2011-06-27

ブログ『(新)日本の黒い霧』の紹介−(11)日本を代表する企業の工場群と基地が一体化?

ブログ『日本の黒い霧』を紹介する第11回。
◆過去の記事
第1回 (1)戦争の実像
第2回 (2)圧力隔壁説も自衛隊撃墜説も真実ではない
第3回 (3)墜落を知りながら意図的に発表を遅らせた米軍・自衛隊
第4回 (4)「事故直後に墜落機を発見」アントヌッチ証言の真偽は?
第5回 (5)墜落現場周辺で発見された驚愕の物的証拠とは?
第6回 (6)救助開始前に現場に現れた謎の部隊
第7回 (7)日航機事故生存者の命を奪った集団の正体とは?
第8回 (8)JAL123便が運んでいた積荷の正体とは?
第9回 (9)日本は事実上の核保有国?
第10回(10)御巣鷹山に潜む国営テロ集団の秘密基地とは?
123便墜落現場から上がった物証や証言を丁寧に検証した結果、当時123便には糜爛性毒ガスの原材料や、国産核弾頭ミサイルが積載されていた事実が浮かび上がり、その積載物を巡っての、3国間の戦闘機が入り乱れた空中ミサイル戦に巻き込まれた可能性が極めて濃厚になっています。
そこで、ブログ管理人は、123便に危険物を積み込んだ集団の正体と狙いに迫っていきます。
ブログ管理人とその協力者S氏は、追求を継続しながら、幾多の妨害工作を掻い潜りつつ、一方では受けた妨害工作から得た情報をヒントにして、遂に集団の正体を特定し、それらが旧帝国陸軍閥の支配下にある国営テロ集団であることを突き止めるに至ります。
前回紹介したエントリーでは、その国営テロ集団の更なる追求に入った結果、事故現場付近に建設された「神流川発電所」が、国民には秘密裏に軍事要塞化されている可能性を言及するに至りました。
今回紹介するエントリーでは、上記発電所の他、国営テロ集団の基地について現地調査を交えながら、追求しています。
そこから、軍事施設の周りには、日本を代表する企業群が集結し、国営テロ集団と企業の連携が非常に親密になっているであろうという状況が詳しくレポートされています。
続きに行く前に応援のクリックをお願いします :D
    

にほんブログ村 経済ブログへ


JAL123便墜落事故-真相を追う-蘇る亡霊(4)より
(赤字は引用者による)

