2011-04-29

【韓国経済の光と闇】IMFの国家支配~Ⅱ.’97アジア通貨危機とは何か?

%E8%90%BD%E3%81%A8%E3%81%97%E7%A9%B4%EF%BC%88%E3%83%89%E3%83%AB%EF%BC%89.jpg
こんにちは!「韓国経済の光と闇」シリーズ二回目です :D 前回は、GDP成長や輸出増など、「韓国経済が好調だ!」という事例をあげるとともに、一方では自殺者や失業率増加、異常な教育熱など「本当に好調なの?」という事例もあげました。

ここで、再度データを眺めて みると、概ねどのデータも共通して1998年前後に大きな変化が現れていることがわかります この1998年に見られる変化の原因は何でしょうか
【韓国経済の光と闇】IMFの国家支配〜Ⅰ. 韓国経済の現状より)

その原因として考えられるのが、1997年に起こった、「アジア通貨危機」です。
アジア通貨危機とは、’97年に、タイ・バーツの暴落を皮切りに起こった、アジア諸国の通貨暴落のことをいいます。これによって、アジア諸国では急激に経済状況が悪化しました。
今回は、なぜ、’97年、アジア通貨危機が起こったのか?それは、どのような影響を及ぼしたのか?を見ていきます。そして、その中で金貸しは、どのように関係していたのか?に迫っていきたいと思います。
続きが気になる方は、ポチっと応援クリックをお願いします
 

(さらに…)

  投稿者 kayama | 2011-04-29 | Posted in 未分類 | 4 Comments »