2011-06-13

ブログ『(新)日本の黒い霧』の紹介−(6)救助開始前に現場に現れた謎の部隊

ブログ『(新)日本の黒い霧』を紹介する第6回
◆過去の記事
第1回 (1)戦争の実像
第2回 (2)圧力隔壁説も自衛隊撃墜説も真実ではない
第3回 (3)墜落を知りながら意図的に発表を遅らせた米軍・自衛隊
第4回 (4)「事故直後に墜落機を発見」アントヌッチ証言の真偽は?
第5回 (5)墜落現場周辺で発見された驚愕の物的証拠とは?
123便の推定墜落時刻は8月12日18時56分、「公式発表上」の話では、「測定に誤差はつきもの」「現場を確認しても地図に落とすのは難しい」などの理由から、現場特定に10時間もの時間を要した結果、実際に救助隊が現地入りした時刻は墜落から約14時間後の13日午前8時半前後になりました。

%E4%BA%8B%E6%95%85%E7%8F%BE%E5%A0%B4%E8%88%AA%E7%A9%BA%E5%86%99%E7%9C%9F.jpg
画像はこちらからお借りしました

ブログ管理人は、墜落後10時間もたって現場が特定された裏側には、米軍と自衛隊の深い関与の存在を指摘していましたが、前回紹介したエントリーで取り上げられた数々の物証から、現場では複数の軍用機が入り乱れた空中ミサイル戦が行われた可能性が極めて濃厚になりました。
(米軍・自衛隊はミサイル戦の事実を隠蔽するために、意図的に事故現場発表を遅らせたと言える)
ブログ管理人は、ミサイル説を推測するにあたって、墜落事故直後、一早く現場に入った民間人(M氏)の証言を引き出しています。
M氏は事故の速報を知るやいなや、仲間と共にバイクに跨って自宅を飛び出し、途中から徒歩に切り替えて13日午前4時ごろに現地へ到着しています。
(救助隊が到着する4時間半前の状況を掴んでいます。)
その時の様子は?
続きに行く前に応援のクリックをお願いします :D
    

(さらに…)

  投稿者 wabisawa | 2011-06-13 | Posted in 未分類 | 4 Comments »