものか、以下に見ていきます。 
 
1.公選による委員の選出(社会活動の新しい担い手を引き出す) 
2.多様な力の結集による地域課題への取り組み(社会が必要とする課題と仕事の発掘) 
3.予算執行権の移譲(減税で、社会的なお金の循環を組み換える) 
 
本文に行く前にクリック! 
 
 
 

(さらに…)

  投稿者 aruih | 2011-04-07 | Posted in 01.世界恐慌、日本は?5 Comments »