2018-12-23

迫りくる大暴落と戦争刺激経済-12~中国が先物、金融取引の業界の支配を強めてきている~

 

中国原油先物取引

今回も興味深い情報がたくさんあります。ザッと紹介します。

 

シカゴのマーカンタイル取引所は、東京証券取引所を支配し、日経平均株価、日経平均先物や日経平均のオプションの価格、プレミアムを決めている。彼らがルールを決め、完全に意のままになっているとのこと。

味噌、醤油の類がシカゴの大豆価格で決められているのと同じで、株もシカゴが決めている。

 

因みに米は中国人が大連の穀物取引所で決め始めたとのこと。

既に穀物取引所は中国の大連が世界最大。日本のコシヒカリも中国で作って値決めするでしょう。

他にも、上海が石油先物を始めたそうです。金(ゴールド)の先物も始めた。上海が先物市場でも勝つのではないかとの読みです。

 

さらに、中国は日本の銀行を買い続けている。メガバンクはアメリカが押えているので、まださすがに手は出せないが、ニッチである地銀の合併を画策し、裏で支配しているとのこと。ユニクロや無印を模したチェーン店の経営者が金主らしいとのこと。「らしい」と書いているのは、表に出てくる人物は日本人で、中国人は裏で金を出して操っているようです。

 

もう一つ中国の動き。

ドローンは中国が最先端とのこと。ドローンを作っているのは全部人民解放軍で、軍ビジネスとのこと。

中国人はドローンを1000機とか1万機の遠隔操作で一気に飛ばして、それに手榴弾か何かをつけて100ヶ所、1000ヶ所、1万ヶ所に飛んでいくようにするらしい。1万機撃ち落とされても2万機飛ばすという話なので、これまでの兵器システムが全然通用しなくなる。

 

中国が先物、金融取引の業界の支配を強めてきている。そしてまた、どんどん日本を浸食してきている。水道の民営化にも絡んでいるとの情報もあり、日本にとっては恐ろしい相手かもしれない。

トランプ―習近平―プーチンの民族派の関係性と安倍晋三(田布施)、そしてネオコンーCIA等の勢力地図は今後どうなっていくのか?当ブログでも追求していきます!

 

 

『迫りくる大暴落と戦争“刺激”経済』(副島隆彦 著)からの紹介です。

*************************************

■ロボット・トレーディングを育てたのはシカゴのストライカー証券

大谷 CTAのロボット・トレーディングを育てたのは、シカゴにあるストライカーズ・セキュリティーズです。日本語で言えばストライカー証券です。

(中略)

ストライカーズはネットのホームページをオープンにしていて、ロボット・トレーディングの手法を自由に作らせて、それをアップロードさせている。

(中略)

先代がこのやり方を始めたので、ロボット・トレーディングの元祖と言っていい。自分で創ったのではなくて、ロボット・トレーディングがこれからは主流になるというのを見越してネット上で育てた。このストライカーズが日本にずっとコンタクトしてきて、「一緒にビジネスをやろう」と言ってきています。

「証券会社を買いたい。コモディティ(貴金属や農産物の先物市場)も東京商品取引所TOCOMがあるので、そことシカゴのプラットフォームをつなげたい。コロケーションをやらせろ」みたいなことをずっと言ってきています。

 

(中略)

 

副島 シカゴは、100年前に豚肉市場と耕運機の取引所から始まりました。あとからやってきたCMEのレオ・メラメドがそうしたことろを全部乗っ取ったけれど。でも、シカゴにはまだいろいろ残っているんじゃないか。

 

大谷 CBOT自体はまだありますが、やはりシカゴ・マーカンタイル・グループの傘下に入った。前述したCBOEもそうです。

 

副島 CMEにはまだそんな力があるのか。ニューヨークの二つの鉱物資源の席物市場のNIMEX(ナイメックス)とCOMEX(コメックス)もシカゴの傘下に入っていますが、一応自分で動いている。

 

大谷 コメックスの連中はあまりシカゴの言う事を聞いていないですね。スプレッドが全然違います。日本の東証みたいにシカゴの言いなりになっているところとは根性がちょっと違います。

東証はCMEにいいように支配されている。やつらがスパン(SPAN)証拠金制度を作っていますから、SPANは「スタンダード・ポートフォリオ・アナリシス・オブ・リスク」ですが、スパン証拠金と呼ばれて日経平均先物や日経平均のオプションの価格、プレミアムが決められている。そのアルゴリズムを握っている。だからやりたい放題です。彼らがルールを作って、いくらにするか決められるからです。

