2007-03-10

政治家と官僚は矢祭町長の爪の垢を煎じて飲むべし

s_photo10.jpg
国の強引な合併政策に反発し、この「合併しない宣言」を行い町政改革に取り組んでいる根元町長のプロフィールを紹介しよう。
読んだら下記をクリックしてください

にほんブログ村 経済ブログへ


—1937年11月30日生まれ。学校法人石川高校(福島県石川町)卒業。高校3年の夏、父親を交通事故で亡くし、大学進学を断念して家業の家具店を継ぐ。84年4月矢祭町長。その後5期連続無投票当選で現在6期目。「市町村合併をしない矢祭町宣言」(2001年10月)で全国に知られる。さらに全国で最初に住民基本台帳ネットワークシステムへの接続拒否を表明(2002年7月)—
<5期目?だったかが終わったときもう立候補しないと決意したが、住民が連日押しかけ、涙ながらに続投を要請され、6期目を引き受けたというシーンをTVで見ました>
<根元町長が僅か7千人の町で、一見不可能な改革をやれるのも、政治のプロではなく、むしろまったくの素人であったが故に既成観念にとらわれない発想が可能になったとのではないかと思われます。>
◎矢祭町が行った改革にはちゃんとした根拠と職員・住民が納得できる訳があります。
それを一部紹介します
○合併反対は過去の合併騒動の古傷があることも影響している
矢祭町が合併に反対した理由の一つに、昭和50年代に行われた「昭和の大合併」で住民同士が賛成反対に2分され、「血の雨が降り、お互いが離反し」た苦い経験がまだ住民の記憶にあったことが上げられる。 ○議員定数の削減
 経費削減を率先したのは議会だった。02年6月議会で18人の議員定数を一気に10人に削減する条例案を賛成多数(賛成12人、その他6人=12人案2人、8人案1人、意思表示なし、欠席、議長各1人)で可決した。総務省の職員が周辺の町村に来て振りまいた「合併をしないのは町長や議員が居座りたいからではないか」という風評に反発して、「合併しない宣言は保身のためではない」と議員定数を大幅削減する心意気を示した。議会費は新しい定数が適用になった04年度から3000万円/年の減額になった。
○特別職減俸の理由
03年6月議会。根本町長は特別職(町長・助役・収入役・教育長)の報酬見直しを提案した。提案理由の説明に名言を吐いた。
「どうみてもわれわれ3役は激職の総務課長ほど働いていない」
○職員削減に伴い、3役もトイレ掃除をすることにしたが、町長はしない理由
トイレ清掃について町長自身は「パフォーマンスとみられるからオレはしない」。
○職員削減はするが、職員の給与は下げない理由
「職員も子どもを抱えてカネがかかるのだから給料を下げることはしない」(町長)。
○税の滞納者の徴税に特別職が当るよう指示した理由
「役場でもっとも大切なことはすべての職員が納税者の気持ちになることだよ。この基本を身につけるのに滞納整理はとてもいい。とくに特別職の皆さんに、あんた方が率先してやらなきゃいかん、といったんだ」(町長)。これまでに滞納額の3分の1に当たる2500万円の滞納整理を済ます成果を上げた。
○課—係を減らし理由
・業務が固定化、縦割り化され、事務量の格差が大きい「係制度」を廃止→機動的、弾力的な行政運営を可能にする「グループ制」を導入(03年8月)。これに伴って18人の係長を廃止→グループを統括するグループ長は能力本位で若手を登用、「グループ内の仕事はだれでも即応できる町民サービス本位の体制」をとる。「課長や係長がいなければ何も説明できないじゃ町民に申し訳ないよ」(町長)。
○出張役場を80箇所作った理由
役場から遠く離れた山間地の住民やひとり暮らし高齢者の利便を図るため、役場職員の自宅を「出張役場」として開放(03年8月〜)。住民はここで、税金、水道料金、保育料の支払い、各種届出書、証明書の申請ができるほか、「出張役場」が文書配布、相談、街づくりの拠点になる。「合併しないといったからには、職員もできることをやろう」と職員組合で話して決めた。町長は「やれよ」と一言。
○第3子以降の赤ちゃんに祝い金を支給
子どもを増やす対策として05年度からは「赤ちゃん誕生祝い金事業」をはじめる。3人目の子どもから祝い金が出る。祝い金は子どもの誕生の3カ月後に50万円、11歳になるまで毎年5万円、合計100万円が支給される。
(ちなみに第4子は150+50万円、第5子には200+50万円の祝い金!)
○公共料金の据置
 できるだけ現状維持する方針。下記のように驚くほど安い。福島県からは繰り返しもっと値上げするように指導がくるが、独自路線を崩さない。
・国民健康保険料 5万8000円/人
・介護保険料 1940円/月
・給食費 290円/中学生、240円/小学生
・保育料 1万3200円/月
・幼稚園料 4000円/月
・水道使用料 1165円/10m3・月
<どの自治体でもこの改革がやれるわけではないでしょうが、人口7千に満たない過疎の自治体でこれだけのことがやれるというのは、驚きです。なんだか希望が湧いて来る話です。
ここまでやれるのは、統合者としての町長自身が人品卑しからず、過疎であるが故に利権にも縁が無く、危機に際し町民と同じ目線に立つ=当事者の道を選ぶことに抵抗が無かったことが一番大きいと思う。また、この町が7千人というお互いに顔の見える集団規模であるからこそ出来たともいえるが、ここで実現した’改革’は考えて見ればごく当然のことばかりで、「政治を良くする」とは実にこの様な素人が当然と思うことを行うことと気づかされます>

List    投稿者 ryujin | 2007-03-10 | Posted in 03.国の借金どうなる?2 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2007/03/136.html/trackback


コメント2件

 wholesale bags | 2014.02.10 15:12

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 米国の口座凍結解除でも進まなかった「6カ国協議」その理由は?

Comment



Comment


*