2021-02-12

国際情勢の大変動を見抜く!-81~リンウッド弁護士【アメリカ合衆国の真実】③~

 

今回がリンウッド弁護士【アメリカ合衆国の真実】の最終回。

大統領選挙前後の動きと今後の起こるであろうディープステート一掃計画に関する記事です。

 

最近でもゲサラ法の開示(ネサラは後日)や世界でディープステートの大量処刑(リンク)やホワイトハウス周辺に仮設施設を建て、そこで裁判と処刑が行われているなどの情報がネット界では発信されています。

日本でもDS掃討が行われているようです。(リンク

 

それと合わせ、就任式の録画報道や、出席した要人の偽物(替え玉)疑惑、そして、バイデンの執務室がハリウッドのスタジオでの撮影疑惑(撮影セットも流失)等の情報が日々露わになっていっています。

 

さらに、ホワイトハウスと国会議事堂等を繋ぐ350kmに及び地下道等で幼児〇待や人〇売〇等を証拠づける画像や動画、ホワイトハウスの地下道を掘り起こしている衛星写真等、米軍によるDS一掃作戦が着々と進んでいる様子も流されています。

 

3月4日の共和国大統領誕生と噂されていますが、この1ヵ月も日々の情報を注意してみていきます。

以下、『黒瀬のぶあき ブログ』から表題の記事の転載です。

*********************************

『リンウッド弁護士【アメリカ合衆国の真実】』

 

ここからが大事なのですが、彼(フリン将軍)の情報は司法の場において無視することができません。しかし重要な国家機密に関わることであり、公にもできない。つまり司法はまんまと彼の罠に誘い込まれたのです。司法省は最近になって彼に対する告訴を証拠無しとして退けました。

 

コロンビア自治区にはディープステートに属するエメット・G・サリバン弁護士がいますが、あろうことか先の司法省の動きに反発しました。彼は判事であって検事ではありません。彼の行いこそ司法に反するものであり、明らかにディープステートの為の悪事を働いています。なぜサリバン弁護士がそのような事をするかと言うと、当然フリン将軍の口封じです。憲法を犯してでもフリン将軍を阻止しなければ自身のキャリアが危ぶまれるのです。

だからあらゆる手段を用いて何を犠牲にひても、フリン将軍に勝たなければならなかった。

ディープステートの存続に関わる実在する最大の脅威、それがマイク・フリンです。

 

ではダン・コーツ等はどうか、人々は口を揃えて「何も起きていない」と言いますが、私には出来事を一つ一つ説明している時間は有りません。

 

トランプ政権では30人もの司法省やFBI等の組織で重要人物がクビになり、300人ものディープステート連邦裁判官が代わりに法を重んじる人と入れ替わりました。政府のあらゆる機関をみれば、それらの機能を正常にしようとするコンスタントな動きが確かにあるのです。

 

直近の出来事を思い返しましょう。

国防長官であるエスパーがクビになりましたね。彼もディープステートの犯罪者です。狂犬の異名をもつマチス将軍もいます。私からすれば負け犬マチスですが、彼は常にシリアでの戦争を支持し続けました。ディープステートは米軍にも入り込んでいたのです。

 

一部の腐敗した軍部は軍産複合体という地上で最も豊かな金の成る木の言いなりで、自らの利益のために常に戦争を続ける必要がありました。

トランプ大統領はたった一つの戦争も始めていません。それどころか米軍を撤退させているのです。

 

負け犬マチスが国防長官の座を降りるとき、彼はトランプ批判を始めました。マチス将軍は母の死に際し、花もお金も受け取ろうとせず、代わりに自分の母の名でプランド・ペアレントフッドに寄付をするよう募ったのです。

にほんブログ村 経済ブログへ

私はあなた達に色々な情報を投げつけますが、全てを明らかにするつもりはありません。リスナーの方々にも言ってますが、あなた達がすべき作業を私は代わりにやらない。世界中がそれを怠ったからこそ、ディープステートはここまで強大になってしまったのです。

関心を持ち、自らの力で物事を調べて下さい。目覚めるには自分の目で確かめるしか有りません。

そうしてマチス将軍がディープステートの一員であると私は確信しました。

 

FBI長官クリストファー・レイの話をしましょう。

本来ならば闇の勢力との闘いにFBIも加わっていなければなりません。彼もディープステートの操り人形です。彼は職務を放棄し、敵に寝返ったのです。彼の様な人間はたくさんいます。もし私の番組を聞いたことがあるならご存知のはずです。私は今までもずっとワシントンD.C.を犯罪シンジゲートと呼んでいました。

 

バチカンもイギリス王室も多国籍企業にビッグテックもそうです。我々はTwitter社がトランプ大統領に対し、何をしてきたのか目撃しました。私の良い友人のYouTubeチャンネルやフォローしている人達が潰されてきました。 

