2009-10-28

「民主政権下で郵政民営化どうなる?」(4)  デビッド・CIA・マスコミ VS 民主党・亀井の闘い

郵政民営化見直しへの動きが進んでいます。
「政府・与党は15日、今月26日召集予定の臨時国会に郵政民営化見直し関連法案を日本郵政グループの株式売却凍結法案1本に絞って提出する方針を固めた。
そのため郵政民営化見直しを最優先課題に据える国民新党は、基本法案に盛り込む予定だった(1)郵便局での郵便、貯金、保険の3事業の一体的な提供(2)金融2業の全国一律サービスの実施−−を閣議決定に持ち込む方向で調整を始めている。」
10月16日 毎日新聞 より
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

にほんブログ村 経済ブログへ


「民主政権下で郵政民営化どうなる?」(2) 欧米支配勢力による日本収奪の過程と今後のシナリオで、日本資産収奪を進める勢力について概観しました。
郵政民営化とアメリカによる日本支配が主にデビッド・ロックフェラーとその手先;自民党(小泉・竹中路線)によって進められてきたこと、そしてリーマンショック後、世界覇権は大きく欧州貴族が握り、その下にロスチャが組み込まれている状況になっている。
その状況で日本において民主党が誕生、郵政民営化方針が見直されつつある状況です。
世界覇権を巡る戦い
 
欧州貴族+ロスチャ+ジェィ・ロックフェラー(主に金融勢力) 
        VS デビッド・ロックフェラー、CIA(主に戦争・石油・食糧勢力)

  
★さらに最近に絞って郵政民営化を巡る国内と支配勢力の暗闘についての記事・状況を整理してみます。以下。
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
・6月:簡保の宿騒動 :西川社長が居座り、鳩山総務相降板 、デビッドロックフェラーの手下読売ナベツネの豹変(鳩山側へ)
 
・8月:民主党政権成立   
今だから出てきた『戦争屋=CIAを挑発する画期的な鳩山宣言』
・9月:亀井郵政・金融担当大臣:命がけの就任
・9月:中川昭一の死“は亀井への脅し
中川昭一は、なぜ殺されたのか? 亀井に対する「脅し」では?
・10月:郵政民営化見直しを巡る国益派VS戦争屋−CIA勢力との闘い
・10月:欧州貴族の軍門に下ったロスチャイルド? 追い詰められるロックフェラー?
・10月:経世会志向の民主党への妨害工作激化の兆し
>これらの政治家不審死事件に共通するのは、米国ジャパンハンドラーにとって不都合な非親米の経世会政治家や、反米的政治家に偏って発生しており、不審死以外の失脚も経世会系政治家に異様に集中しています。
・10月:日本郵政の社長;西川降板、元大蔵官僚の斉藤次郎氏就任
////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////
上記の最近の動きを大きく見ると
●民主党(≒旧田中派) VS CIAの戦いと言ってもいい。戦後ロックフェラー+CIAが日本支配のために構築してきた、マスコミと特捜という下請組織けを使って、民主党攻撃を続けている。特に最近の朝日、日経新聞など構造改革派の動きが忙しいし、CIA系の週刊新潮・文春なども民主党への攻撃ぶりは異様感じがするくらいだ。
民主党 VS デビッド・ロックフェラー / CIA
                       └−竹中(構造改革派)+マスコミ+特捜