先週末から今週明けにかけて、上野村への取材を敢行するS氏への妨害がより悪化しました。行く手の妨害にとどまらず、自宅の周りを数分おきに巡回する念の入れようで、多少の危険にはひるまないS氏も、しばらく取材から離れての逃避行を考えました。
私も避難場所の手配などをしましたが、どこに逃げたところで、日航機事故の真実を隠蔽しようとする勢力がのさばっている限り、この国の将来が暗澹たるものであることに何ら変りはない、それだったら出来る限りのことをしてみよう、そのような思いで、今週も毎日現場に向かっています。ですから、彼との連絡はほとんど生存確認みたいになっています。私も、彼のひたむきな行動をサポートするためにも、取材で得た事実をどんどん公開していきたいと思います。
幸いなことに、彼の活動を知る地元の方から「ブログの更新はまだか」「早く真実を表に出してくれ」と声を掛けていただけるようになりました。私、そしてS氏もそのような応援が一番の励みです。500人以上の犠牲者を出した大事故(本当は事件)が、疑いを残したまま放っておかれて言いはずがありません。犠牲者、その遺族・関係者、そして現在に至るまで理不尽な圧力を受けている地元の人々のためにも、真実追求の声を大きくしていくべきです。
■熊谷基地視察レポート
先週21日、S氏に同行して上野村に取材した帰り、このブログで何度も取り上げた、航空自衛隊熊谷基地に向かいました。予想はしていましたが、夜中の11時過ぎ、片道2車線の国道140号線に入ってからは、前後、脇とも妨害車両に囲まれ、そのほとんどが電子銃搭載車で、不快電磁波を始終浴びせられ続けました。電磁波攻撃に耐性がある(鈍いだけですが)私でも、激しい脱力感を覚え、運転をしているS氏にいたっては視線が定まらないたいへん危険な状況に陥りました。
これまで、反応を調べるため他の自衛隊の基地、駐屯地の前に接近したことがありますが、こんな手荒い出迎えを受けたのは、北富士や富士駐屯地を構える静岡県、山梨県以外ではここだけです。これじゃまるで、「俺達には隠し事がある」と教えてくれているようなものです。ふらふらになりながらも、ますますこの基地を見ずには帰れないという気持ちが高まりました。
さて、それでもとにかく、熊谷基地前にあるコンビニに駐車して、駐車場から基地の概観を観察しました。一瞥して最も気になったのは、基地脇の工場に大きな煙突があること。目測で高さがおおよそ50mくらい、直径3,4mくらいでしょうか。あとは基地内にありふれた通信用の電波塔が一本立っていました。
目立つ構造物の観察の後、基地の周りを一周しましたが、特に印象深かったのは、とにかく官舎が多いこと。まるでどこぞの団地みたいな様相を呈していることです。4〜5階の中層の官舎が基地内の外周部に続いており、人数でいったら2,3千人、それ以上は住んでいるのではないかと思われる規模です。事務棟は基地の中央部にあるようで、印象としてこれだけの人数をいったいどこに収容するのだろうかと心配になってしまいました。
以上、概観としては、目立った軍事施設はなく平和的な雰囲気すら漂う基地なのですが、下の写真1を見ると「んんん?」と唸ってしまいます。
%E9%9B%BB%E6%B3%A2%E6%A3%9F%E3%81%AB%E6%8E%A5%E8%BF%91%E3%81%99%E3%82%8B%E7%85%99%E7%AA%81%E7%BE%A4.jpg
写真1:電波棟に接近する煙突群
写真1は、同基地で毎年4月に開催される「さくら祭り」の見学者がネット上に掲載していたものです。電波塔と煙突が随分と接近していることがわかります。その間ざっと300mくらいでしょうか。パラボラアンテナは煙突の方向を向いていないので一見問題なさそうですが、いくら何でもこの近さでは、一般通信で電波障害が出るでしょう。通信隊を抱える熊谷基地としては、煙突建設時に苦情を出さなかったのでしょうか?
%E7%85%99%E7%AA%81%E9%96%93%E3%82%92%E3%81%8F%E3%81%90%E3%82%8A%E6%8A%9C%E3%81%91%E3%82%8BUH-60%E3%81%AE%E3%83%87%E3%83%A2%E9%A3%9B%E8%A1%8C.jpg
写真2:煙突間をくぐり抜けるUH-60のデモ飛行
ああ、写真2のこれはいけませんね。民間の構造物を使って危険飛行ですかぁ?煙突の所有者である隣の工場(日立金属)さんは、よくこんなことを許しましたねぇ。事故でもあった日にはいったいどうするのでしょうか。この件で、国際軍事評論家のB氏に、自衛隊機が民間施設を使ってデモ飛行することがあるのか尋ねてみました。
「通常では有り得ません。こんな芸当ができるのは、その工場と基地とが一体化しているということなのでしょう。」
基地と一体化・・つまり、日立金属さんの工場は熊谷基地の一部?
そこで、Googleマップで熊谷基地の航空写真(写真3)を確認してみました。