私の番組のバックナンバーを聞いてみてください。放送は月曜夜、東部時間の8時〜10時です。 Revolution.Radio内のTipping Pointという番組です。過去回も私のYouTubeチャンネルにアップロードされています。

私が過去数年にわたって言ってきた事も、少し調べれば真実だと分かります。

 

さて我々はCIAに支配されているメディアによって選挙前からバイデン当確の既成事実が発表される事を知っていました。トランプ大統領がどれほど彼をリードしていたかにも関わらずです。彼らはトランプ大統領の圧倒的勝利を阻止したのです。

本来であれば49の州を勝ち取り、カリフォルニアですら赤くなる筈でした。ニューヨークは無理ですがね。

 そして実際に選挙日当時の開票結果を見れば、彼は確かに49の州を勝ち取っていたのです。

 

そこで考えて見てください。なぜ世の中がこれほどまでにコロナという生物兵器の脅威を煽ったのか。なぜ世の中がひたすらにロックダウン、そして郵便投票を推し進めたのか。あなたも目撃したはずです。選挙不正の事実や証拠を上げればキリがありません。だかそれらは些末な事であり、氷山の一角でしかありません。

 

これらは全て国土安全保障省による軍事作戦であり、犯罪的権力構造を滅ぼすための陽動作戦なのです。我々は苦悩の日々を送ってきました。

しかし作戦の成功は目前です。私たちが辛酸を嘗めさせられる間にも、世界中の国や人々はたった一つの事に注目していました。その人々たちにとって最も重要だったものこそアメリカ大統領選挙なのです。彼らの心中にあったものは世界の行く末を見届けるということです。アメリカの方向性は、世界の方向性と同義だという事を誰もが知っているのです。もはやこれは共和党と民主党の戦いなどというスケールに納まりません。右派と左派なんていうものでもありません。

究極的にそして単純に善と悪の戦いそのものなのです。

それが今の私たちの戦いの正体で有り、そこに身を投じることが必要なのです。長きに渡り惰眠を貪り、何のアクションも起こさずディープステートの台頭を許した責任が私たちには有ります。彼らの悪行を目撃し、それらの犯罪が行われるのを看過し、それによって自らの首を絞めてきました。

 

私たちは腐敗した権力構造がワシントンD.C.を支配することに対抗します。州議会も政治家も糞ったればっかりです。今となってはその一部に飛び込もうとしたことを愚かに思います。連中の多くは実際に汚職にまみれ、ハニートラップに嵌められ買収され、完全に機能を失っています。

 

トランプ大統領が権力を手に入れた時、軍はワシントンD.C.を打倒できると確信しました。しかしそこである事実が待ったをかけたのです。もし2016年の時点でディープステートを倒していれば、ワシントンD.C.にいる70%もの政治関係者が消え去る事を意味します。70%、70%ものDCの職員です。 

そのリスクはあまりにも大きく、故に水面下で進行させ続けるしかなかったのです。今見ていることは氷山の一角です。それにも満たないコップの中の水に漂うホコリのようなものです。真の氷山の一角はドミニオンによる票の書き換えや2003年から続くハンマー計画のようなもののことを言います。

 

ハンマーは本来、アメリカ国内へのテロリスト流入を防ぐ目的で作られました。それをオバマ政権下のCIA長官ジョン・ブレナンとFBI長官ジェームズ・コミーが選挙介入用システムとして改造したのです。スコアカードも同じです。これからのテクノロジーは全て選挙結果を改ざんするために悪用されました。しかしディープステートには重大な見落としがあったのです。

 

以前、量子金融システムについてお話しました。じきにアップロードされます。これはあらゆる銀行システムによる犯罪と搾取を終わらせるものです。この度の選挙で用いられたものは、量子投票システムとでも呼びましょうか。連中の誤算は、この度の選挙に使用された投票用紙の全てに非放射性の同位元素によるウォーターマークが施されていたのです。これにより投票用紙が世界のどこにあろうとGPSによる追跡が可能となっています。 

そうして投票用紙が、捨てられたり燃やされたりした事実が発覚しました。このような技術が我々にはあることも、投票用紙に関する事実も闇に葬られてきました。普通の人には、真に起きていることが見えない様に工夫されています。

 

しかし言わせてください。状況は確実に正義の陣営がコントロールしているのです。怖がることは何も有りません。全て巧妙に計算され、仕組まれていたことなのです。現在、司法省には非公開の起訴状が1万9千以上もあります。これまでたった1000ほどの数だったそれは、たった3年のうちに1万9千にも膨れ上がったのです。

 

それほどまでにこの犯罪帝国は巨大なのです。それらは最も貴重な財産である子どもたちが、ワシントンD.C.という悪魔教の生贄として捧げられていることを裏付けるものでもあります。ワシントンD.C.の上層部ももちろん黒で、民主党と共和党の両陣営に捧げられているのです。

 

