2007-10-20

改正食品リサイクル法、やばくないか?

改正食品リサイクル法が12月に施行されるようです。
最近、いろいろな法律が施行されていくので、覚え切れませんね。
とはいえ、知っとかないと、なにがおきるかわからんので怖いしな〜。
とゆうわけで、今日は、この改正食品リサイクル法に突っ込んでみましょう。
bow33b.jpg

にほんブログ村 経済ブログへ


まずはポチポチお願いします!
どうもありがとう
セブン&アイやミニストップが、改正食品リサイクル法施行を踏まえて、市町村境を越えたリサイクル網をつくろう、としている記事が新聞に載ってました。
改正食品リサイクル法とは、店舗や製造会社で発生した食品廃棄物のリサイクル率を上げよう!という法律らしいです。
改正、というからには元の食品リサイクル法の問題があったわけですが、それがこれ

1 改正の趣旨
 現行法施行後五年が経過し、再生利用等の実施率の向上など、一定の成果が認められるところである。しかしながら、食品流通の「川下」に位置する食品小売業及び外食産業においては、食品廃棄物等が少量ずつ分散して発生するため効率的に再生利用を行うことが困難であること等からその取組が遅れており、食品関連事業者の取組には格差が見られる。このような状況を踏まえ、これらの食品関連事業者に対する指導監督の強化と再生利用等の取組の円滑化措置を講ずる。

そこから変わったのが、

2 改正の概要
(1)食品関連事業者に対する指導監督の強化
[1] 食品廃棄物等の発生量が一定規模以上の食品関連事業者(多量発生事業者)に対し、食品廃棄物等の発生量及び再生利用等の状況に関する定期の報告を義務づける。
[2] フランチャイズチェーン事業を展開する食品関連事業者であって、一定の要件を満たすものについては、加盟者の食品廃棄物等の発生量を含めて定期の報告を求め、一体として勧告等の対象とする。
(2)食品関連事業者の取組の円滑化
 再生利用事業計画に係る制度※ を見直し、食品廃棄物を原材料とする肥飼料を利用して生産される農畜水産物等の食品関連事業者による利用の確保を通じて食品産業と農林水産業の一層の連携が図られる場合には、主務大臣(環境大臣、農林水産大臣等)の認定を受けることにより、食品廃棄物の収集又は運搬について一般廃棄物に係る廃棄物処理法の許可を不要とする。
※ 再生利用事業計画は、食品関連事業者が肥飼料等の製造業者、農林漁業者等と共同して作成する再生利用事業の実施及びこれにより得られた肥飼料等の利用に関する計画。新たに、食品廃棄物由来の肥飼料を用いて生産される農畜水産物の食品関連事業者による利用に関する事項等を計画事項として追加する。
(3)その他
[1] 食品廃棄物等の有効な利用の確保が図られるよう、食品関連事業者は、再生利用が困難な場合に「熱回収」を行うことができることとする。
[2] 法に基づく基本方針や判断基準の策定、食品関連事業者に対する命令に際し、主務大臣が意見を聴く審議会に中央環境審議会を追加する。

以上、環境省HPから引用させていただきました。
赤字のとこがポイントですかね。つまり、
①飲食店や小売店ではバラバラにちょっとずつ廃棄物が発生し、リサイクルするのもコストがかかるのでなかなかリサイクル率が上がらない
なので、
②チェックを厳しくするよ〜
かわりに
③食品廃棄物由来の肥飼料を使って家畜や養殖魚を生産していいよ〜
その場合は
④食品廃棄物の収集又は運搬には、一般廃棄物に係る廃棄物処理法の許可を不要とするよ〜
ということですね。
これを踏まえて、セブン&アイグループのセブンイレブンでは、
「廃棄物を利用した食品の取り扱いも拡大」するそうです。
ぎょっ とする記述ですが、実際は、リサイクル網で集めた廃棄物(期限切れの弁当やおにぎり)を加工した飼料で豚を育て、その肉で弁当を販売する予定、なんだそうです。
それなら安心
ん?まてよ???
コンビ二やスーパーのおにぎりや弁当には、たしか様々な添加物が入っているんじゃなかったっけ??
ここなど(るいネット)
で、それを食べて育った豚ってどうなるの??
と感じたので、調べてみたところ、
「豚にコンビニ弁当与え、死産・奇形が続出」という記事もありました。怖っっ
まぁ、いきなり次世代で死産や奇形が続出するかはちょっとどうかな、と感じますが、少なくとも親豚には添加物が蓄積され、子豚に引き継がれるますよね。
そして、それを人間が食べる しかも添加物をさらに上乗せして!
これはどう見ても体にいいとはいえませんね
リサイクル=環境配慮=いいこと
と短絡的に考えてしまいそうですが、深く追究しないと、とんでもないことになりそうです。
あと、この間の法律乱発(食育基本法など)にはどれをとっても問題が潜んでますね。
オオモリ。でした。

List    投稿者 ohmori | 2007-10-20 | Posted in 10.経済NEWS・その他2 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2007/10/365.html/trackback


コメント2件

 hermes shop | 2014.02.02 7:17

hermes peterborough website 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 地方分権の行方−「増田プラン」は?

 wholesale bags | 2014.02.09 19:34

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 地方分権の行方−「増田プラン」は?

Comment



Comment


*