写真3:熊谷基地の航空写真(Googleマップ)
※引用者注:画像はポップアップにしています。
何と、基地の周りの工場群ですが、日本を代表する企業ばかりです。特にB氏の目を惹いたのは東京精密さんです。
「この会社は、軍事兵器の目となり耳となる非常に高精度の測定器や観測器を生産する会社です。世界でも有数の技術レベルを有しており、この会社の技術なくして、高性能の軍事兵器は作れません。ロシアや中国も喉から手が出るほどここのノウハウが欲しいでしょうね。私がもしも他国軍の参謀だったら、まず日本の技術基盤である民間工場を爆撃する計画を練りますが、その第1弾を落とすとしたら間違いなくこの会社です。」
B氏は何だか恐ろしいことをおっしゃってますが、それだけ東京精密さんの軍事技術力を高く評価しているということです。
他に世界的光学機器メーカーのニコンさん、特殊鋼で有名なJFEさん、特殊鋼から原子力関係部材まで幅広く手がけている日立金属さん、塗料大手のアサヒペイントさん、これだけ有力企業が揃っていれば、このエリアだけでいつでも軍需生産基地に転換可能ですね。しかも、太平洋セメントさんもいらっしゃるから建材についても問題なし。ロジスティックス、食料の供給、そして、女性自衛官用化粧品の調達を独占している資生堂さんまでも含めて、有事の際には完璧の布陣です。しかも運転免許センターや基地内のグランドはいつでも滑走路に転用可能なようです。
もしかして、官舎に住まわれている大勢の隊員さんは基地内の事務棟ではなく、こちらの工場に出向しているのでは?・・・すみません、B氏から、自衛隊には予備役的な階級が存在し、隊の籍を外して民間に出向できる制度があると聞いたもので。それだったら兵器開発の秘密漏洩防止から闇資金の工面まで、ちょうどいいなぁと思わず勘ぐってしまっただけのことです。
以上、周辺工場と基地が一体化しているかどうかはわかりませんが、いつでもすぐに一体化できそうな素地が整っていることはよ〜く分かりました。
■Googleマップに写らない煙突
さて、写真3を見るとちょっとおかしなことに気が付きます。あの日立金属さんの巨大煙突が写っていません。巨大煙突はAのエリアにあるはずなのですが。それから、熊谷基地の電波塔も写っていません。もっともこちらは明らかに軍事施設ですから、Googleさんもそれなりに配慮したと考えられるのですが、なぜ民間の煙突まで?
煙突が竣工したのは、2007年の春頃から2008年にかけてですから、衛星写真が古いという理由はちょっと考えにくいです。これには何か特別な事情がありそうです。神流川発電所の例を参考にすれば、もしもこの煙突が軍事施設だとすれば、米国側が何か意図を持って掲載を控えたとも考えられます。
B氏に、仮にこの煙突が軍事施設だとしたらどのような目的が考えられるか尋ねたところ、
「管制レーダーに使えるのはもちろん、これだけの高さがあれば、潜水艦交信用の長波長アンテナとしても利用できますね」
との回答をいただきました。もしも、そうだとすると、米軍や海上自衛隊の潜水艦と交信するためにわざわざ民有地の中に煙突に偽装した長波長アンテナを設置する意味がわかりません。B氏によると、この規模ならオホーツク海や北氷洋の海中とも交信が可能だとのことなので、一番考えられるのがロシア潜水艦との交信ということになりますか。もっとも、これはあくまでも仮定の話ですので、念のため。しかし、完成からほぼ2年を経過しようとしているこの煙突、私がこの目で見たときも、排煙口の周囲が全く汚れておらず、完成したばかりのようにピカピカでした。少なくとも何かある煙突だとは言えそうです。
* * *
本来、私たちは日航機事故の件を追っていただけなのですが、どうして熊谷基地とここまで関るようになってしまったのか。事の発端は私たちの周りにウヨウヨと集まり、調査活動を激しく妨害する車両に「熊谷」ナンバーが多かったことなのですが、この「熊谷」さんたち、日航機の件を探られるのがよほどお気に召さないようです。このような彼らの反応から導かれる結論はただ一つ、「熊谷」も日航機事故の隠蔽に深く関与した一味だということです。そして、あの事故のときだけでなく、現在もまた、日本の再軍備化、軍政化を目指して懲りずに蠢き続けているようなのです。
あなたたちを「自国民に刃を向けた売国隊」と呼んだのは、あながち間違っていないと思いますが、如何でしょうか?もっとも現役の若い隊員さんは、日航機事故のことなんか何も知らず、ただ命令のままに動いているだけでしょうけど。私が名指ししているのはあくまでも日航機事故当時(1985年)、そしてオウムサリン事件当時(1995年)に暗躍した現在幹部の皆さんたちのことなのですよ。
この両事件に共通するのは毒ガスですが、私たちは、事故発生後の毒ガス使用を示唆する重要証拠を入手しました。これについては、精密分析の後に読者の皆様に公表することになるかと思います。なお、この情報はあちら側にも入ったようで、一昨日から、「大宮」ナンバーの車が数台、大慌てで雪積もる現地に向かい回収作業に血眼になっている模様です(S氏報告)。

ブログ管理人の言う国営テロ集団が、複数の企業群と密接に関わる基地を持ち、神流川に秘密基地を持ち…
その狙いが、「日本の再軍備化・軍事政権化にある」という、今後の日本の行く末を大きく左右しかねない、重要な認識が提示されています。
次回は、ブログ管理人が末尾で触れている「毒ガス」使用証拠について、現地からの物証をもとに追求を深めていくことになります。

List    投稿者 wabisawa | 2011-06-27 | Posted in 未分類 | 4 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2011/06/1643.html/trackback


コメント4件

 日本人が楽しむスポーツベッティング | 2012.10.09 17:36

2012アメリカ大統領選挙 −日本人が楽しむスポーツベッティング−

こんにちは。苦麻古露師ヒロです。WilliamHILLに登録してから数日経った頃。メニュー画面を見て、?。???政治?なんじゃそりゃ!いやびっくり。 Σ(…

 メンズラッシュガード | 2013.09.27 18:52

ラッシュガード 大きいサイズ

 hermes handbags orange | 2014.02.01 18:16

hermes uk hub 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 米国はどのように衰退してゆくのか?(17)〜米国人の精神構造は?その2アメリカ人にとってのキリスト教

 wholesale bags | 2014.02.09 14:19

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 米国はどのように衰退してゆくのか?(17)〜米国人の精神構造は?その2アメリカ人にとってのキリスト教

Comment



Comment


*