ハリウッド、ビッグテック、君主たち。バチカンは世界最大の人身売買組織です。これらの真実はショッキングでしょう。しかしそれこそが問題なのです。

しかし私はこれらの事実の公表を躊躇いません。誰もその勇気を持たなかったから、こんな悪行がまかり通ってしまったのです。誰もが見て見ぬフリをしてしまった。そんな悠長に構えていてはだめです。

 

今声を上げねば、今行動を起こさなければいけないのです。この戦いに身を投じるのです。降りかかる火の粉を払うだけでは足りません。トランプ集会なり、友達なり、影響力のある人なり、とにかく声をかけるのも一つの戦い方です。なぜ我々がアメリカを失う寸前のところまできてしまったのか、その理由を考えてください。今の人々は同僚や友人達の気分を害するのではないかと気を遣ってばかりで、思いを口にしなかったため、アメリカが崩壊の危機に曝されました。

 

私のラジオを聴いている方ならご存知ですが、私は他人の気持ちなんて知ったことではない。もし誰かが私の未来と自由を阻むのであれば、あらゆる手段を使って全力で戦います。人類は目覚めなければなりません。

 

そして残念なことに中には、ハンマーでぶん殴られないと目覚めない人もいるでしょう。しかし世界は確実に大いなる覚醒に向かっているのです。不正によって盗まれたトランプ大統領の真の得票数を見れば一目瞭然でしょう。中國により犯罪的に送り込まれた偽の投票用紙を捨ててみれば思わず神に祈りをささげずにはいられないでしょう。大いなる覚醒が現実のものと理解できます。

 

黒人達はどうか?

彼らも目覚めて倍以上のトランプ支持者が生まれ、支配から抜けだそうとしています。ヒスパニックも同じく目覚めています。世界が目覚めています。これが正しい形なのです。なぜならば、ただ真実を口にするだけでは意味はありません。軍の情報部が言うように、見せてやらないといけないのです。それが今我々の目撃しているものです。

 

民主党という悪の枢軸の行いは白日の下にさらされ、どんな手段を使ってもトランプという男を排除しようとしている様を毎日見ています。そうしなければ自分たちこそが闇に葬られるからです。なんの意味もなく2億ドルもの資金を投じて、グアンタナモ湾収容キャンプをアップグレードしたわけではありません。

 

私のリスナーであれば、ミルスペック・オプス・モンキーや、元軍人やデルタフォースの人物を取り上げたのを知っていますね。モンキーは防衛航空産業の出身で、フロリダのフォート・ローダデール、ワシントンD.C.、グアンタナモを軍事法廷のために行き来する全ての航空機を把握しています。

これらの犯罪帝国を駆除するための動きが、誰にも知られずにいられた事を知れば誰もが驚きを隠せないでしょう。

 

そして更なる驚きが待っているということも付け加えておきます。あなたが住むこの世界を隷従と束縛から解放するのです。あなたがどこの誰であろうと関係ありません。その時が来なければわかりません。

これから何が起きるか?

 

世界でも最も強大な経済力であるアメリカの納税者から盗まれ、欺瞞に満たされた世界を取り戻すのです。

天地がひっくり返るでしょう。私が言えることは、私たちは今、新時代の幕開けにいます。我々が今迎えようとしている新時代は、良い意味で誰も想像のしたことのない世界です。もう少しで失うところでした。

 

本当に危なかった。そして今、我々はそれぞれの戦場に立っています。敵に立ち向かうのにラジオ番組なんていりません。あなたの声こそが武器なのです。自らの位置を見極め、「私はここにいるぞ!」と声を上げるのです。そうしなければより良い未来へは遠回りしなければなりません。

 

3年に渡りこの作戦を追い続けてきた私に言える事は、誰も予想だにしていなかったショーになったということです。あらゆるリサーチを続けてきた私にとってすら想像を遥かに超えたものです。

 

私はテキサスを愛しています。上院議員の夢こそ2006年に諦めましたが、私は研究を止めなかった。

だからこそ国家が滅亡の危機に瀕しているのを知ったのです。2015年にトランプのスピーチを聴き、私は感動を覚えました。「この男がやってくれるに違いない」と確信しました。実際に次に何が起こるかは私にも分かりません。 しかし、だからこそポップコーンを手にこのショーを見届ける他ないのです。

結末は既に脚本に書かれているのだから、この計画によりディープステートどもは自らを窮地に追いやり、自らの行いによってその身を焼き尽くそうとしている真っ最中です。 

“Q”は言いました。敵が自ら滅びの道を歩むのであれば、その邪魔をしてはならないと。私たちが目撃しているのは正しくそれなのです。連中のやる事は全て裏目に出ているのです。

 

トランプは再び大統領の座に就き、この地にソドムとゴモラを顕現させます。それがこの計画の意味であり、我々が見ることになる結果なのです。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://www.kanekashi.com/blog/2021/02/7894.html/trackback


Comment



Comment


*