2008-05-26

国際金融都市東京〜都市とオフィスのPRや如何に!

080519_graph.jpg
国際金融都市〜東京
23区内で2008年以降に完成する延べ床面積1万㎡以上の大規模オフィスビルは、計122棟、総延べ床面積665万㎡に上ることが日経不動産マーケット情報の調べでわかった。
総延べ床面積は、新丸の内ビルディングの約34棟分に相当する。
この調査は、オフィスを主用途とする延べ床面積1万㎡以上の建物を対象とされ東京23区で、自社使用、賃貸の別を問わず、2008年4月に調査を実施した。
2008年に完成するビルは、総延べ床面積71万㎡と少ないが、2009年から2012年にかけては、毎年100万㎡以上のビルが完成する予定だ。
今回の調査では、新たに44棟のオフィスビル計画が明らかになった。
このうち、2010年までに完成する予定のビルが29棟を占める。単独ビルの建て替え計画などが増え、立地が広範囲に分散する傾向が強まっている。臨海副都心や豊洲地区で大規模な計画が浮上したほか、ここ数年、計画が少なかった渋谷駅周辺でも複数のプロジェクトが進んでいるとのこと。
都市一極集中(オフィス需要)は、留まるところを知らない。
国内には、それ程伸びる業種が無い状況の中で、122棟、665万㎡ものオフィスを建てて一体誰が使うと言うのでしょうか?
明らかに、欧米外資や諸外国から金融業をはじめとする外国人企業を受け入れる為である。
では、どうやって世界に向けてPRしているのでしょうか?
続きは、クリックして下さい。

にほんブログ村 経済ブログへ


不動産プロフェッショナル国際マーケット会議(MIPIM2004)への出展等について
リンク

1.出展等の目的
わが国において政府をあげて取り組んでいる都市再生を一層円滑に進める上では、国際競争力の強化や新産業の担い手となり、新規雇用の拡大にも通じる外資系企業の導入を図ることが有効である。このため、昨年度に引き続き、MIPIMへ出展し、政府、地方公共団体、民間企業等が連携して都市再生に関する支援や取組状況等の紹介など積極的に「都市セールス」を行い、、外資系企業の誘致促進の一助とする。
2.MIPIM2004の開催日時・場所
平成16年3月9日(火)〜12日(金) カンヌ・フェスティバル会場(フランス)
3.出展等の概要
国土交通省、都市再生本部事務局
東京都、大阪府、大阪市、福岡市、川崎市、関西文化学術研究都市推進機構、民間都市開発推進機構
都市開発関係ディベロッパー(三井不動産(株)、三菱地所(株)、森ビル(株)、東京建物(株))
が共同して、わが国の都市再生に関する取組や具体的なプロジェクト等のPR及び意見交換を行う。
日本ブースにおける展示
入り口広告スペース、メインストリートのアンテナ・ブース、充実した展示イベント・ブースにおいて、都市再生に対する政府等の取組、投資環境の良さ、各都市の魅力、具体的なプロジェクトの概要等を3D映像、パネル展示等によりPRし、日本の存在を多面的に訴える。
01.jpg
ジャパン・コンファレンスの開催(3月10日(水)午後5時)
テーマ:  「Changing Global Cities 〜Accessible Japan〜」
スピーカー:
 伊藤  滋 氏 :西欧諸国の都市との比較による日本の都市の紹介
 隈  研吾 氏 :西欧諸国との比較による日本の建築の最新動向等の紹介
外資系企業等との意見交換
日本ブース及びジャパン・コンファレンス会場等において、外資系企業、外国の政府・地方公共団体等との意見交換を行う。
平成16年2月24日
内閣官房都市再生本部事務局
<問い合わせ先>
都市・地域整備局
大都市圏整備課
(内線32311)
電話:03-5253-8111(代表)
(参考)MIPIM(Marche Internatiounal des Professionnels de l’IMmobilier)の概要
目的
都市開発等に関連する国、地方公共団体、民間企業等の関係者が一堂に会して、都市開発に関するPR、情報収集、パートナーシップの形成、不動産に関する商談・契約等を行う。
(1990年より14年連続開催)
昨年の参加状況、出展団体:1,836団体、参加者: 14,962名(65カ国、5,253団体)

国際不動産見本市
国、地方公共団体、民間企業が、挙っての都市とオフィスの宣伝活動する場があるのです!
東京以外にも関西、九州も対象となっています。
この外資との意見交換って言うのも怪しいです!
こうした事実は、新聞やテレビでは報道されませんね。
東京は、国民の知らないところで外国人企業で溢れるのでしょうか?
当然、国内企業との合弁や買収劇が、開始され様としているのです。
国際不動産見本市(MIPIM)の主催者って、一体誰なのでしょうか?

List    投稿者 nakamura | 2008-05-26 | Posted in 04.狙われる国の資産1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2008/05/555.html/trackback


コメント1件

 wholesale bags | 2014.02.10 17:24

金貸しは、国家を相手に金を貸す | ドバイ??

Comment



Comment


*