2018-04-17

「周蔵手記」が暴く日本の極秘事情-2~日本に偽史を根付かせた背後に金貸し、その頂点に皇族がいた~

上原勇作家計図

戦後日本人を歴史歪曲によって精神的に抑圧してきたのは、上田正昭ら京大古代史グループ⇒米国・金貸し⇒三笠宮崇仁親王とのこと。

それに報道:朝日新聞、財務:野村証券・日興証券が宣教活動を支援していたとのこと。

この勢力が、佐伯絵画の真贋判定を口実に著者に接近したのは、「南北朝強制合一の真相」を隠蔽する偽史工作をやらせるつもりだったとのこと。

 

吉薗周蔵に関しては、若干19歳のとき、時の陸軍大臣上原勇作付の陸軍特務に抜擢され、陸軍用のケシ栽培→アヘン製造を担っていたとのこと。この陸軍特務とは諜報活動を行うスパイ(或いは忍者)のこと。

日本は古くから天皇や皇室を取り巻く連中の活動が本当の歴史を作ってきたようだ。今後の展開が楽しみ。

以下、「吉薗周蔵手記」が暴く日本の極秘事項」 落合莞爾著 からの紹介:掲載していきます。

**************************************

■佐伯裕三の調査は「周蔵手記」を解読させるのが目的

 

平成18年から「中篇」を書き進めているうちに、「周蔵手記」がわたしに渡された理由と背景が大体分かってきた。

背景とは大徳寺とその裏に潜む偽史勢力で、彼らがわたしに「周蔵手記」を読ませるように仕向けたのである。それも、単純に解読させるだけではなく、歴史に対するわたしの興味を煽り、歴史研究に誘い込むのが目的であったと断じてよい。

 

周蔵の死後、立花大亀和尚に大事にされてきた吉薗明子は、大亀和尚の依頼を受け、佐伯絵画の真贋判定を口実にわたしに接近したのである。そのための資料として「周蔵手記」を届けさせた大亀和尚の目的は歴史研究に誘うためであるが、亡き父の遺品の佐伯絵画を世に出したかった吉薗明子はそれを知らされずに利用されたと思える。

※立花大亀和尚:(1899-2005)臨済宗の僧。大徳寺塔頭徳禅寺長老。大阪生。南宗寺で得度し、妙心寺専門道場で修行。大徳寺執事長・大徳寺派管長代務者等を歴任。昭和57年花園大学学長に就任。

にほんブログ村 経済ブログへ

続きを読む "「周蔵手記」が暴く日本の極秘事情-2~日本に偽史を根付かせた背後に金貸し、その頂点に皇族がいた~"

2018-04-12

反グローバリズムの潮流(オーストリアで極右派が参加する連立政権樹立、EU離れが加速)

img_f76107efca97f9a9bb2ae108a877cb2e2004853昨年10月のオーストリア総選挙では、EUの移民政策に反対する国民党が第1党となり、極右派の自由党との連立協議に入りました。反グローバリズムの潮流(オーストリア総選挙、右派と極右で連立協議)。そして昨年の12月には国民党と自由党の連立政権が樹立されました。オーストリアはその後、どんな状況になっているのか調べてみました。

にほんブログ村 経済ブログへ

続きを読む "反グローバリズムの潮流(オーストリアで極右派が参加する連立政権樹立、EU離れが加速)"

List    投稿者 dairinin | 2018-04-12 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 
2018-04-12

金利を禁止していキリスト教を懐柔した金貸し!

今や世界は、軍需力から経済力へと制覇力が移ってきています。
そして、経済力を失いつつあるアメリカやEUが、脱落して中国、ロシアなどが、世界を動かそうとしています。

金融は世界投資市場にまで膨れ上がった投資に進化(?)したが、マイナス金利が現れるなど、行き先が見えなくなってきました。世界を制覇していたこれまでの国際金融(=金貸し)が、大変革せざるを得なくなったているのが現在です。

その国際金融(=金貸し)の始まりが、キリスト教が禁止していた「金利」をキリスト教が認めるようになった時点です。

金利がなぜタブーであったかと、キリスト教が追認していく様を知っておくことは、現在の金貸し支配の行く末を分析する上でも大切な情報です。

そのキリスト教の金利追認(≒金貸しが金利を認めさせる戦い)を開設している文章があったので紹介します。

 

p1

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■世界史を動かす聖書と金利
◇聖書が禁じ、教会が認めた歴史 神と人の綱引きが定める水準
週間エコノミストより 柳沢哲哉(埼玉大学経済学部教授)

