2011-04-26

大転換の予感「潮流4」:輸血経済(自由市場の終焉)

今回の東北大震災における被害総額は、内閣府の試算によると約25兆円に上るそうです!!
また今後の復興にかかる費用としては100兆を上回る予想がだされており、さらにはドサクサにまぎれて「消費税増税」説が浮上していることは皆さんも耳にしていることと思います。
いったいこの莫大な復興資金はどこから出せばいいのでしょうか。
消費税増税をたくらんでいるということは国民の負担が大きくなることを暗に意味していると考えられますが、原発が騒がれている中で、今後の日本政府がどのような対策をうっていくのか気になるところです。
というのも借金大国と批判され続けている我が国の借金は、今年度総額900兆を超えてしまっているからなのです。
正直額が大きすぎていまいちピンともこない数字ですが、とりあえず馬鹿デカイ借金を背負っていることは素人でも理解できますよね。
それに加えて、今回の震災の復興費を工面する為に国債を発行すれば、また借金を積み重ねることになってしまうのです。

もちろん最初から日本は借金を抱えていたわけではありません。
そこで今回は、偽りの経済と言われるバブル経済の背景を追って日本の経済の移り変わりを追っていきたいと思います。
続きを読まれる前にポチッ とお願いします

にほんブログ村 経済ブログへ


『潮流4:輸血経済(自由市場の終焉)』
より引用。
生存圧力が衰弱すると、私益追求の欠乏も力強さを失って徐々に衰弱してゆく。そして’70年、三種の神器【グラフ①参照】が行き渡り、ほぼ豊かさが実現されると、物的充足が飽和限界に達したことによって需要が頭打ちとなり、市場は拡大を停止するしか無くなった。
需要の頭打ち(→市場縮小)に危機感を感じた財界、政界および学者、官僚、マスコミの者たち(以下、特権階級と呼ぶ)は、不足する需要を補うために、今日までに900兆もの資金を市場に流し込んできた。そして残されたのが、もはや返済不可能な国の借金【グラフ②参照】である。(注:但し、金貸し=中央銀行から紙幣発行権を剥奪し、国家紙幣を発行する形に切り換えれば、忽ち国の借金はゼロになる。)
%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E9%8A%80%E8%A1%8C.jpg
’70年以降の大本営が発表するGDPから、毎年市場に注入された国の借金(国債・地方債etcの借入金)によって作られた人工需要を引くと明らかなように、毎年のGDPはマイナス成長となる。つまり、自由市場は、豊かさが実現された’70年以降、縮小過程に入った【グラフ③参照】のである。現在の市場は、国家による資金注入という輸血装置によって生き延びている人工市場なのであって、決して自然な需要と供給に委ねられた自由市場なのではない。従って、当然、大きな歪みが発生してくる。

%E3%83%90%E3%83%96%E3%83%AB%E3%80%80%E3%83%AA%E3%82%BE%E3%83%BC%E3%83%88.JPG
画像はコチラから
需要が飽和している所に、巨額なマネーを流し込んでも、市場は余分なマネーでジャブジャブになるだけである。しかし、いくらマネーでジャブジャブになっても、常に供給過剰・需要不足なのでインフレにはならない(=余分なマネーが吸収されない)。そこで、必然的に余分なマネーは土地や株式etc供給に限界のある投機商品に流れ込み、投機商品のハイパーインフレ=バブルを生み出す。
こうして’85年以降、日本経済は世界の先頭を切って、バブルによってGDPを水膨れさせる偽りの経済=バブル経済に突入していった(続いて’90年以降、米欧はもちろん、新興の中露も巻き込んで世界中がバブル経済に突入してゆく)。
つまり、’85年以降、市場はバクチ経済の段階に突入したのである。
引用終わり。

70年代に入り、どの家庭にも三種の神器が揃うようになり、物を作ったら売れるという時代は収束し市場は停滞の一歩をたどるしかありませんでした。そこで縮小した市場を活性化させるため、またGDPを上げるために、国債・地方債などの借入金といった輸血装置によって生き延びていく道を日本は進んでいくこととなります。これが現在にもつながる返済不可能な莫大な借金となり、借金大国と言われる所以となってしまったんですね。
物が豊かな時代にあえて借金を抱えてまでGDPを高くしようというのは、実際おかしな話ですが、こうして豊かな時代に借金をして投機商品にマネーを流し込むことで、土地や株に代表させる投機商品や会員権など実体価値のないサービス、商品の価格が高騰しました。同じ構造で女の商品価値も高騰し、85年以降の俗に言うアッシーくんやみつぐくんを誕生させるバブルな時代へと突入していくのでした
次回の『潮流4』では、国債発行→バブル経済といった40年はなんだったのかを読み解いていきます。
お楽しみに

List    投稿者 HAYASI-M | 2011-04-26 | Posted in 09.反金融支配の潮流7 Comments » 

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2011/04/1568.html/trackback


コメント7件

 モンクレール レディース | 2013.09.27 14:45

ジャケット メンズ 着こなし

 hermes belt price | 2014.01.16 0:37

gucci belt buckles 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 『日本国債暴落の可能性は?』【1】プロローグ
hermes belt price http://bartonsclub93.com/hermes-belt-price-hermes-outlet-belt-2443.asp

 svizra hermes bags | 2014.02.01 19:48

hermes birkin bag online store 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 『日本国債暴落の可能性は?』【1】プロローグ

 blue hermes handbags | 2014.02.03 17:33

fake hermes bag hong kong 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 『日本国債暴落の可能性は?』【1】プロローグ

 authentic hermes wallet | 2014.02.07 7:14

hermes paketshop wien 1100 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 『日本国債暴落の可能性は?』【1】プロローグ
authentic hermes wallet http://ep-manhand.com/authentic-hermes-wallet-hermes-wallet-ebay-5247.asp

 wholesale bags | 2014.02.10 20:43

金貸しは、国家を相手に金を貸す | 『日本国債暴落の可能性は?』【1】プロローグ

 buy hermes birkin bag | 2014.03.13 8:18

hermes bags blog 88 金貸しは、国家を相手に金を貸す | 『日本国債暴落の可能性は?』【1】プロローグ

Comment



Comment


*