2007-01-01

本年もよろしくお願いします

uribou.jpg2007年(平成19年)が始まりました。
9月から会員制で再開した当ブログも、おかげさまで会員50名、再開後の総記事数80件に達しました。ありがとうございます。会員&読者の皆様、今年もぜひともに当ブログを盛り上げていってください。
昨年は、政治・経済界で時代の変化を感じさせる様々な出来事がありました。国内では「成長なくして財政再建なし」を唱える安倍政権が発足。マスコミではご祝儀のように景気回復が喧伝されました。
国外ではイラク戦争が泥沼化し、年末の強引なフセイン処刑でますます混沌としそうな気配。そして、膨大な戦費を加えたアメリカの財政赤字はいよいよ破綻寸前?と囁かれるようになりました。
隣国の中国は、日本の高度成長とバブルが一緒に来たような市場拡大を継続。一方、同じ隣国の北朝鮮は困窮の末、核実験による威嚇外交という強行手段に出ました。
今年も、安倍政権の是非を問う参院選、2007年問題、プレ北京五輪フィーバーなどなど、昨年以上に、国内・国外の政治・経済状況が大きく動いていく気配がします。
そこで、今年のFinanial Journalでは、これから注目すべき10の追求テーマを設けて、会員&読者の皆さんとともに状況を追跡し、構造を解明し、今後を見通していきたいと思います。
謹賀新年クリックをお願いします!
今年、考えているテーマは・・・・・・こちら

にほんブログ村 経済ブログへ


1.実感のない景気回復
「いざなぎ超え」の景気回復。でも庶民の実感はゼロ。なんで?
2.格差社会の実態
昨年の流行語にもなった「格差社会」。本当に進んでいるの?その実態は?
3.買われていく日本
水面の上と下で進む外資の日本買い。その現状を追う。
4.国の借金の行方
07年度は最大の減額と言うが・・・。過去・現在のデータから引き続き事実を追求。
5.年金破綻シナリオ 
国民の最大関心事は「年金」。でも破綻は火を見るより明らか。実際いつ破綻する?
6.地方財政がヤバイ!?
景気回復の声の一方で次々潰れていく地方。その原因は?突破口は?
7.米国経済の危機
日本以上に壊滅的赤字を抱える過剰消費国家アメリカ。その破綻寸前の実態とは?
8.中・印経済の行方
北京五輪を前に膨張を続ける中国経済。目覚め始めた巨象インド。世界への影響は?
9.ドルvsユーロ
意外とヨーロッパが元気?ドルとユーロの通貨覇権闘争はどうなる?
10.経済ニュースを読む
最新の経済ニュースから、その原因構造や人々の意識の深層を探る。

今後、これらのテーマでカテゴリーを再構成し、ブログトップでインデックス化したいと思います。
もちろん、これ以外のテーマの記事も歓迎です。
他に、こういうテーマが重要だ、というものがあれば、是非コメント願います。
というわけで、本年もFinancial Journalをよろしくお願いします。
(S.Tanaka)

List    投稿者 s.tanaka | 2007-01-01 | Posted in 10.経済NEWS・その他2 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2007/01/91.html/trackback


コメント2件

 wholesale bags | 2014.02.10 10:44

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 原油価格ってどのように決まる?

 authentic hermes wallet | 2014.03.13 4:51

hermes bags outlet grand prairie 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 原油価格ってどのように決まる?

Comment



Comment


*