2007-06-08

FX市場急拡大!!

外国為替証拠金取引(FX)市場に注目が集まっています
億単位の利益を出した主婦が脱税容疑で摘発(約3年間で4億円の利益 )されたり、つい最近では元会社員が同じく億単位の所得を隠した脱税容疑で地検に起訴されている。
ここ最近の税務当局の摘発増加はさておき、個人の投資家が短期間で億単位の利益を稼ぎ出すことのできる仕組みはどうなっているのだろうか?またFX市場の動向はどうなっているのだろうか?
20060209_a_m_01.jpg
続きを読みたい人は↓ポチッと協力お願いします。
 

にほんブログ村 経済ブログへ


FX取引については、外国為替FXweb(http://www.fx-tradings.com/aboutfx.html)のサイトが参考になります。以下、引用
外国為替取引(FX)とは?
外国為替証拠金取引はFX(Foreign Exchange)とも呼ばれ、世界中の通貨同士を交換するやりとりのことを言います。通貨の売買によって交換値段が決められ、すなわち為替で儲けるということは、『ある通貨の値段と値段の間を取る』ことを指します。
外為取引で儲けるとは?
上記の通り『ある通貨の値段と値段の間を取る』ことです。
もう少し具体的にいえば、
『10円安く買うことによって10円お金を残す』といったような感じです。
このような1円〜数十円の値動きを取る行為は、普通株などの取引と比べると一見地味に見えますが、ここで元本を変えていくことで、儲けの額を大きくしていきます。
レバレッジ率(同額の証拠金に対してより大きな金額を動かせる権利)をいかして大きくポジションを取ったり、スワップポイント(金利)を狙ったりしながら儲けを増やしていきます。
以上、引用終了
つまり、例えば一ドル120円の相場だとして、120万円の証拠金をもとに業者に預け、レバレッジを10倍にすれば1200万円のお金(ドル)を動かせる。その後一ドル130円の円安に動けば100万円の含み益となり、手持ちのドルを売って円を買うことでその利益が確定する。
逆に円高に触れると損失も大きい。
わずかな元手を武器に何倍もの資金を動かせて売買を行うことのできるハイリスク・ハイリターンの取引ということができます。
業者によっては、投資家の損失が証拠金を超えて莫大に膨れ上がることが予想されるため、あらかじめ含み損が一定量を超えると自動的に取引を強制終了させる「自動ロスカット」というシステムを導入しているところも少なくない。
また証拠金を業者に預けている間は各国通貨の金利差に応じた「スワップ金利」というボーナス収入を得ることができる。前例で考えると円金利を支払ってドル金利を得ることと同義のため、1200万円に対する金利差が働くことになり、売買を行わずとも、定期預金をはるかに超える利回りを稼ぎ出すことも可能になります。(参考:http://www.forex-traders.net/swap.html
→リスクを取る売買を行わずとも、このスワップ金利目当てにFXに参入する個人投資家も多数いる様子。
次に、FX市場全体の動向はどうなっているのだろうか?
参考http://www.forexpress.com/news/2007/compare2006-2007.htm
FX口座数増減、預り増減共にデータ公開企業のみで見ても昨年1年間で大幅に増える。
(中には口座数約2倍、預かり金約1.5倍を実現している会社も!)
また、2007年3月17日フジサンケイビジネスhttp://www.business-i.jp/news/kinyu-page/news/200703140040a.nwcの記事からの抜粋
調査会社の矢野経済研究所によると、05年3月末段階で国内にあった18万口座が、06年3月末には33万口座に拡大。さらに、07年3月末には64万口座に倍増するとみられている。
など、FX市場がここ最近急速に拡大してきていることがわかる。
現在では証拠金残高が6000億円、レバレッジを考えると数兆円規模の取引が行われていると言われ、これは日本銀行の為替介入に匹敵する規模に成長してきているとも言われる。
以上な円の低金利と、貯蓄→投資ブームが後押ししてFX市場は今後ますます拡大していくという見方が一般的なようです。

List    投稿者 wabisawa | 2007-06-08 | Posted in 10.経済NEWS・その他2 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2007/06/226.html/trackback


コメント2件

 mukai | 2007.07.07 16:45

地域ブランドが認知されればある程度は成功するかもしれません。
しかし、必要なものはコンスタントに売れるが、そうでないものは、
売れなくなっていきます。
仮に必要なものであってもかなり特別なものでない限り、
他の地域でも生産しています。
結局は「市場」から抜け出た所に答えを求めなければ、
現状とあまり変わらない方針しか出せないと思います。

 hermes handbags danmark | 2014.02.01 9:09

hermes von uk nach deutschland 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 地域ブランド…最近の動き

Comment



Comment


*