「金利」は経済活動を行う上で欠かせない存在である。金利があるから人々の投資が促進され、それによって社会が発展してきた。ところが、歴史を振り返ると、宗教が金利を禁止していた時代があった。
ユダヤ教、キリスト教、イスラム教の共通の経典である「旧約聖書」(ユダヤ教では単に「聖書」と呼ぶが、以下旧約聖書とする)には、金かねもうけの罪悪視や金利を禁じる叙述がいくつもある。金利の禁止については、「異邦人には利子を付けて貸し付けてもよいが、あなたの兄弟に貸すときには利子を取ってはならない」(「申命記23章20」)、「その人に金や食糧を貸す場合、利子や利息を取ってはならない」(「レビ記25章37」)といった具合である。この教えを絶対とした古代の宗教世界では、金貸しは罪深い行為とされ、高い金利を取る者は処罰されることもあった。
古代の一神教の世界が金利を禁じていたのはなぜか。また、いつ、どのようにして金利が当然のように存在するようになったのか。

◇共同体を守る金利禁止

その答えの足掛かりは、多神教だった古代ギリシャに見ることができる。紀元前4世紀頃の哲学者アリストテレスが、貨幣を貸し付けて利子を取る行為を「最も自然に反するもの」と言ったように、古代の指導者たちは金利を厳しく批判した。アリストテレスが活躍した都市国家アテネは、「ペロポネソス戦争」で好敵手スパルタに敗北し、やがてマケドニアに支配されていく衰退期にあった。

経済成長が望めない共同体では、貧富の格差が拡大しやすい。そうした中、自由な営利活動、とりわけ金利を目的とした貸し付けは、金を借りても返せない自由民を生んだ。土地所有者の中には没落していく者もいた。つまり、金利は人々の困窮に拍車をかけ、階層秩序を崩壊させかねない危険性を持っていた。

プラトンたちの議論は共同体の危機への対応という観点から読むことができる。プラトンが『国家』で描いた理想国家は、人口を一定に保つように管理し、自由民による貨幣の使用を認めない共産制社会であった。アリストテレスは貨幣の使用を認めたが、営利活動は禁止しようとした。「貨幣は交換の手段であって、金もうけの手段ではない」というのがその理由である。
一方、ユダヤ教は、ユダヤ人が旧約聖書にある「イスラエル12部族の子孫」と言われるように、部族社会を基盤としていた。その流れをくむキリスト教も初期にはそうであった。部族のような狭い社会は、高利貸しを放置すれば社会秩序が維持できない。宗教が共同体を守るために、教義で金利を禁じようとしたのは自然であったと思われる。

後のローマ帝国の時代になると商業が繁栄し、両替や金利付きの貸し付けを行う金融業も登場する。しかし、ローマ帝国の分裂後、西欧は自給自足を中心とする封建制社会の時代を迎え、商業活動や金融業は衰退する。そのころ人々の生活に浸透していたのがキリスト教であった。
商業や金融業が主要産業でない社会では、金利も重視されない。金利を禁じる聖書の教えは、金貸しにとっては不都合でも、社会と齟齬を来すことはなかった。当時の神と人の綱引きの結果が、金利を否定した。

jew

◇社会の調和のため金利容認

12世紀になると、イタリアを中心に、農耕に代わって商業活動が活発になる。遠隔地貿易も盛んになり、大きなお金を融通し合う上で、金利は欠かせないものになっていった。共同体が小さかった頃は、内部の調和を保つために必要だった金利の禁止は、社会経済が大きくなるにつれ、現実との間で軋轢を生み始めた。神と人の綱引きが再び始まった。
その頃、カトリックの宗教会議は、高利貸しとなるキリスト教徒の増加を憂え、しばしば金利の禁止を繰り返していたが、経済活動を行う上で金利を必要とする人々の要請を無視できなくなった。神学者たちは、現実と伝統的なキリスト教の教えとを調和させる必要に迫られた。社会と齟齬を来さないためには、教会は金利を認めなければならなかった。

金利はラテン語で「ウスラ(USURA)」と言う。もともとはあらゆる金利を含む概念だったが、中世の教父たちや教会法が「与える以上に受け取ること」と定義したことで、「正当でない」金利という意味を持った。従ってウスラは通常、「高利」と訳される。これは、英語の高利「USURY」の語源となった。