にほんブログ村 経済ブログへ

前日か、あるいは寝ている間にシカゴで次の日の日経平均が決まっていますからね。いやになります。それがあるので、われわれは日経平均先物とかオプションとかをやる気になりません。シカゴの人たちが予め値決めするからです。われわれアクティブ運用組は、それにつきあってはいけないんです。つきあわないように、個別株にしています。

味噌、醤油の類がシカゴの大豆価格で決められているのと同じで、株もシカゴが決めています。米は中国人が大連の穀物取引所で決め始めました。

 

■日本の銀行を中国人が本格的に買い続けている

副島 既に穀物取引所は大連が世界最大です。日本のコシヒカリも中国で作って値決めするでしょう。上海が石油先物を始めたそうです。金(ゴールド)の先物も始めた。上海が先物市場でも勝つのではないか。

 

大谷 日本人はもう絶対勝てないです。極秘ですが、上海の中国人が著名な日本の商品先物取引業者を買いたいとコンタクトしてきています。

シカゴと東京と中国人のコモディティ取引所がつながるのか、敵対し合っているのか。東京の取り合いになっているのか。よく分かりませんが、中国人は取引所というよりも商品取引会社を買いに来ています。それに対してシカゴの連中は、取引所そのものを飲み込みたいという意向のようです。

 

あとは、中国人の地方銀行(地銀)買いがいよいよ本格的になってきました。信用金庫に対してコンサルティング会社をかませて、日本人のお金という形で中国人が買う動きが出ています。日本の当局を刺激するので、今は合併させている。地銀を合併させて資産規模を大きくする。お役所がいくつかの地方銀行を合併させて時価総額を大きくさせて防御態勢を敷いているのだとばかり思っていました。ところが、いろいろ話を聞くと、どうも中国人が合併させているというのです。銀行同士の合併をまとめるコンサルタントが、裏の金主は中国人だと言っていました。

 

取引所や行政やルールというのは全部、アメリカが日本を支配している。そこは中国人はさわらないようにしているようです。実際にお金を持っている、お客さんを持っている、土地を持っている銀行や商品会社などを中国人が取るという感じです。それは戦いなのか、なあなあでやっているかは分かりません。アメリカと中国とでは入って来るやり方がどうも違いますね。

 

副島 中国が全部買っていくのは大きな歴史的な動きだ。先端技術から、ハリウッドの映画会社や配給システムだろうが、出版社だろうが何だろうが、全部買う

 

大谷 今やドローンは中国が最先端です。

 

副島 人間が乗れるドローンという、とんでもないものまで深圳にはある。

 

大谷 動画が出ていましたね。ドローンを作っているのは全部、人民解放軍らしいんですけれど。

 

副島 そうです。あれは軍ビジネスですね。

 

大谷 日本はイージス艦やイージスの陸上版のイージス・アショアを買わされていますが、中国人はドローンを1000機とか1万機の遠隔操作で一気に飛ばして、それに手榴弾か何かをつけて100ヶ所、1000ヶ所、1万ヶ所に飛んでいくようにするらしい。いくら潰されても、1万機撃ち落とされても2万機飛ばすという話なので、これまでの兵器システムが全然通用しなくなる。中国人のやり方はそういう感じです。

 

■ユニクロ商法のそっくりさんも出てきた

大谷 (前略)日本の無印と看板がそっくりです。無印は赤字にMUJIですが、同じ赤字にカタカナで「メイソウ」と書いてあります。ぱっと見たら無印と間違えるくらい似ている。

この創業者は日本人の三宅順也ということになっていて銀座に登記されています。実際の創業者は葉国冨(イエグオフー)です。

 

もともとはアイヤーヤーという髪飾りやアクセサリーの会社の創業者です。日本によく来ていて日本のビジネスのやり方を観察して、「100均ショップ」などの格安販売がこれから中国でも流行ると考えた。中国で品質は非常にいいし、作っているやつらは優秀なのに、商売を知らないから買いたたかれている。だから、こういう業者を集めて使って自分が商売しようというので、うまくいっています。

