2011-07-27

世界の闇の支配勢力から日本の支配史を読み解く 【歴史No.1 市場拡大を狙う欧州勢が日本へ来た理由〜江戸時代前夜〜】

シリーズでお送りする「世界の闇の支配勢力から日本の支配史を読み解く」
今回から数回に分けて、国際金融資本家=世界経済を動かす金貸しとの結びつきを中心に、江戸時代における金貸し支配史を紐解いていきます。可能な限り世界史と日本史を融合する形で、また暗記だけの学校教育とは違う因果関係を明らかにしながら、分析していきたいと思います。
江戸時代は、長崎の「出島」を除いて海外との貿易(通商)がない、いわば鎖国状態だったと、わたしたちは学校教育で習ってきました。しかし改めて考えてみると、鎖国なのに出島があるのはなぜなのでしょう?「出島」とは一体なんのために存在していたのでしょうか?
まず、江戸幕府が成立した1603年当時、世界はどのように動いてたのか年表を見てみましょう。
(年表)
当時のヨーロッパは大航海時代。大航海の動機付けは、冨収奪のための植民地拡大=市場拡大そのものだったわけだが、江戸の開幕前後に焦点を当ててみると、ポルトガル・スペイン・イギリス・オランダと欧州各国が入り乱れて日本にやってきている。1641年の鎖国完成以降、「出島」での貿易権を獲得したのはオランダであって、この時代、どうして各国がこぞって日本(や他のアジア諸国)にやってきて、貿易を始めようとしたのか、その意図はどこにあったのか?に迫ってみる。

にほんブログ村 経済ブログへ



◆1.背景 〜江戸以前〜 欧州はなぜ日本に来たのか?
1517年 「九十五ヶ条の論題」を発表したドイツのルターによって始まった宗教改革は、教会の政治的干渉や財政の搾取等、腐敗していたカトリック教会への批判として、欧州全土に遡及していく。新たな宗派として誕生したプロテスタント(新教徒)が生まれ、欧州の宗教的分裂は、16世紀後半には大きなものとなっていった。
 ※このカトリック(旧教徒)教の代表的国家がスペイン、ポルトガル、フランスだった(1542年日本に来たイエズス会のザビエルもポルトガル人)。一方、オランダ(ネーデルラント)、イギリスはプロテスタント国家の代表だった。
劣勢となったカトリック国が、欧州以外での布教を目指し、先行して欧州を追われる形となった結果、スペイン・ポルトガルは海外に出向いていく。
インド・東南アジアへの大航海の目的は、宗教の布教以外にもあった。一つは当時の欧州で、肉の保存料として必需品だった胡椒などの香辛料(胡椒・シナモン・ナツメグなど)を、インドや東南アジアに出かけて直接手に入れることだった。2つ目の目的として、金・銀の獲得もあった。
このキリスト教の「布教」と市場拡大の「貿易」を目的とした大航海は、不思議な取り合わせで実現して行く。
宣教師たちは、自前で渡航できるわけではなかった。彼らは、カトリックの布教、教会の勢力拡大という目的を果すためには、商人たちの「商船」に乗せてもらうしかなかったのだ。また商人にとっても宣教師がキリスト教を布教してくれた方が貿易交渉が捗るため、商人にとっても宣教師を支援することは利益になった。
1543年種子島への鉄砲伝来が示すように、商人たちは武器や火薬、装飾品といったものを貿易品としていたが、それに留まらず奴隷貿易も行っていた。
戦国時代の日本では、鉄砲・火薬の需要は高かったが、戦乱の元では輸出品がない。そこで、日本人女性を性奴隷として受取り、欧州に送っていたという(戦況下、捕虜とした敵の女を売り飛ばした)。その数は50万人にも及ぶようだ(参考

1543年、種子島に漂着したポルトガル商人によりもたらされた鉄砲が30年後には織田信長により集中利用され、戦国時代を収束した。日本史の教科書には、この鉄砲の集中利用(長篠の戦い1575年(天正3年)には三千丁の鉄砲が集中利用された)が信長の覇権を決定づけたような記載がされているが、ここで忘れてはいけないのは、鉄砲そのものは、日本刀の生産技術を応用することで国産が可能であった(砲身の尾栓を塞ぐネジの技術のみが当時の日本になかった)が、火薬の原料たる硝石は国内では産出せず、ポルトガル商人からの輸入に頼ったということである。信長が堺の支配にこだわったのはマカオから堺にもたらされる硝石を独占するためなのである。その決済には、何と日本人が奴隷として、輸出されていたようだ。天正15年(1587年)6月18日、信長の後継者豊臣秀吉は宣教師追放令を発布した。その一条の中に、ポルトガル商人による日本人奴隷の売買を厳しく禁じた規定がある。日本での鎖国体制確立への第一歩は、奴隷貿易の問題に直接結びついていたことがわかる。
【世界史に見られるランドパワーとシーパワーの戦略】

つまり、宣教師による布教活動は、(奴隷)商人の活動と表裏一体であり、市場拡大を刷る上で両者の利害は一致していたのだ。これが南蛮貿易の実態だった。
(2へ続く)

List    投稿者 pipi38 | 2011-07-27 | Posted in 02.日本の金貸したち1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2011/07/1663.html/trackback


コメント1件

 hermes poland | 2014.02.01 23:18

hermes handtaschen wikipedia 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 日本史から探る、脱市場の経済原理(3)〜徴税制度から民間流通へ、市場・商人の誕生〜

Comment



Comment


*