JPA8ZCAYG24L7CA267KJOCAE8INSCCAJ8M0V3CAF1VBGOCA4CUK0UCA2VT2I1CAVWIEODCAHUQ8N2CAQ3DJCUCAY54GPICAC8NS5KCA4IGD04CAIADRJ7CAUTYGP7CAL42M7KCATDC5KRCAVR3487.jpg
民主党幹部(小沢・鳩山)は、諜報能力を持つ英国・欧州貴族+ロスチャと組むことで、なんとかCIAの動きをかわしている。ただ日本のマスコミは殆どがデビッドロックフェラー系が握っており、マスコミの動きは殆ど制御できていない。(民主党はなぜマスコミ規制をやらないのか?)
※民主党の幹部(小沢・鳩山)は旧田中派。田中派(後の経世会)はCIAに狙われ、多くの政治家が不審な死を遂げ、勢力を殺がれてきた。仲間が狙われ潰されていく中で、小沢はCIAに潰されない方策を考えながら、ジェイ・ロックフェラーやロスチャ、欧州貴族にたどり着いた。民主党とCIAの闘いは田中派以来、ロッキード以来の40年戦争だ。
EUDQTCAFL2LW7CAZ50MNWCAKGDEBYCANS8XORCA2G3BE8CAP1YL8ACA2PRYCGCA7EZDTCCADKNK7QCAS6YKY3CALMMYQECADEWCD2CAKQQLHPCABF5ZKRCAAVEPXYCAMYF5TYCAYR0V54CAVS8TU8.jpg
★★最近の状況変化
①つい最近、日本郵政へ斎藤次郎氏の社長就任があった。
②民営化派だった奥田相談役が留任、曽野綾子が転向して役員に就任した。
これらの動きをどう見るか?
斉藤次郎氏就任は、二大支配勢力間で、郵政はデビッドロックフェラー(戦争屋)側に任せることで合意したのではないか・・・・・!?という衝撃的な見方が出ています。小沢・ナベツネ・斎藤次郎は、2年前の大連立騒動でも連動しているという指摘もあり、戦争屋(デビッド)ラインで動いている可能性は考えられます。
参照;渡辺恒雄氏ー小沢一郎氏ー斎藤次郎氏の大連立構想
●二大支配勢力の棲み分けに決着?    href="http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/MYBLOG/yblog.html">ベンチャー革命より

JPは今回、元大蔵官僚(親・戦争屋官僚か)経由にて戦争屋=CIAの手に落ちたということです。今年6月、鳩山邦対西川バトルの際、戦争屋=CIAエージェント・読売ナベツネの豹変から、筆者は今回のような事態(JP社長に親米官僚天下り)をある程度、予測していました。
 (中略)
ところが、その後も、戦争屋と銀行屋の日本郵政利権の争奪延長戦が闇で続き、今回の人事が決まったと思われます。簡単に言うと、戦争屋と銀行屋の棲み分け(妥協)が成立、日銀の究極支配権を銀行屋(日銀の株主でもある)がもらう、その代わりJPの究極支配権を戦争屋がもらうというような話で決着がついたのではないでしょうか。 

●小沢・亀井両氏は戦争屋=CIAに屈したのか       href="http://blogs.yahoo.co.jp/hisa_yamamot/MYBLOG/yblog.html">ベンチャー革命より

 小沢氏も亀井氏も、これまでの言動から、小泉・竹中コンビのように、米国ジャパンハンドラーの言いなりになるとは考えにくいわけです。表向き、JP人事は斎藤氏という親米(?)元大蔵官僚を据え、戦争屋=CIAの暗黙の合意を取って、実は小沢氏は彼らの要求(郵貯・簡保資金を戦争屋の戦争資金に流用)を巧みにかわそうとしているのではないでしょうか。なぜなら、斎藤氏は小沢氏とも懇意だからです。しかしながら、この部分に限って、現時点では未知数です。

★★★妥協とみせつつ小沢・亀井・斎藤で結束か?
民主党政権下で民営化凍結がほぼ決まった中で、戦争屋デビッド・ロックフェラーが郵政を再度掌握しようとすれば、息のかかった官僚や役員を登用させるしか手がないはず。そのための動きとみると民営化派の奥田や曽野の寝返り転向は、辻褄が合ってくる。
ではやはり小沢・亀井両氏がCIAと妥協したのだろうか?
しかし、亀井は郵政民営化に命をかけていることは、いままでの動きから伺えるし、何といっても郵政民営化問題を契機に小泉の自民党と決別し、冷や飯を食いながらも全く妥協せずに小さな新党を立ち上げ、闘ってきた筋金いりの人物である。彼は妥協していないはずだ。
30YT7CAPQMEGOCAQHM31UCA1A01MYCARQ53RWCADCMVWDCA891HNQCAG5ZCHCCAKCIFLLCA4CX0BOCAFCVBYMCAG7SXYPCAQMDJJMCAL2ODSTCALOW1G7CASGAP9XCALDD36RCA51KS65CAJWPVIZ.jpg
となると表向き、妥協したと見せながらも、小沢・亀井・斎藤で密接な方針が練られていると見るのが自然ではないだろうか?当面の鍵は、冒頭に上げた臨時国会での株式売却の凍結後、亀井による郵便、貯金、保険の3事業一体化が進められるか?というあたりではないか。しばらく亀井の動きを注視したい。
※それにしても民主党は、CIA→マスコミ・特捜の動きを殺ぐための方針を即明確化し、実行すべきだ。マスコミ規制の法制化や特捜の特権乱用規制、スパイ防止法・・・・など。それがないと、何をやっても腰砕けになる!国民としても声を大にして訴えたい。
(今回郵政民営化とゴールドマンサックスについての記事とする予定でしたが、状況がいろいろ動いているので、変更させていただきました。)

