2020-09-24

国際情勢の大変動を見抜く!-69~コロナ禍でも米株式市場が爆上げした理由~

 

SOFTBANK

コロナ禍でもアメリカ株式市場は爆上げした。その理由がなんとソフトバンクの子会社の証券会社の爆買いが理由とのこと。株価値上げは奥の院→ロスチャイルドの意向で、それにソフトバンクが協力したのか?

 

以下神王TVの『フトバンクの、過去最高に、超ヤバい裏話【裏にいる元ドイツ銀行とヘッジファンド】コールオプション解説とナスダック暴落理由』からの情報です。

ウォールストリートジャーナルによれば、ソフトバンクの子会社のSoftBank Investment Advisers(SBIA)が、40億ドル相当(約4400憶円)のアマゾンやマイクロソフト、ネットフリックス、テスラ、フェイスブックなどの株を買ったとのこと。これは公式に発表されている。さらに、同時に同規模のコールオプションを買ったとの非公式の情報がある。

 40億ドル規模のコールオプションは実際のハイテク銘柄の価格に直すと約500憶ドル(5兆5000億円)。合わせて6兆円近い買いが入ったことになる。

「ソフトバンクはナスダックのクジラ」と言われるくらいの投資規模だった!とある有名トレーダーも「この20年間の取引でもっと大きな取引だ」と言っている。

にほんブログ村 経済ブログへ

それに吊られロビンフッド証券(手数料無料)の初心者トレーダー達も群がった。いわゆる「イナゴ」。これは最近の株価上昇の傾向。

 

これにより、テスラ株が74%、アップルが21%、その他アルファベットやアマゾン等も10%前後株価が上昇している。これが最近の米株価爆上げのからくり。

 

これにより、ソフトバンクグループは30億ドルから40億ドル程度を儲けたのではないかと言われている。

 

コールオプションとは、ある商品を将来のある期日までに、その時の市場価格に関係なく、あらかじめ決められた特定の価格(=権利行使価格)で買う権利のこと

 

例えばA社の株を10000円で買えるコールオプションを買ったとする。期日までならA社の株がいくらになっても10000円で買うことができる。(仮に15000円になっても10000円で買えるので差し引き5000円の儲け)

A社の株を10000円で買えるコールオプションの相場は1000円ほど。つまりめちゃくちゃレバレッジが効いている。

 

今回の爆上げのからくりは、自ら40億ドルの株を買うことで、コールオプションの権利行使価格を上げることで設ける自作自演のようなやり方。

元々ソフトバンクは、アリババ等確かな企業を育てていく投資会社:ビジョンファンドだった。それがなぜ最近、目の前の金儲けに走るただのヘッジファンドのようになってしまったのか?

 

その裏には、現在SBIAには、元ドイツ銀行のスーパートレーダー二人がいるためだと言われている。この元ドイツ銀行のスーパートレーダーは、嘗てリーマンショックの際、CDSで大儲けをしたドイツ銀行の最後の黄金時代を作った人達だという。

 

この投資が明らかになったことから、ソフトバンク株が暴落した。

このSBIAの株は、ソフトバンクグループが67%、孫正義個人が33%を持っている。

ということは、孫正義が大儲けした裏で結局いつも損をするのはソフトバンク株とか債券を買った個人投資家という構図。

 

今後も株価の動きに注目していく。

 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2020/09/7396.html/trackback


Comment



Comment


*