2016-05-25

2016年世界情勢はこうなる!5~ヒクソスのユダヤ教は「奴隷の管理」が目的の宗教~

ヒクソス ルシファー

サバタイ系ユダヤ教は、ヒクソスがつくり上げた「奴隷の管理」が目的の宗教だという。神に位置するのがヒクソス民族で、この連中がドイツからアメリカに渡り、世界を支配してきたとのこと。

その中心地が「ワシントンD.C.」とのこと。「ワシントンD.C.」は「コロンビア特別区」と訳され、(バチカン市国と同じ)アメリカ国内に存在する「もう一つの独立国家」とのこと。(これは次回詳しく扱います。)

 

また、ヒクソスの「神」としての存在基盤は「知恵」であり、他が追随できない「オーバー・テクノロジー」、つまり「科学技術」であるとする。これはナチス・ドイツも同様。

 

しかし現在は、科学技術の領域ではロシアが圧倒しており、その意味でも、「闇の支配者」:ヒクソス系ユダヤ教→現在のグノーシス派イルミナティが、「支配」に傾注する余り(科学技術への)思考を閉塞させたということは、自らの首を絞め「神」としての存在意義を失ったと見てとれるだろう。

 

以下、崩壊するアメリカ 巻き込まれる日本~2016年、新世界体制の樹立~(ベンジャミン・フルフォード著)からの紹介です。

****************************

◆ユダヤ民族を奴隷化したサタン信仰の民族ヒクソス

 ヒクソスは、謎の多い民族で、歴史学上では紀元前2000年頃、現在から4000年前にトルコ・シリア・パレスチナ地方に起源を持つ雑多な人々の集団であったといわれている。歴史の表舞台に登場するのは古代エジプト第2王朝時代。突如、エジプトに乗り込んで、この時代、高度な文明で繁栄してきたエジプトを滅ぼし、支配した。いわゆる征服王朝の民族なのだ。

 

ヒクソスについては、(以前の著書)でも取り上げた。ヒクソスのオーバー・テクノロジーを紹介するためだ。それが複合弓(コンポジット・ボウ)で、木材だけでなく、動物の骨や腱、革など、反発力の違う素材を組み合わせた強力な弓のこと。この複合弓は、最盛期のモンゴル帝国時代、600メートル以上の飛距離を誇った。これはカーボンなどの現代の新素材を使った複合弓と比べても遜色ない。いわば10世紀にして、現代にも通用する最高レベルまで完成した、まさに「オーバー・テクノロジー」であったのだ。

 

その結果、紀元前後には登場していた「銃」は、この複合弓によって駆逐され、15世紀になるまで武器として発展しなかった。銃の歴史は、単なる殺戮の歴史だけでなく、銃の普及によって市民革命をもたらした側面がある。17世紀まで市民社会が形成できなかった理由の一つに、ヒクソスがもたらした複合弓の存在があるのではないか、と指摘したのだ。

 

複合弓という最新兵器を手にしたヒクソス派、当時の先進国であった古代エジプトを支配する。それだけなら、世界史に登場する征服王朝の民族の一つに過ぎない。問題なのは、どうやら、ヒクソスが「ヘブライ人」を作り出した可能性なのである。約1世紀にわたるエジプト支配後、ヒクソスはエジプトを離れて中近東へと戻ってくる。その時、奴隷として一緒についてきたのが「元祖ヘブライ人」つまり、民俗学的な意味でのユダヤ人であったといわれているのだ。

 

(中略)

にほんブログ村 経済ブログへ

さてヒクソスの奴隷たち、つまりエジプトから連れてきた元祖ヘブライ人たちは、もともと太陽を崇拝していた。それが、ユダヤ教を信じるようになり、正確に記すならば一神教に改宗した。そうさせたのが「ご主人様」であったヒクソスといわれているのだ。

 