従って、教父たちが現実と折り合いをつけ、金利を認めるには、いわば「正当な」利子、すなわち「与える以上に受け取ること」のない利子を説明しなければならなかった。

この作業に取り組んだのが、中世最大の神学者トマス・アクィナスである。トマスは、カトリックの本山ローマの南、ナポリ近郊で生まれた。彼が13世紀後半に著した『神学大全』の中でウスラを取り上げ、聖書やアリストテレスを引き合いに出しながら、ウスラを否定している。

それに続いて、貸手はウスラと異なる「便益」を要求できるか? という問題を論じている。これが興味深い。トマスは金の貸手は、借り手に対し、次の三つを要求できるとした。①損害の補償。例えば、返済に遅延が生じた場合に、ペナルティーを契約に盛り込むことなどが挙げられる。②一種の「組合」の形で商人や職人に貨幣を委託した場合の利得の受け取り。今日風に言えば、会社への出資者が利潤の一部を取得できることである。③早期の支払いの際の代金の割引──である。

重要なのが①損害の補償である。損害の補償は、ウスラとは質的に異なる金利(インテレセ)として正当性が認められていく。これは後に二つの方向で発展していく。一つは、無利子の返済期間を短縮することで、ペナルティーを実質的に金利化する道である。無利子期間がゼロになれば、それは金利と同じである。やがて神学者の間でも無利子期間をなくしてよいとする議論が生まれる。
もう一つは、市民法に起源を持つ「損失利得」を容認する道である。トマスが活躍した13世紀は地中海貿易が盛んになっていた。貿易商に出資して利得を得ることは、②にあるように問題がなかった。もし、別の人に無利子で貸し付けを行えば、出資すれば得られたはずの利得が得られなくなる。これは利得の損失と見なせるだろうか? もし、損失と見なせるならば、その損失分を①の補償として要求してもそれはウスラではない。これが損失利得として利子を容認する道である。

◇「損失利得」としての利子

損失利得は今日の経済学でおなじみの「機会費用」の考え方である。トマスもこの考え方をよく知っており、検討した。しかし、最終的には損失として認めず、①から除外した。神学者の間ではトマスの見解が多数派だった。損失利得としての利子が受け入れられたのは、長い論争を経た14世紀である。現実の社会と齟齬を来さないために、教会は利子の解釈を変更していったのである。神と人との綱引きは、時間をかけて新しい場所へと移っていった。
ウスラの禁止は、経済理論の観点からは、資源の最適配分をゆがめ、経済成長のブレーキ役であったと言えそうだ。一方で忘れてならないのは、ウスラの禁止が共同体の維持という社会的機能と結びついていた点だ。今日の金利規制がそうであるように、ウスラの禁止も少なからぬ人々の生活を守ってきたはずである。

だからこそ、トマスをはじめとする教会関係者は、金利を禁止する聖書を尊重しつつ、実質的に金利を正当化する道を模索し続けたのだ。逆に言えば金利が抑制されていたからこそ、多様な金融技術が編み出され、経済を発展させてきたと言える。

いつの時代も、経済の大きなうねりが、社会を根底で動かす原動力となってきた。教会は人々の欲望に歯止めをかけようとしつつも、成長する経済と折り合いをつけ、世の中の変化に順応しようともがき続けてきた。宗教と経済のせめぎ合いは人類の歴史そのものであり、この神と人の不断の綱引きが時代に合った金利を決めてきたといえる。

にほんブログ村 経済ブログへ

続きを読む "金利を禁止していキリスト教を懐柔した金貸し!"

List    投稿者 dairinin | 2018-04-12 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 
2018-04-10

「周蔵手記」が暴く日本の極秘事情-1~プロローグ:日本の世界との古くて深い繋がりについて~

落合莞爾

これまで当ブログでは、金貸しの奥の院について追求し、1100年代から登場したイタリア王家のサヴォイ家とイギリス王室のヴェルフ家が今尚世界を操っているというところまで分かってきました。

また、ヴェルフ家はイルミナティ組織やユダヤ人とのつながりが強いことなども分かりました。

 

今回は、場所を日本に移し、日本と世界の関係を明らかにしていきたいと思います。

最も有名なのが、明治維新から裏天皇を押し立てたロスチャイルドが支配してきたということですが、もっと古くは徐福や秦氏の到来などのころから、日本は世界との繋がりがあったようです。今回は、落合莞爾の最近の著書を紹介する中で、日本の本当の歴史に迫っていきたいと思います。

 

この著書に於ける落合莞爾の4つの見方が序章に示されています。なにやら意味深な内容ですね。

 

