2010-09-12

ゴールドの真相に迫る−3 金の保有量と需給

世界とゴールド.jpg
前回の記事では、金(ゴールド)に関する基礎知識を押さえた。
②ゴールドの真相に迫る−2 金(ゴールド)の物性・生成〜生産まで
①ゴールドの真相に迫る−1 プロローグ
 
 
今回は、闇勢力の金(ゴールド)を把握するためにも、まずは、公にされている世界中の金(ゴールド)が、どのくらい保有されており、その構成と動向はどうなっているのか、について見ていきたい。
続きを読む前に応援お願いします。
 

にほんブログ村 経済ブログへ


世界のゴールド保有量.jpg■世界の金の保有量は「16万t」
世界の金(ゴールド)の保有量は16万tと言われている。量にするとオリンピックプール3杯分程度となり、金額に換算すると、約560兆円(1g=3,500円換算)となる。
 
日本の国の借金は900兆であるから、それよりも少ない資源しか存在していないことになる。
 
16万tの内訳は、宝飾品:83,700t、民間投資用:29,600t、公的保有:28,900t、となっており、宝飾品が全体の約半分を占めている。
 
金(ゴールド)の埋蔵量は残り7万tと言われており、現在のペースであれば約30年で掘りつくされることになる。
 
副島氏によると、闇の勢力も含めると、50万t(1,750兆相当)あるのではないかと推計しており、実態は定かではない部分も多い。
参考:「副島隆彦の今こそ金を買う」(副島隆彦、2008年)
 
 
■国家別金(ゴールド)の保有量(準備金)
国家・中央銀行などの準備金(上記:公的保有)の保有量は、約29,000t。特にアメリカの保有量は8,974tと全体の28%を占め、群を抜いている。しかも、毎年増加傾向にある。
 
2位以降は、ドイツ、イタリア、フランスなどの欧州勢が続く。それら約60カ国の中央銀行や国際金融機関の準備金も、FRBの地下金庫に保管されており、金(ゴールド)の多くがアメリカに集約されている状態にある。
 
 
ただし、中国がアメリカから購入した金(ゴールド)が、タングステンであったという事件があったように、アメリカの金庫には本当に金(ゴールド)が存在しているのだろうかは、明らかではない今後の追求ポイントである。
参考:るいネット「米国産の偽の金塊を受け取ったと中国が主張」
 
もう1点、各国の準備金に不透明さがある。
金(ゴールド)の売買において装飾品扱いで行えば資産(準備金)扱いとならないため、IMFに対する許可が必要なく売買を行うことができる。つまり、国家が公にせず、金(ゴールド)の保有を隠蔽するための行為も行うことができることを意味している。
例えば、中国は政府系ファンドを持っており、間接的に金(ゴールド)を集めることができる。金(ゴールド)をむさぼり集めている中国だが、その保有量は一体どのくらいなのか?
 
 
■金(ゴールド)の需要と供給

全世界の金(ゴールド)の需要=供給は年間約4,300であるt。
2009年の内訳で見ると、供給の内訳は、鉱山の生産が2,572t(60%)、回収・スクラップが1,674t(39%)となっている。
需要の内訳は、加工用2,417t(56%)、欧州投資家1,429t(33%)となっている。
国別の内訳は前回記事に記載しているので参照ください。
 
 
国家別装飾用ゴールド.jpg需要の内訳は宝飾品:1,759t、加工用2,417tとなっている。また、装飾品の金(ゴールド)消費量の多い国は、インド:約460t、中国:約320t、アメリカ:約180t、トルコ約160tであり、アジア圏における消費が高いことが分かる。
 
 
 
 
 
上記資料で注目すべきは、「欧州投資家在庫へ流入」という内訳である。年々、増加傾向にあり、2009年には前年比4.3倍となっており、2009年の総需要の1/3を占めている。
これは一体、誰の、どんな動きを示しているのだろうか?

 
 
より鮮明に、金(ゴールド)の動向を明らかにするためには、金(ゴールド)取引の原動力である、金(ゴールド)の生産基盤を押さえる必要がある。
そこで次回は、世界で力をふるっている主要4大鉱山会社を押さえ、その牽引者は誰か?を探っていく。

List    投稿者 hasihir | 2010-09-12 | Posted in 06.現物市場の舞台裏, 08.金融資本家の戦略8 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2010/09/1391.html/trackback


コメント8件

 コーチ アウトレット メンズ | 2013.10.29 23:20

コーチ かばん

 discount louis vuitton handbags china | 2014.01.16 3:11

cheap gucci wallet for men 金貸しは、国家を相手に金を貸す | ブログ『(新)日本の黒い霧』の紹介−(8)JAL123便が運んでいた積荷の正体とは?
discount louis vuitton handbags china http://indepthwatersports.com/images/discount-louis-vuitton-handbags-china-5805.asp

 keywords3 hermes handbags | 2014.02.01 18:07

hermes ohrdruf 金貸しは、国家を相手に金を貸す | ブログ『(新)日本の黒い霧』の紹介−(8)JAL123便が運んでいた積荷の正体とは?

 cheap hermes black purse | 2014.02.03 14:12

hermes uk nottingham depot 金貸しは、国家を相手に金を貸す | ブログ『(新)日本の黒い霧』の紹介−(8)JAL123便が運んでいた積荷の正体とは?

 spain hermes handbags | 2014.02.07 18:39

hermes replica outlet 金貸しは、国家を相手に金を貸す | ブログ『(新)日本の黒い霧』の紹介−(8)JAL123便が運んでいた積荷の正体とは?
spain hermes handbags http://www.kurtz.se/so-kelly-bag-hermes-Spain-Hermes-6561.aspx

 Robertsi | 2014.02.08 20:40

私は今日、オンラインで3時間以上ネットサーフィンされているが、まだ私はあなたのような何か面白い記事を見つけたことはありません。それは私のための十分なかなり価値がある。あなたがしたように、すべてのウェブサイトの所有者やブロガーは良いコンテンツを作った場合は、私の見解では、インターネットははるかに有用これまで以上になります。

 wholesale bags | 2014.02.09 14:39

金貸しは、国家を相手に金を貸す | ブログ『(新)日本の黒い霧』の紹介−(8)JAL123便が運んでいた積荷の正体とは?

 afour | 2014.03.11 17:38

金貸しは、国家を相手に金を貸す | ブログ『(新)日本の黒い霧』の紹介−(8)JAL123便が運んでいた積荷の正体とは?

Comment



Comment


*