要するに奴隷として支配するための道具(ツール)としてヒクソスは、自分達にとって都合のいい「一神教」をでっち上げた、と言っていい。さらにヒクソスは、ユダヤ教徒の信じる「神」(ヤハウェ)の存在になりすましていたと考えられるのである。

 

こうした可能性が出てくるのは、ヒクソスには神に対する独自の価値観があるからだ。

古代に於ける神は、ある意味、純朴だ。すごいモノをすごいと崇め、大切にする。神道のある日本人には理解しやすいだろう。ゆえに多神教のアミニズム(自然心信仰)となりやすい。

 

ところがヒクソスの考え方は違う。神とは「自らの願望を実現する存在」と割り切り、もっといえば「神とは自分が作り上げるもの」とすら考えていたようなのだ。

 

事実、エジプト征服時代のアブ・シンベル宮殿では、太陽の運行と光線を緻密に計算して仕掛けられた光のショーを見ることが出来る。紀元前2000年代のことである。当時の古代人が見れば、まさに「神の技」と思うことだろう。それをなしたヒクソスをもまた、彼らは「神」と信じて、神と同様、崇めてきたはずだ。ヒクソスにとって神とは、ほかの奴隷民族に自分達を神と信じ込ませて、支配するための道具。そして神の聖性は自分たちの「知恵と力」で作り出せばいいと考えていたようなのだ。

 

ここで面白いのは、奴隷たちに対しては、自らを「神」として崇めさせてきたヒクソスにも、唯一、信仰する「神」がいたことだろう。

 

ヒクソスの神は、ヤギの頭、日本の尾を持っていた。その姿は、今日で言う「悪魔(サタン)」そのものだ。よほど彼らにとって大切だったのだろう。エジプトを征服していた時代、この神をエジプト人が信じてきた「セト神」と融合させ、最上級の神と決めている。その「セト」という言葉が「サタン」(悪魔)という名前の由来となっていく。

 

だんだん、わかってきただろう。

 

ヒクソスは小アジアといわれるトルコ・シリア・パレスチナ地方周辺の遊牧民の一族であった。そして自らを「神」とする宗教観を持ち、それゆえに科学技術に長けていた。神となるには、神にしか出来ない技術が必要となる。それを実現するには「知恵」が必要と分かっていたからである。そのヒクソスの神業の一つが、先に紹介した複合弓だ。当時の人からすれば、とんでもない威力の弓は、まさに神の力であったことだろう。

 

自らを「神」、或いは、その神の代理人「ファラオ」(王)と位置づけてきたヒクソスは、もともと遊牧民なので、自分達以外の人間を「家畜」と見なすようになる。

その家畜(人間奴隷)を管理する技術、あるいは道具としての人々の信仰心を利用する。それが民族としてのヒクソスの帝王学なのだ。彼らが神を冒涜する行為を平然とできるのは、もともと神など「道具の一つ」と考えているからだ。

 

ともあれヒクソスは、特定の民族や国家全体を「家畜化」する手腕を歴史の中で磨いてきた。そして「家畜」ではないヒクソス=神に類する存在としての一族という証明として「サタン」をシンボルにしてきた。彼らのサタン信仰は、自分がヒクソスである存在証明なのである。彼らの悪魔崇拝=サタニズムは、人を人と思わず、神を神と思わないという意味で、実に正しい表現といわざるを得まい。

 

さて、このヒクソスのサタニズムは、中世のキリスト教やイスラム教でルシファーと区別がなくなっていく。当時の人が区別できなくなったのか、ヒクソスが区別させないようにアレンジしたのかは定かではないが、いずれにせよ、同じ「悪魔」となった。宗教学上は、大天使だったルシファーが「堕天」してサタンという悪魔となったとしている。

 

 

◆ヒクソスの世界支配を実現するための組織がナチス

 

ヒクソスによって古代ユダヤ人が作られ、一神教のユダヤ教が生まれる。これが古代ユダヤである。旧約聖書に登場する神が妙に生々しく浴深いのは、その神そのものがヒクソスを意味するからなのだ。

