2008-06-29

日本金融史1 〜近代化の始まりは明治維新ではない!〜


日本の借金は、800兆円を超えていると言われています
ここまで膨れたのは、一体なぜでしょうか
普通に考えれば、もっと早くに手を打っておけばここまでにはならなかったのでは
   
何か、手を打てなかった理由があるはず。そこで私たちは、日本政府にお金を貸した日本の金貸し達に、注目してみる事にしました。
    
その内容を『日本金融史』シリーズと題して、扱っていきます
    
日本の金貸し達は、どのように生まれ、どのようにしてその勢力を拡大してきたのか。また欧米の金貸し達とは、どのようにつながってきたのか? 歴史をさかのぼって追求していきます!
    
その際、広瀬隆氏の『持丸長者』(ダイヤモンド社)を参考図書として、その中から重要な論点を紹介していきたいと思っています
    
「面白そう!」「ぜひ継続して読みたい!」と思われた方、ポチッとクリックをお願いします
    

にほんブログ村 経済ブログへ


今回は手始めに、幕末〜明治維新の金融史を追求していく上で、必要な視点について、『持丸長者 幕末・維新篇』で指摘されている点を取り上げます

 こうして見ただけで、維新後に日本をリードした近代的産業の母体を、徳川幕府に仕えていた頭のいい人間たちが生み出した姿が浮かびあがってくる。維新政府は、その幕府の要人をこの世から抹殺して物言えなくしてしまい、旧幕府をさんざんにののしり冒瀆しながら、実はあとから出てきて、幕府が磨いた知恵と遺産を横取りし、それをすっかり利用し、あたかも文明開化が自分たちの功績であるかのように喧伝してきたにすぎないのではないかという疑念が湧いてくる。

    

 なぜこのような歴史の間違いが生まれたかと言えば、学術的な時代の区切り方が誤ってきたからである。教材では、政治体制・統治者を中心に歴史を眺めるのが好きである。そのため、関ヶ原の合戦から幕末までの徳川幕府時代を「近世」と呼び、明治時代からの天皇制を「近代」とする。書物を開けば、江戸時代と明治時代のあいだに一線を引き、江戸時代を「近代」から分離しているのである。これが、とんでもない誤解のもととなる。

  

 これが膨大な日本人に、明治維新=近代化という先入観を与えてきた。

(以上、『持丸長者 幕末・維新篇』より)
  
  
広瀬氏は、ペリーが来航してまもなく建設された長崎鎔鉄所(今日でいう製鉄所)にかかわった人間たちの「知性的人脈」を一通り紹介したうえで、上記のように警告を発しています
   
たしかに私たちは、「明治維新=近代化」というイメージを強固に持っています。。。別の言い方をすると「江戸時代=近代化以前」というイメージを、持っているのです 広瀬氏はその理由を、「教材では、政治体制・統治者を中心に歴史を眺めるのが好き」とだけ書いています。実際には「好き・嫌い」の次元にとどまらず、「教材」が作られる背景には、統合者たちの意図があるでしょう
日本の近代化は明治政府によって着手されたのではなく、もっと前から、遅くとも幕末には始まっていた、という指摘には、ハッとさせられます
これは「近代」にかぎった話でなく、歴史を追求・検証していくときには、“時代区分”という固定観念の壁を超えて、事実構造を発掘していく必要がある、ということを意味しているのではないでしょうか

List    投稿者 manaty | 2008-06-29 | Posted in 02.日本の金貸したち8 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2008/06/584.html/trackback


コメント8件

 kama | 2008.10.17 12:05

一つよく分からないことがあります。
是非、教えてください。
資本の部の捉え方がよくわかりません。
何故、資本の部は、負債側にあるのでしょうか?
資産に穴が空いた時に補填できるようになっているところを見ると、負債と捉えるのと違う気もしますし・・・。

 leonrosa | 2008.10.17 12:43

kamaさんコメントありがとう
やっぱり資本の部は分かり難いですね(笑)
例え話で行きましょう!
貴方が資本を集めて、金貸しをします。その会社をM社としましょう。
10億円の株式を発行します。株主候補者から10億円が払い込まれます。
この10億円をA社に貸し付けます。
この場合のM社の資産/負債のバランスを考えましょう。
資産(の部)は、貸付額10億円ですね。
で、負債は?
誰にもお金を借りていませんので通常の負債はありません。
で、右側の負債はゼロ。これではバランスシートになりません。
右側の負債に、「資本の部」として、資本金10億円を立てます。
これで、資産/負債がバランスします。
M社は、株主に10億円の出資を仰いだという「負債」を抱えているイメージで捉えて下さい。
但し、資本出資は、最悪の場合、その全額を失っても構わないというお金です。
だから、資本金を損失処理に使えるのです。

 けい | 2008.10.17 14:28

はじめまして。keiと申します。
興味のあるブログを探してうろうろしていました。もしよければ相互直リンクしませんか?いいお返事お待ちしています。
http://ecostock.seesaa.net/

 leonrosa | 2008.10.17 18:24

keiさんコメントありがとう
とりあえず、トラックバックを打っておきました。
今後ともよろしく!

 路上で世直し なんで屋【関西】 | 2008.11.13 23:16

AIG追加救済策 850億ドル(約9兆円)では足りなかった

08年9月17日にFRBによるAIG救済策が発表されたが、11月10日に新救済策が発表された。今回は米財務省による救済。FRBの資金では足りなかったか。財…

 バーバリー 財布 | 2012.11.03 6:57

今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^

 wholesale bags | 2014.02.10 8:44

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 銀行救済・基礎知識 政府出資による資本増強って何?

 hermes outlet | 2014.03.13 6:39

hermes bags celebrities zoloft 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 銀行救済・基礎知識 政府出資による資本増強って何?

Comment



Comment


*