この葉国冨が銀行絡みの合併を裏でやっている金主らしいという話を聞きました。または彼の近くにいる人間がやっているようです。名創の表の顔は日本人になっています。おそらく銀行の合併などでも日本人が頭にいて、ちゃんと理路整然とやるのでしょう。しかし、お金を出してコントロールするのはどうも中国人という感じになるんじゃないでしょうか。

 

具体的に中国人が銀行の取締役や副頭取になったという話しは、今のところ聞いていません。表には出てこない。台湾人も聞いていません。ただ、EPS益新(エバー・プログレッシング・システム)など上場企業では中国人社長がどんどん出てきました。

 

副島 一部上場ですか。

 

大谷 一部上場です。ESPの厳浩社長は北京大学出で、東大の医学部か薬学部に来て、そこのプロフェッサーの下で育てられて、東大の治験データを分析する会社を作れと言われて作った。それで一部上場まで来た。日本が西洋から習ったこの150年間の西洋近代の医療データの分析技術を中国に移して、中国の医療技術を日本レベルにするために動いています。

 

副島 医療関係ですか。

 

大谷 医療関係のCRO(Contact Research Organization 医薬品開発業務受託期間)といって薬品開発における治験に関わる業務を支援する企業です。この厳は非常にやり手です。中国では100万人以上の大都市の幹部は何歳以下でなければいけないという共産党の内規があるらしい。なぜなら高年齢まで権力を握らせると閥を創ってしまうからです。北京大学出の厳はどこの市に行っても同じ北京大学出の後輩が市長をしている。彼は市長達よりも年上なので、仕事がスムーズに進むようです。

 

副島 習近平による共青団潰しだ。中国のエリートはみんな中学から共産主義青年団に行って、反習近平派だから団結させないように壊してしまった。共青団系の大学や研究所は、全部潰した。中国で、貧乏だけど勉強秀才たちはみんな共青団に入る。7歳ぐらいからピオニールという子供版もある。14歳から共青団に入れる。

 

大谷 中国人がそうやって日本の上場企業の社長になっても、株式市場は違和感がなくなってきました。誰も反発しません。この人の場合は東大のph.Dを取っている。そういうやり方で入ってくるんじゃないですか。

まずは株屋の世界で、「この企業は別に問題ない」と言う扱いになる。株屋がよければ銀行でもいいでしょうという話しになりますから、確実に浸透してきている。証券会社はシンガポールの連中が買いに来ている。彼らも架橋ですから、どっちにしても中国人に飲み込まれます。

 

副島 架橋は北京から見たら品がないというか、格下に見られるんですよ。流れ出て行った中国人だから。香港の人間と架橋は、人間が貧相で下品だね。北京のやつらは堂々としている。

 

大谷 上等の背広を来てスラットしていますが、なんだかよく分からない感じです。今の日本人に言う資格はないかもしれませんが、土性骨がない。

 

 

(中略)

 

大谷 そんな感じで、中国人とアメリカ人のせめぎ合いの中で、ヨーロッパ人がなんとか占めに掛かっています。そういう構図の中で、日本はルールを作る力はありませんが、まだお金があるので買われる側になるでしょう。これはずっと変わっていません。

今回のVIX不正に関しては、それを仕掛けたやつらがいるはずです。投機筋がVIXを不正操作して、それがたぶんフラッシュ・クラッシュまで繋がった。それを阻止する気か、何かのために、ヨーロッパはミフィッドⅡを被せてきています。それでもたぶんクレディスイスは潰されるだろうという話しになってきている。日本でやられそうなのは、前にも述べたようにみずほ銀行です。三菱UFJ銀行は、自分で自分を壊しに入っています。大リストラをした上で、フィンテックか何か知りませんが、内部のメーンフレーム・コンピュータそのものをなくすと言っていますので。

 

副島 三菱は何をやる気なのか。ちょっと分からないね。確かに破れかぶれのようにも見える。どこかが日本のメガ銀行を乗っ取りにくるわけではないから。中国がじわじわ地銀を取りに来る。アメリカは今は弱い。

 

大谷 彼らはどうするんでしょうか。シティは大分弱ってきたと聞こえてきます。でも、つぶれないですね。

 

副島 潰さないんです。シティは大借金を抱えたままだと思う。政府がシティを支えているはずだ。ディヴィッド・ロックフェラーの持ち物だから、潰さないでくれと遺言したらしい。

 

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2018/12/6003.html/trackback


Comment



Comment


*