2008-06-06

日本は食糧を輸入するお金が十分あるが!

穀物の国際価格が、ファンドによる投機的資金により、急激に値上がりしている。 
 
そこで、日本の輸出入において、食糧輸入はどうなっているのか、今回は、貿易統計を使って、みてみました。 
 
まずは、日本の輸出入です。 
 
2007年の輸出総額は、83兆9314億円。輸入総額は、73兆1359億円。
貿易黒字は、10兆7955億円です。 
 
品目別輸出では、一般機械、電気機器、輸送用機器が主要3品目です。 
 
輸送用機器(自動車、自動車の部品、二輪車、船舶等) 20兆8392億円。
電気機器(半導体等電子部品、映像機器、電気回路等の機器) 16兆9498億円。
一般機械(原動機、電算機、金属加工機械等) 16兆6313億円。 
 
対して、品目別輸入では、圧倒的に原油・石炭等のエネルギー輸入が大きい。 
 
鉱物性燃料(原油、石油製品、天然ガス、石炭等) 20兆2061億円。
食料品の輸入額は、6兆408億円。 
 
2007年の日本の貿易を荒っぽくまとめてしまうと。 
 
・輸送用機器の輸出20兆円で、エネルギーの輸入を賄う。
・電気機器の輸出16兆円で6兆円の食料を輸入して、10兆円が黒字として残る。
・一般機械の輸出16兆円で、その他諸輸入を賄っている。 
 
2007年までは、貿易で稼いだお金で、十分、海外から食料を買うことが出来ました。 
 
しかし、2007年の数字は、原油価格の急上昇、穀物価格の急上昇が、まだ十分には反映されていません。 
 
今後、エネルギー輸入が、20兆円を大きく上回り、食料輸入が8兆円、10兆円となれば、貿易黒字がなくなってしまう危険を孕んでいます。 
 
エネルギー輸入20兆円の行方が気になりますが、今回は、食料輸入の方をみてみます。 
 
続きを読む前に、応援クリックを! 
 
 

にほんブログ村 経済ブログへ


品目でみた穀物輸入額と輸入単価の値上がり 

 品 目  輸入額
(2007年)
単価(千円/トン)
2003年
 
2007年
 
2008年3月
とうもろこし  4,517億円   16.3   27.2   32.4
大  豆  1,955億円   34.0   47.0   64.4
小  麦  1,922億円   24.1   36.4   61.0

 
2008年3月通関の単価を見ると、とうもろこしは、トン当たり3万2400円、2003年の2倍の価格になっている。大豆は、トン当たり6万4400円、これも2003年の2倍です。
小麦の値上がりが一番大きく、2008年3月でトン当たり6万1000円。2003年の3倍弱です。
2007年の平均に比べても、2倍弱です。 
 
この値上がりの激しい、とうもろこし、大豆、小麦は、どこから買っているのでしょうか? 
 
そうです、アメリカからです。 
 
とうもろこしの93%、大豆の78%、小麦の58%が、アメリカからやってきます。 
 
アメリカの商品取引所で、ファンドの投機により穀物価格が暴騰する。その値上がりした価格を、穀物メジャーが日本に押し付ける。そして、日本は、値上がりした穀物を輸入する。 
 
今現在は、日本は値上がり食糧を輸入する外貨をもっています。 
 
日本という外貨余力のある市場が確保されているので、ファンドの投機で穀物価格の値上げが可能になっているのです。
だから、「投機で値上がりした高い穀物価格なら、日本は輸入しない!」
「商品取引所は実需に基づく価格形成を行うように、管理監督せよ!」との主張を、どこの国よりも言える立場にあります。
飽食日本が、(もう一つの爆食中国と連携して)、食料輸入を2割、3割削減すれば、食料価格バブルが弾けます。
それが、現在の世界的な食料(価格)危機に対する、有効策のように思います。 
 

List    投稿者 leonrosa | 2008-06-06 | Posted in 06.現物市場の舞台裏5 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2008/06/562.html/trackback


コメント5件

 mihori | 2008.09.26 23:29

融資額って一体どうやって決めてるんだろう?足りなさそうだけど…って思ってましたが、こうやって事実を元に押えていけば、
>格付BBB以下のハイリスク商品での運用部分を試算して決定した可能性が高い
とかが分かってくるんですね〜☆
しかし、やっぱり
>資産の規模からして間つなぎにしかならないのは明らか
ということが分かったので、問題が先送りになっただけでこの先いろいろな問題が発生してくるんだろうなぁ。。。

 shijimi | 2008.09.27 1:00

mihori様コメントありがとう★そうそう、事実はhpとかに公表されていたりするんですよね。どう連関しているか!?って点が見えると、全然健全には程遠い姿が見えてきました。
これから、AIGはBBBより上の債権が破綻した場合、資産を切り売りしながら支払いに対応していかないと現金が追いつかないという自転車操業みたいなぎりぎりな状態が続くんでしょうね〜。オソロシヤ・・・

 みつこ | 2008.09.27 2:01

24日午後、香港で取り付け騒ぎが起こりましたね。
もともとAIGが破綻したら香港は大パニックになる!と予想され、市民の関心(不安)が非常に高い状態のところに、SMS(携帯ショートメール)に「「今日の午後、東亜銀行が破綻宣言するという情報が入った。真偽の程はわからないが、家族や友達に気をつけるようにと伝えたほうがいいだろう。」(いくバージョンかあるらしいです)が流れ、一気にパニックに陥ったようです。
このSMS、故意の攻撃では?という指摘もありますから、金貸しの動向(戦略?)に注意が必要です。
http://blog.livedoor.jp/japanavi/archives/51507962.html

 shijimi | 2008.09.28 0:00

みつこさんコメントありがとう☆既に取り付け騒ぎ起こってたんですね!!。
>AIGが破綻したら香港は大パニックになる!
という不安心理が強く、何処の銀行が破綻してもおかしくないので取り付け騒ぎが起こったんでしょうね。
状況的には風評被害といえない状況だからですね。ひとたび日本でもこういったメールが流れれば、取り付け騒ぎが起こりそうですね(ーー;)

 hermes store | 2014.02.01 21:58

hermes handbags new 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 9兆円融資で救われるか?!「AIGの融資と資産の関係」

Comment



Comment


*