2016-02-02

金貸し勢力のスパイの証言(20)~すべての国々は世界支配されるようになり、国際警察のもとに管理されている~

 

国連 国連旗

 

表題の「すべての国々は・・・」はイスラエル初代大統領の発言である。世界支配のために設立されたのが、国際連盟→国際連合とのこと。世界支配のためには国や民族はいらないという主張が、彼らの洗脳方法で、そのために世界宗教=キリスト教(←イエズス会)がある。

 

彼らにとって日本の民族性は邪魔。戦争の敗北によりそれを排除しようとしたが・・・今だそれは実現されていない。唯一絶対神もグローバル化も中々浸透しない。それが彼らの誤算か。。

 

以下、「伝説の秘密諜報員 べラスコ」(高橋五郎著)を基に転載紹介します。

*********************************

◆「すべての国々は世界支配されるようになり、国際警察のもとに管理されている」

 

日本における社会主義・共産主義はキリスト教によってもたらされたものである。片山潜、山川均、荒畑寒村、大杉栄、西川光二郎、片山哲、河野密ら枚挙にいとまなしである。次に、フリーメイソンの流れをくんだキリスト教の第三次対日朝鮮のエージェントに、内村鑑三門下の柏会の南原繁、矢内原忠雄、東大キリスト教青年会の吉野作造、鈴木文治、森戸辰男、赤松勝麿、小山東助らがいた。終戦時、皇室解体の工作員であった東宮職参与の小泉信三もまたその類であった。小泉信三ごときは、影でコミュンテルンの野坂参三らを密かに養成し、プロテスタントの牧師賀川豊彦や小崎道雄らと謀って、皇室にキリスト教勢力を送り込んだ。わが国の壊滅を策した元凶である。

にほんブログ村 経済ブログへ

その国その民族から国家意識と民族感情とを取り払って、いわゆる精神的国際人を作り上げるために、〔本書で別記した横浜根岸の〕「ユダヤの寺」が用いていた観想の法に、「心内の声を聴く」という心霊術系統の念法があった。聖霊主義を唱えていたキリスト教諸派・終末論的無教会派など、いずれも同じ流れを汲むものであり、心霊術の研究とテーブル・ティピング〔コックリさんなどの降霊術〕なども、この寺に出入する者たちの間で流行していた。

 

この心霊術系統の諸研究は、その頃の日本の新興宗教の根底をつちかうものになったのであるが、大本教をはじめとして大禮堂、岡田茂吉のメシア教、大本教から出て般若仏教の空観にたち、華厳の実相論を踏まえ、カールメニンジャーとクリスチャン・サイエンスとに拠ってメンタル・サイエンスの体系を作り上げた谷口雅春にいたるまで、いずれも「心内の声を聴く」系統につながるものである。一般に実相論起こりて国滅ぶといわれるように、インドも大乗実相論が普及して国家が滅んでいる。

 

心内の声を聴くには国境はない、という考え方になると国家を脱することとなる。信教の自由を唱えるフリーメイソンはそこを狙っている。心内の声によって国を失い、やがて来るべき神の子の天降りを待ち望むこと、これが旧約の書と新約の書であるキリスト教経典の示すところだ。

 

キリスト教会で用いていた児童向けの絵カードに、白衣に緋色の袴姿の少年が、天空から射る光のなかに座した姿のものがあった。聖公会で目にしたものだ。これはイエスの再臨を表現している。これが昭和初期のキリスト教の「神の国運動」であり、ユダヤの寺で説いていた「主の道を直くせよ」との意味なのである。そして、「天降るべきユダヤの王」のために直された道とは、すなわち国際連合を意味するのである。

 

人種、民族、国境は人為にすぎず、国際連合によって主の道を直くし、そこにユダヤの王が天降るのだということは、とりもなおさずユダヤの世界支配を意味する。主の道を直くするためと称してユダヤは第一次の世界大戦を勃発させ、それによって国際連盟を作り、各国に主権と軍備を認めてしまったためにそれは失敗に終わってしまったのだとして第二次世界大戦を計画し勃発させ、それによって第二次の国際連盟、つまり国際連合を樹立したのである。昭和16年(1941年)2月の、世界ユダヤ人会議議長ゴールドマンの声明どおりである。このゴールドマンの言葉をうけて、イスラエル初代首相ベングリオンは次のように発言している。

 

「すべての国々は世界支配されるようになり、国際警察のもとに管理される。すべての軍隊は破壊され、もはや戦争は存在せぬ。エルサレムで本当の意味での国際連合が、世界連邦のための預言者の神殿を造るであろう。これは世界連邦のすべての論争を解決するための人類の最高裁判所の座を占める」

 

それゆえに、ユダヤ・フリーメイソンとキリスト教〔イエズス会〕とコミュンテルンの三つは三位一体のものであり、これらに対してわが〔純正〕愛国陣営の先覚は等しく攘夷の態度をとり、その敵勢からわが国を守ろうとした。すなわちわが国の愛国陣営は、既に早くから敵の正体を見すえていたのである。

 

かく言う渡部悌治は東北学院神学部のころ、静岡県御殿場の東山壮で開催されたキリスト教青年夏期講習会に出席して受講した講義(密議)の概要は次のとおりだったと明かす。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

日本人がユダヤの王の前に立つためには、日本という国家を背負った驕り高ぶったままの姿であってはならない。悔い改めによって、遜らなければならぬ。日本人はそう簡単には国を捨てない。国を捨てさせるためには、国そのものをなくしてしまえばよろしい。それは戦争によって日本を負かすしかないのだ。日本が戦争に敗れて打ちのめされてはじめて遜れるようになれるのである。そうなれば天皇の神格も地に落ち、国民も拠り所を失う。それによって日本も共和国となりうる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

460年前のザビエルの手紙が思い浮かぶ。よくよく日本を体験研究したその結果を、日本侵略を胸に秘めた僧兵である宣教師たちは上手に噛み砕いて説明している。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2016/02/4702.html/trackback


Comment



Comment


*