2008-04-05

美味しい日本を守るには?

外国人から見たら、確かに日本は美味しい。
このブログでも外資による日本買いに関して幾多の報告をしてきました。
今回は、少し単純に俯瞰してみます。
%E6%97%A5%E6%9C%AC%E8%B2%B7%E3%81%84.jpg
写真はコチラからです
少し前(2006年6月)のブログの外資系ファンドの経営者の日本経済に対する味方の記事を紹介します。
応援もお願いします

にほんブログ村 経済ブログへ

彼の今後将来の日本に対する印象は一言で言って「買い」です。
多くの本を書く長谷川慶太郎氏の主張のような理由で買いの考え方を持っています。
要は、世界の多くの商品の部材や技術を日本がかなりの部分握っていること。
貿易収支も大幅な黒字、しかも投資による所得収支が貿易収支を上回っていること。
アメリカの治安の悪さやヨーロッパのような労働問題を抱えていないこと。
中国や韓国とは違って、日本が欧米諸国と違和感のないメンタリティーを持っていること。
などなど多くのプラス要因があるので、
確かに少子高齢化の問題や官僚主導の政治体制の問題。
あるいは農業や公共投資など恐ろしく効率の悪い部分の存在の問題。
地方経済の疲弊の問題。
などなどのマイナス要因はあっても、これからの日本は世界で最も重要なポジションを占める可能性が高いと言うのが、彼の考え方の基本です。
ですから、日本、特に東京の不動産は一部超高値で売買されている場所、たとえば銀座とかは別にして、
前も書きましたが、たとえば中目黒の目黒川沿いとか、日本橋周辺、水天宮、人形町、中野・・・・・・・・・・・・などなどは、新しいコンセプトの不動産開発の可能性が高く、魅力ある不動産の原料として考えると非常に面白いと思っているようです。
あと有名銘柄では代官山とか麹町も好きで、まだまだ投資物件があれば、現在の利回りなんて関係なく買いの姿勢を持っているようです。

「思うように資金調達ができない方へ」より
この状況今もあまり変わっていないのではないか?
ドルの暴落を予見するほどに、どうする?→(早めに)日本の資産に変えておこう。
ユーロから見たら、まだまだ円は安い。
国内を見ても、日本人から見たらとてつもない高級ホテルに外国人観光客ばかりが泊まっているのもこの現象の一つでしょう。
外資に不動産を売る行為は、もしかして売国奴なのかもしれません。
長〜い眼でると、将来的に、最終的には、買い戻さなければならない負債を、現在の目先の自分の(自社の)旨みのために積み上げているようなものです。
日本は、当の昔に、外資が投入されて喜ぶ国家ではなくなっているのですから・・・・今日はこのにしときます。

List    投稿者 gokuu | 2008-04-05 | Posted in 04.狙われる国の資産9 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2008/04/506.html/trackback


コメント9件

 やが | 2008.07.15 22:14

>欧米が押し付けた最新農法よりも、古くから行われてきた伝統農法(小規模多品種作物農法)の方が、はるかに生産性が高いんです!!
これにはビックリです。
そう言えば日本の農家は、今でも多品種を育てている家が多いのではないでしょうか。

 kaku | 2008.07.16 14:37

>やが 様 コメントありがとうございます。
たしかに、いろんな作物を育てているほうが、当たり前の光景のような気がします。むしろ、同じ作物を大量に作ろうとする背景には、収奪とか儲けたいという動機があるように思います。

 ななし | 2008.07.20 18:37

コメントを入力してください
そりゃ金持ちや法人を税制で優遇して公共事業や交付税(富の再分配)を減らせば格差が広がるのは当然ですね。
しかも併せて労働法制の緩和や株式の持ち合い・護送船団方式を解消して外資に売って株主利益至上主義にしたんだから余計です。
正確には日本人の富裕層も激減しています。
要するに日本人全体が貧乏になったという事ですね。
森永氏は年収300万円以下になると予言していましたがもっと低くなりそうです。
もっともここのところのサブプラ崩壊やオバマ政権誕生でその流れ自体が変わるかも知れません。
清和会新自由主義→旧経世会ケインズ型平等主義への回帰があるのかも知れません。
まあ私の希望的観測ですがね。

 kaku | 2008.07.22 15:20

ななし 様 コメントありがとうございます。
なるほどです。
法人優遇→所得格差拡大
交付税減→地域格差拡大
株主優遇→資本家と生産者の格差拡大
といったかんじでしょうか。
日本の富裕層も減っているんですか?!調べてみたいと思います。
格差問題とは収奪・搾取の問題とも言えます。社会をどうする?という課題を捨象して搾取を正当化したのが新自由主義なんでしょうね。
従って、格差を前提としてバラマキ政策をとるのは違うと考えます。個人を救済するためではなく、より社会全体として活力の出る方向に資金=税金を投入していく必要があると思います。

 にしか | 2008.07.23 0:11

>伝統農法を根絶させ、
金が無いと生きていけないようにして、
 
そのようにして国家も借金漬けにされてしまい、植民地化されてしまったのですね。。。
 
!!驚きです!本当にいい思いをするのは、一企業なんですね。
分かりやすくまとめていただいて、すごく良く解かりました〜☆

 kaku | 2008.07.23 14:00

にしか 様 コメントありがとうございます。
そうなんです。このように、収奪の手口には必ず「騙し」がセットになってるんですね~
この事実をもっと多くの方に知って欲しいと思います!

 fashion hermes bags | 2014.01.16 12:51

gucci bamboo bar 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 格差があるのはなんで?-2
fashion hermes bags http://motivointeractive.com/images/fashion-replica-hermes-bags-fashion-hermes-bags-5582.asp

 ireland hermes handbags | 2014.02.03 17:09

hermes bags store 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 格差があるのはなんで?-2

 Norway Hermes | 2014.02.07 6:47

hermes replica leather bag 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 格差があるのはなんで?-2
Norway Hermes http://fairybeautiful.nl/Norway-Hermes-bags-Norway-Hermes-4394.asp

Comment



Comment


*