2019-11-19

国際情勢の大変動を見抜く!-39~ニューディール政策はアメリカ人の富を使って社会主義的政策を世界に広めていくという構想~

ニューディール政策

表題の内容は驚きだった。アメリカの威を借りた金貸しはソ連の社会主義化の画策の後も、世界全体に社会主義的政策を広めていく戦略を取っていた。

ニューディール政策を推進したフランクリン・ルーズベルトは金貸しによって擁立された大統領で、この政策自体も金貸しが支配した司法によって立憲されたもの。

このように用意周到に計画された政策だったのだ。

この後、社会主義化の矛先は中国に向かう。その際邪魔だったのが日本。金貸しは日本潰しに取り掛かる。日中戦争から繋がる第二次世界大戦がその集大成だという。

 

『知ってはいけない現代史の正体』(馬渕睦夫 著)からの紹介です。

*************************************

■1930年 ニューディール政策

◇通説   :国民の不安を軽減しファシズムに対抗して民主主義を守る政策だった。

◇歴史の真相:アメリカ経済を社会主義化することを目的とした政策だった。

 

●全世界のために利用されるべきアメリカの富

1920年にニューヨークの株式市場が大暴落し、世界恐慌が起こります。過熱した株式市場を警戒する投資家の心理からいわば自然発生的に暴落が起こったのではありません。既にFRBの創設によってアメリカの金融を握った国際銀行家たちが意図的に株式を暴落させたのです。これによって多数のアメリカ企業が倒産し二束三文でこれら国際銀行家たちに買い占められました。彼らはフーバー大統領の経済政策に協力しませんでした。故に、フーバーは1932年の大統領選でフランクリン・ルーズベルトに敗北します。ルーズベルトはニューディール政策でアメリカ経済の立て直しを図ります。フーバーには冷たかった国際銀行家たちは、ルーズベルトには率先して協力します。それもそのはずです。ルーズベルトは彼らに大統領にしてもらったのですから。

にほんブログ村 経済ブログへ

ルーズベルトの側近は、ウィルソン政権同様、社会主義者で固められていました。ルーズベルトはキングメーカーである社会主義者にとって大変好ましい「国際主義者」でした。ロシア革命の熱狂的支持者で、オクシデンタル石油の経営者であるユダヤ人のアーマンド・ハマーは、自伝『ドクター・ハマー』の中でルーズベルトを次のように評しています。

 

「彼はアメリカの政治体制を熱烈に擁護したが、同時に、アメリカの富が国民のためばかりではなく、全世界のために利用されるべきだと考えていた。そして、アメリカが全人類の進歩のために欠くことが出来ない存在であり、またそうなることが可能だと信じて疑わなかった。これこそ、あの雄弁と機知と魅力、そして思いやりをもって彼が提唱したニューディールの意義であり、推進力だったのである」

 

「ニューディールとはアメリカが全人類の進歩のために貢献する手段である」とは、つまり「ニューディールはアメリカ人の富を使って社会主義的政策を世界に広めていくという構想である」ということです。だからこそ、社会主義者であるユダヤ系アメリカ人がニューディール政策の推進を担いました。

 

●憲法違反に問われたニューディール政策

ニューディール政策は、その社会主義的傾向がアメリカ憲法に違反しているという理由で最高裁まで争われたことがあります。例えば、物価調整を目的に生産量を調整する「全国産業復興法」は、企業活動の国家が規制しようとするものであり、憲法に示された経済の自由に違反する、という具合です。

 

こういった裁判において、最高裁の場でニューディール政策を支持し続けたのが、前出のブランダイス判事でした。ニューディールの政策立案者の多くはユダヤ系の政治家や弁護士で、そのための人材をリクルートしていたのがブランダイス判事と甥のフェリックス・フランクファーター・ハーバード大学教授でした。

 

フランクファーターは、ルーズベルトの推薦のもとで1939年、ブランダイスとカルドーソに次ぐ州知事の時代からアドバイザーを務め、ニューディール政策立法について様々な助言をルーズベルトに行っていました。フランクファーターが助言して成立させたニューディール政策立法をブランダイス最高裁判事が合憲と判断する、という図式です。フランクファーターは前出のスティムソンの友人であり、スティムソンが目を掛けていた人物でもありました。

 

ニューディール政策は、アメリカ経済を社会主義化することを目的としました。当時の世界最強の資本主義国を社会主義化するという壮大な意図を持つ実験でした。その実験をもとに、ニューディール政策を世界に拡大しようとしたのが、第二次世界大戦だったということもできます。

 

アメリカの社会主義勢力は、第二次世界大戦において、「ソ連の擁護」と「中国の共産化」を計画しました。その核の一つになったのがニューディール政策の中心人物、ブランダイスとフランクファーターだったのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2019/11/6653.html/trackback


Comment



Comment


*