その後、ヒクソスは歴史の陰に潜み、「神」、あるいは神の代理人である「預言者」となってユダヤ人を支配し続けた。

 

ヒクソスの関係者から直接、聞いた話だが、ヒクソスは支配する奴隷(民衆)を管理するために「神」やそれに類するシンボル(リーダー)をでっち上げ、それを裏から管理するという帝王学を持っているという。

 

表舞台に立つのは常に傀儡であり、それを裏から動かし、奴隷が反発すれば、頭だけすげ替えて同じことを繰り返すわけだ。さらに、ヒクソスの帝王学には「なりすまし」による「乗っ取り」も推奨されている。少数で組織に潜り込んで傀儡のトップを作り、組織全体を支配するという。

 

そう考えればユダヤ教を祖とする一神教は、もともと「奴隷の管理」が目的の宗教と分かるだろう。絶対的かつ唯一の神を信じさせ、その神の「言葉」で人々を支配する。信じない人間は異教徒として殺す、あるいは「最後の審判」で地獄に落ちる、そう脅す一方で、神の教えを受け入れたものは苦しみも悲しみもない天国(千年王国)で救済されるという甘い言葉で誘うわけだ。

 

あとは時代や地域、文化ごとに「預言者」を登場させて、時代や文化にあった「支配の言葉」を付け加えていく。

さらに細かい宗派で地域文化に合せたカスタマイズをする。

ユダヤ教系一神教の神は「迷える羊たちを導く羊飼い」と呼ばれている。そしてヒクソスは、自らの民族をこう名乗ってきた。―――羊飼いの王、と。

 

さて、ユダヤ王国が滅びると、ヒクソスの帝王学を学んだローマ王族達は地中海ヨーロッパ(ローマ帝国の勢力範囲)向けにローマ教会、アラブ中近東向けにイスラム教を作っていく。

 

一方で、ヒクソスは元祖ユダヤ教の復活を図っていく。ユダヤ教こそが、最も「奴隷化」に優れているからである。その新ユダヤ教徒としてターゲットにしたのが、先にも紹介した東欧圏。それがハザールであり、サバタイの源流となる。新しいユダヤ教で徹底的に洗脳した新奴隷=アシュケナージは、しだいにヨーロッパ中へ広がっていく。

 

繰り返すがヒクソスの思想は、自ら神と同じ存在となり、それ以外の全ての人間、つまりサタンを受け入れない人間を「家畜」とみなす。その「神」となるのは、自らの叡智から作り上げた最新の科学技術だ。

そこで思い出してほしい、ナチス派の特徴は、科学技術による人工的な進化、超人となって人類を支配し、劣等民族を殺して世界を再構築する。

驚くほどヒクソスの思想と同じことに気付くだろう。

いわばナチスとは、ヒクソスの世界支配を実現するための「組織」であったのだ。

 

ヒクソスの行動原理を理解すれば、「闇の支配者」やイルミナティ、今のアメリカの残虐非道な行為もまた理解できる。逆にヒクソスを認識しないかぎり、今のアメリカの狂気も認識できないのである。

2015年3月まで、アメリカはヒクソスの「サタニスト」に乗っ取られていた。その数は、せいぜい100万人に過ぎない。

その少数のサタニストがアメリカを乗っ取り、そのアメリカが先進国を管理し、先進国が中進国、途上国を支配するというのが、これまでの世界のあり方だった。ヒクソスのサタニストたちが、たかが100万人レベルで超大国アメリカを支配できているのはアメリカが「世界」を管理する道具として作られた擬似国家という側面が大きい。最初から少数で管理できるように制度設計されているのだ。それがプロローグで述べたワシントンD.C.なのである。

List    投稿者 tasog | 2016-05-25 | Posted in 07.新・世界秩序とは?, 08.金融資本家の戦略No Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2016/05/4785.html/trackback


Comment



Comment


*