List    投稿者 Hiroshi | 2009-10-28 | Posted in 04.狙われる国の資産10 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2009/10/1065.html/trackback


コメント10件

 348ts | 2010.05.08 10:47

御指名ということですが、まずは記事の内容について。
1.メガバンクの納税ゼロについて
これは批判には全く当たりません。
中小零細企業だろうが、大企業だろうが銀行だろうが、納税の仕組みは変わりません。
課税所得(黒字)がでれば課税するだけです。
ではマイナスの課税所得(赤字)がでた場合はどうするかというと、実は先に収めた税金を還付するという仕組みもあるにはあるのです。
しかし、それをやってしまうと、景気悪化でただでさえ税収不足の政府は還付で追い討ちをかけられてしまうので、ずっと適用をストップしています。
そして過去の納税を返すのを止めるかわりに、将来の納税と相殺する方法をとっています。
だから、銀行はバブル後の巨額損失を10年にも渡って納税と相殺していたわけです。
それと、前にも書きましたが、このようなメガバンク批判は全く的外れもいいところです。
そもそも「法人税がなぜ徴収されるか」調べてみてください。
国税庁が掲げる課税根拠を是とすれば、本来なら法人税という仕組みはなくてもいいものなのですよ。
批判をするなら、ちゃんと勉強しましょう。
2.証券優遇税制について
これは確かに不公平な仕組みに見えるでしょうが、忘れてはならないのは、前項の法人税のような赤字(損失)との相殺が認められていないことです。
①まず、証券取引で損失を被っても、(その期の証券取引利益とは相殺できますが余った)損失を他の所得と相殺して税金を減殺する効果はないのです。
損失が残った人は、節税効果が得られないのです。
②また、期ズレも認められません。
利益と損失がでる人でも、その発生時期がずれれば相殺できません。
ですから、相応の課税リスクを加味して考えれば、そんなにおかしな仕組みではありません。
10%というのは私の感覚では妥当な水準だと思います。
なお、大もうけできた場合には累進税率がないので、おいしい規定ですが、そういう餌をぶら下げて、証券取引参加者を増やして、株価をなんとか上げようと仕向ける国家政策ですから、株価対策を是とするなら致し方ないことだと考えます。
3.ファンド経由の非課税
これも政府の株価対策施策です。
株価なんてどうでもいいやというのなら、これからもどんどん批判を続けてください。
決して日経平均が下がって経済に支障がでても文句は言わないように願います。
資本主義経済と株価の関係について無視できるようなファンタジー嗜好の方なら私から何もいうことはありません。
なお、私がいうメガバンク批判は全然違います。
(ある意味メガバンクに責任はないかもしれない話ですが)

 ボッテガ 財布 | 2013.04.17 12:24

今日は よろしくお願いしますね^^すごいですね^^

 セリーヌのバック | 2013.10.24 14:13

セリーヌ バッグ コピー

 hermes outlet | 2014.01.15 22:58

gucci fashion designer 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 日本の税システムを考える5〜日本の税制の問題点 その2〜
hermes outlet http://suvidhaconsultants.com/images/hermes-outlet-stop-technique-to-struggle-excessive-pounds.asp

 australia hermes | 2014.02.01 18:20

hermes essen 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 日本の税システムを考える5〜日本の税制の問題点 その2〜

 hermes purple | 2014.02.03 19:26

hermes jipsy bag 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 日本の税システムを考える5〜日本の税制の問題点 その2〜

 hermes belt online shopping | 2014.02.06 17:48

hermes europe 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 日本の税システムを考える5〜日本の税制の問題点 その2〜

 Norway Hermes | 2014.02.07 4:10

buy hermes belt uk 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 日本の税システムを考える5〜日本の税制の問題点 その2〜
Norway Hermes http://fairybeautiful.nl/Norway-Hermes-bags-Norway-Hermes-4394.asp

 wholesale bags | 2014.02.10 13:27

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 日本の税システムを考える5〜日本の税制の問題点 その2〜

 http://blog1.de/tiffanzsy/ | 2014.03.12 15:11

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 日本の税システムを考える5〜日本の税制の問題点 その2〜

Comment



Comment


*