①日本史では「欠史八代」の実在

②世界史では「ウバイド・ワンワールド」の実在

③全ての地域社会を「政体と國體の分立」としてとらえられること

④思想・精神史では「マニ教」の超宗教的思想と軌を同じくする「フリーメーソン精神」が天啓一神教と対峙しながら世界史の進行を司っていること

 

以下、「吉薗周蔵手記」が暴く日本の極秘事項」 落合莞爾著 からの紹介:掲載していきます。

 

**************************************

■日本近代史の核心に触れた超一級資料

 

この著書は、わたし(落合莞爾)がかつて月間情報誌『ニューリーダー』に連載した「陸軍特務吉薗周蔵の手記」を、その後知り得た歴史的知見を持って補充及び補正したものである。

「ニューリーダー」の連載は元帥陸軍大将上原勇作の個人付特務(諜報工作員)の吉薗周蔵がその経験と見聞を記した「周蔵手記」を遺児の吉薗明子氏から渡されたわたしが、時代背景と照合して解読し検証したもので、いわゆるノンフィクションである。

 

(中略)

 

当時「周蔵手記」は一般公開されておらず、全容を知るのは吉薗遺族だけであった。その「周蔵手記」

を一覧したわたしは、日本近代史の極秘部分に触れる第一資料と直観したもののここの記載の意味がつかめなかったため、とりあえず佐伯裕三関係に絞るつもりで連載を始めた。

その心境は『ニューリーダー』の編集者もおそらく同様で、“佐伯裕三真贋問題に一石を十ずる新資料”くらいに値踏みされても無理はないと思っていたが、今にして思えば、もっと深い事情があったようである。

にほんブログ村 経済ブログへ

続きを読む "「周蔵手記」が暴く日本の極秘事情-1~プロローグ:日本の世界との古くて深い繋がりについて~"

List    投稿者 tasog | 2018-04-10 | Posted in 02.日本の金貸したち, 07.新・世界秩序とは?No Comments » 
2018-04-05

反グローバリズムの潮流(フランス、マクロン大統領は公約を実現するも、じり貧状態に)

modal_032017年5月7日の大統領選挙の決選投票で、極右勢力のルペン候補を大差で破って当選したマクロン大統領ですが、「フランス大統領選挙はマクロン氏(グローバリスト)の勝利と言えるのか」で予想した通り、国民の不満は拡大する一方のようです。 

にほんブログ村 経済ブログへ

続きを読む "反グローバリズムの潮流(フランス、マクロン大統領は公約を実現するも、じり貧状態に)"

List    投稿者 dairinin | 2018-04-05 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 
2018-03-29

反グローバリズムの潮流(カタルーニャ独立に暗雲、プチデモン前首相拘束。グローバリズム派は強硬路線に転換。)

kimura20171031103201-thumb-720xautoスペインのカタルーニャ州独立問題は、昨年12月に議会選挙で独立支持派が勝利しました。その後、殆ど報道が見られなくなっていましたが、突然、独立派の牽引役であるプチデモン前首相がドイツで拘束されたとの報道が飛び込んできました。どのような経緯があったのか調べてみました。

にほんブログ村 経済ブログへ

続きを読む "反グローバリズムの潮流(カタルーニャ独立に暗雲、プチデモン前首相拘束。グローバリズム派は強硬路線に転換。)"

List    投稿者 dairinin | 2018-03-29 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 
2018-03-23

反グローバリズムの潮流(ロシアのプーチン大統領は圧勝)

 

img_5ebd3d55dc87bdf922e0d270ce334d3458337

ロシアの大統領選挙では、プーチン大統領が圧勝。政敵の出馬資格のはく奪や、不正選挙疑惑も報道されていますが、これは欧米の反プーチン勢力が騒いでいるだけで、ロシア国内では圧倒的に支持されているようです。ロシア大統領選挙を振り返ってみました。

にほんブログ村 経済ブログへ

続きを読む "反グローバリズムの潮流(ロシアのプーチン大統領は圧勝)"

List    投稿者 dairinin | 2018-03-23 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 
2018-03-15

習近平国家主席の任期制限撤廃、中国は今後どうなるか

endo1710222228-thumb-720xauto

習近平氏が国家主席の2期目を迎えた全国人民代表大会で、これまで国家主席は2期までとしていた憲法を改正し、任期の制限を無くしました。これで、中国は北朝鮮と同じ独裁国家になるという見方もあります。そもそも中国は毛沢東の独裁で文化大革命など国家が大混乱に陥った苦い経験があり国家主席の任期を2期に制限してきました。なぜ、ここで中国は任期の制限を撤廃したのか、中国はどこに向かおうとしているのでしょうか。

