2008-08-12

エネルギー経済 1  世界のエネルギー埋蔵量

%E3%83%89%E3%83%90%E3%82%A4%E7%94%BB%E5%83%8F%EF%BC%92.bmp
みなさん、こんにちは :D
この号よりこれまでの炭素本位制シリーズから変わり「エネルギー経済」シリーズが始まります。まず、現在、地球上の「エネルギー」と言ってもいろいろありますよね。石油、天然ガス、石炭などの3大化石燃料。はたまた注目の太陽エネルギー、風力、バイオマス、原子力などの再生可能エネルギー。大きく現在の世界での消費量は石油40%、石炭25%、天然ガス25%、残り10%が水力、風力、原子力、太陽エネルギー、バイオマスなどとなっているようです。つまり、再生可能エネルギーとは言ってもまだまだシェアは化石燃料に頼っていることが言えますね。 :roll:
↓↓↓つづきの前にポチッと

にほんブログ村 経済ブログへ


これだけ需要の多い(今後もつづくであろう)化石燃料ですが、じゃあ実際今、世界のエネルギーがどれだけ残っているのか?気になりますよね!? :o
ということで今回は最初なのでその辺りをちょいと調べてみました :wink:
原油、石炭、天然ガス、に加え今注目!?の原子力の燃料ウランの埋蔵量と可採年数です。
%E5%9F%8B%E8%94%B5%E9%87%8F%E5%86%86%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%95.gif
■原油
全世界の埋蔵量:1兆2279億バレル(2007年末時点可採量)
可採年数:41.6年http://www.kuma55.com/oil/

■石炭
全世界の埋蔵量:9000億t
可採年数:190〜150年
■天然ガス
全世界の埋蔵量:180m2
可採年数:65〜70年
日本にも埋蔵量はある。
■ウラン
全世界の埋蔵量:474t
可採年数:80年(プルサーマル含)http://www6.fepc.or.jp:80/thumbnail/infobase/e-04.html

やはり可採年数が気になるところですが原油はもうあと41年しか持たないんですね
とはいってもまだこれから新たに油田が開発されるかも・・・との希望もありますがこの数値も実に流動的。30年前はあと30年しか可採できないといわれていたこともあり、今後どこまで持つのかは消費と油田開発次第といったところでしょうか。
しかしながら、その他のエネルギーももう待ったなしという状況には違いありません :x

1970年代に二度にわたる石油ショックを経験したが、再生可能エネルギーの消費割合はほとんど増えていないことも注目すべきである。これらのエネルギーは埋蔵エネルギーと比較して、生産コストが高いままとなっている。再生可能エネルギーは、石油・天然ガスに比べ、政治・経済・金融問題として取り上げられるところまで行かない。現在の再生可能エネルギー使用量の割合は、国際エネルギーシステムの硬直性を物語っている。このとこは、安価であった石油に依存した輸送手段が急速に発展してきたこととともに、歴史的に明白である。現在、世界で消費される石油の半分以上が陸・海・空での輸送手段の燃料として使われている。需要と供給の関係に変化が見られないかぎり、短期的にこの構造に変化は起こらない。
こうした構造の背景には多数のさまざまあな関係者がこうした構造の中で経済活動に従事していることが挙げられる。原油・石炭・天然ガスの生産、原油パイプラインや天然ガスのパイプライン、船やトラック、在庫施設、流通機構、これらの活動から生じるすべての金融取引、そして政府の課税行為などが、こうした構造のなかに組み込まれている。※書籍 「世界エネルギー市場」 作品社 より引用

やはりこれまでのパイプラインや輸送燃料などのシステムをみても大きな改革がない限り化石燃料への依存はかわりなさそうですね。
化石燃料の動きがCO2に並んでこれまで以上に経済活動に影響を生んでいくことでしょう。CO2市場が拡大していますが、その背後には当然エネルギー市場が関わってきます。このシリーズではエネルギーの経済はどうなっているのか? をテーマにして調べていきたいと思います :P

List    投稿者 watasin | 2008-08-12 | Posted in 06.現物市場の舞台裏, 08.金融資本家の戦略6 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2008/08/627.html/trackback


コメント6件

 hassii | 2008.12.18 21:29

G20経済サミット前後の各国の動きをみて、ドル一極体制から多極化体制へ移行すると言っていましたが、端的に言うと大国の勢力争いではないか?と疑っています。その証拠に中国やロシアは反アメリカ意識のある各国を訪問親交を深めていました。いやいやそんな単純な話しではないぞということでしょうか?

 nakamura | 2008.12.20 23:28

そもそも「金融市場」とは、そのものが《実体経済からの抜け道である信用創造》という【騙しの構造】であること。借金を下敷きにした信用創造と言う架空観念を捨てることでしょうね。

 Tech, Music, & Beyond | 2008.12.30 20:44

日本の動向と今後の進むべき道

一方、日本はどうか?主な要素は、
1. 株価暴落
実経済は米国のような不動産バブルがないのに、海外投資家の資金引き上げに伴う
株の大幅な暴落が発…

 hermes handbags ireland | 2014.02.02 12:24

euler hermes.fr/eolis 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 世界経済はどうなる!?〜その5.市場主義の背後にある意識の変化(日本)〜

 wholesale bags | 2014.02.10 11:07

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 世界経済はどうなる!?〜その5.市場主義の背後にある意識の変化(日本)〜

 cheap handbag | 2014.03.13 3:27

hermes bags dubai schools 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 世界経済はどうなる!?〜その5.市場主義の背後にある意識の変化(日本)〜

Comment



Comment


*