2010-10-16

「国の借金が800兆円になったのは何で」3〜「赤字国債」はごまかし?

皆さまいつもブログを読んでいただいてありがとうございます。
今回は「なぜ赤字国債を発行しなければならないのか?」を追求したいと思います。
「国の借金800兆円になったのは何で」シリーズの第2弾では福祉予算の問題を提示しました。リンク
前回では
国家予算の大部分を費やしている福祉制度の根本的な問題は私権制度にある。
福祉制度は迎合と要求によってお金をつぎ込むことが目的化した中身のない制度
ということが分かりました。
20081224-438069-1-N.jpg
YOMIURI ONLINEより参照しました。
リンク
続きの記事の前に、リンクをクリックして応援していただけると助かります。

にほんブログ村 経済ブログへ


最近も民主党が景気対策のために5兆円の投資をしようとするニュースがありました。
対策第2弾、規模4.8兆円=総額5兆円の補正編成へ−政府・民主
リンク
しかしそれも結局は赤字国債の発行することになるでしょう。
そもそも、赤字国債を発行し続けて、問題解決したことがあるのでしょうか?
今回は耐震偽造問題が発生した時のるいネットの投稿を参照します。
ゴマカシ無間地獄〜とりあえずの答えは常に「赤字国債」 リンク

「偽造マンションはすぐにでも取り壊せ」という論調は
まるで阪神・淡路大震災の直後、数々の建物が
すぐさま施工者の手によって取り壊されたのと似ていて、
田野さんのいうように「隠蔽」の可能性が高いし、
武部幹事長の「あんまり騒ぐと景気が悪くなる」発言
批判されるや安部官房長官は「住民救済の支援策を検討」
という発言が展開されるという状況も目先の政局運営に埋没し、
大局が見えていないという「プロの無能ぶり」
を満天下に知らしめるかのような状況にある。
そして隠蔽の仕上げはまたしても「国庫出動」であり
つき詰めれば「赤字国債」だ。

〜〜〜補足〜〜〜〜~〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
photo139081.jpg
 耐震偽造問題で営業を休止した某ホテル
画像はJanJannewsよりリンク
るいネットでも関連した投稿がありますので、紹介します。
創価学会(姉歯・ヒューザー)救済に国税投入100億超
〜耐震偽装問題につぎ込まれた血税〜 その1 リンク
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

今にして思えば、「民活路線の失敗=バブル」の後始末は
「赤字国債」であった。そして、「官から民へ」の先鞭ともいわれた
「建築確認審査の民間開放」の後始末も突き詰めれば
「赤字国債」に頼るしかない。
そして「改革の本丸=郵政民営化」の辿る先が
「バブル再燃→国民資産焦げ付き」→「赤字国債」→
「日本の国力(活力)の完全壊滅」であることはもはやみえみえの
「アメリカ経済戦略」である。
ゴマカシの答えは常に「赤字国債」という無間地獄に雪崩れ込んでいく。
そして庶民はもはや「国庫出動→赤字国債」
が万能薬ではないことに気付いている。
否、それは活力=国力を失わせていく麻薬でしかないことも気付いている。
気付かぬは「プロ」ばかりなりである。

〜〜〜補足〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
97a688c1-s.jpg
路上で見直し なんで屋(関西)
郵政民営化委員会による意見書・・・あまりに中身なし!!よりリンク
・郵政民営化は国民のためではなく、
 アメリカのためであったとも言えそうです。

るいネットでも関連した投稿がありますので、紹介します。
亀井静香が語る、郵政民営化見直しとモラトリアムの“真実”リンク
誰のための郵政民営化なのかを明らかにせよ〜森永卓郎氏〜1 リンク
誰のための郵政民営化なのかを明らかにせよ〜森永卓郎氏〜2 リンク
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

事実を追求していけば「アメリカのいいなり」で
民活→民営化を進め、目先の景気刺激にばかり
邁進し続けて来た「プロの無能さ」が明らかになる。
マスコミですら手のひらを返したように
「民営化は万能ではない(ここにもまだゴマカシは入っているが)」
といい始めた。
しかし指導者がごまかしを続けていれば
「あいつらに比べれば俺のゴマカシなんて可愛いもんだ」
と考える不埒な連中が闊歩するのも無理もないし、
(ことを自分課題としてしか捉えられない)
住民の要求主義をはねつけることもできない。

〜〜〜補足〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
・日本の政治家もマスコミもアメリカのいいなりでしかないと言えます。食品偽造や大企業の不祥事隠しなどもそういう雰囲気からなのかもしれません。
るいネットでも関連した投稿がありますので、紹介します。
日本を守るのに右も左もない 
「特権階級の空中浮遊とは、どういうことなのか?(3)
〜小泉・中曽根元首相の共通点と電通によるメディア支配」リンク
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

しかしそんなゴマカシ無間地獄の中で人々は
「事実追求の必要」そしてそのための
「アメリカ→官邸→マスコミと対峙する新しい目=みんな共認の視点」
の必要に目覚めつつある。
「トラブルは自分課題をみんな課題へ転換させる」
102495は社会レベルでみても確実に進みつつあるのではないだろうか。

・上記のことは今の多くの人が出来ることと思われます。
るいネットの関連した投稿を紹介します。
237169 「自分達でも社会を変えていける」と感じさせてくれる事例 リンク
まとめ
 現在
    さまざまな問題
      ↓
    目先の問題解決
      ↓
  ┌→お金(支援)が必要
  |    ↓
  | 赤字国債発行
  |    ↓
  └─新たな問題発生
  ※根本的な原因が解決されていないため新たな問題や同じ問題が起きる。 
   
 根本的な解決
    問題発生
     ↓
    事実を追求し発生した原因を突き止める。
     ↓
    みんなで必要なモノ(サービス)を追求する場が必要
※自分のためではなく、周り(社会)のためにどのようにお金(税金、国家予算)を使えば良いかを考える事が必要と考えられます。
次回は粉飾だらけの国家会計について追求していきます。
お楽しみに〜 :D

List    投稿者 warasi | 2010-10-16 | Posted in 03.国の借金どうなる?1 Comment » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2010/10/1419.html/trackback


コメント1件

 hermes bags discount | 2014.02.01 13:33

cheap hermes boots 金貸しは、国家を相手に金を貸す | ランドバンキングとは?−4〜ランドバンキングの成立構造

Comment



Comment


*