にほんブログ村 経済ブログへ

続きを読む "習近平国家主席の任期制限撤廃、中国は今後どうなるか"

List    投稿者 dairinin | 2018-03-15 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 
2018-03-08

反グローバリズムの潮流(イタリアの総選挙はEU懐疑派の勝利)

Beppe_Grillo_3前回紹介しましたイタリアの総選挙「反グローバリズムの潮流(イタリアの総選挙、与党政党も反EU政策を掲げる)」ですが、3月4日に投票が行われ、反EUを掲げる中道右派連合「同盟」が最大勢力となり、単独政党ではポピュリズム政党である「五つ星運動」が第1党となり、EU寄りの緊縮財政を進めてきた与党は大敗北しました。今後、イタリアやEUはどうなっていくのでしょうか。

にほんブログ村 経済ブログへ

続きを読む "反グローバリズムの潮流(イタリアの総選挙はEU懐疑派の勝利)"

List    投稿者 dairinin | 2018-03-08 | Posted in 05.瓦解する基軸通貨No Comments » 
2018-03-02

世界を操るグローバリズム-25~グローバリズムの終焉~

i320

ここでは日本人と他国、特にユダヤ人との国や民族、文化に関する考え方の違いを述べています。

日本人は民族と国土が一体化しているといっています。

他国からやってきた人も、日本に住んで日本に同化していれば「日本人」となります。また、他国に住んだ日本人はその国に同化し、その国のために忠誠を尽くす。

一方、ユダヤ人はどこに行ってもユダヤ人。排他的な思想が根強くあって決してその国に同化することはない。

国土を持たない根なし草的な存在として長らく生きてきた彼らは、グローバリズムという言葉で、世界を自分達の支配下に納めようとしている。

このような思想は受け入れられるわけはない。日本をモデルに共存共栄を目指していかなければならない。というのが、筆者の考え。

 

現在、民族収束の流れの中で、グローバリスト達は劣勢を極め、グローバル化の流れは今後益々衰退していくことは確実。つまり、サヴォイ、デル・バンコ等の奥の院の意向に沿って世界は動き、金貸し:ユダヤ勢力は力を失っていっている。(参考:『市場論・国家論15.21世紀の世界』

 

中央銀行廃止→基礎保障制度の導入で、資本支配の歴史に幕を閉じようとしている。次代の活力源はなにか?金に縛られない人間本来の生き方が見直されていくであろうことが予測される。

その時、世界的「支配」の構図はどうなっていくのか?この辺りが追求ポイント。

 

以下、『世界を操るグローバリズムの洗脳を解く(馬渕睦夫著)

からの紹介です。

****************************

 

安易な移民受け入れは日本民族の文化を壊す

近年、日本では移民受け入れが議論されています。表向きの理由は少子化対策ですが、グローバリストたちの意図は、日本を雑婚化しようとするものです。世界の中から国境をなくして、世界中の人が移民化されることを目指しているわけです。根無し草のような状態です。

 

日本の場合、彼らとは全く考え方が違います。日本人は「日本の国土の中にいてこそ日本人」と言う考え方で、民族と国土が一体化しています。日本から他国に移住した人は、日本に忠誠を尽くすのではなく、移民した先の国に忠誠を誓います。日本の教えは、「移住したらその国の国民になりなさい」というものです。

アメリカに行ったらアメリカ人になる。ブラジルにいったらブラジル人になる。戦前にアメリカに渡った日系アメリカ人は、戦争の時にはアメリカのために戦いました。彼らは日本のための政治的なロビー活動というものをしません。

 

ユダヤ人の場合は違います。ユダヤ人はどこに行ってもユダヤ人であり、移住した先の国に忠誠を誓うことがありません。それゆえに、その国に元々住んでいる人たちと軋轢が生じ易くなります。中国人、韓国人も同じような考え方をしています。例えば、中国からアメリカに移民した中国系アメリカ人は、アメリカに忠誠を誓っていません。韓国系アメリカ人も、忠誠を誓っているのは韓国です。彼らは、アメリカに帰化していても、アメリカ国内で韓国のためにロビー活動をし、韓国のために慰安婦像を建てたりします。

にほんブログ村 経済ブログへ

続きを読む "世界を操るグローバリズム-25~グローバリズムの終焉~"